2015年05月

2015/05/31

5月 最終日の夜に思うこと…



こんばんは、

リフレーム・カウンセリングルームの平野直美です。

2015年という年の5月が

そろそろ終わろうとしていますね。

こちらを訪れて下さっている皆さまはいかがお過ごしでしょうか?




さてさて、

家族と子ども ケア・サポートチーム主催の

二日間の催しものを終えました。

今、とても幸せ感で一杯で…

私の中で起こっている

「そこ」を静かに・大切に・味わっています。



昨日、今日と曇りや雨・・・でも、本番直前になるとカラッと晴れる・・・の連続でした。


雨降りも私は好きなのですが

青空に白い雲が流れている様子を眺めているのは

とても気持ちがいいものですね。





image


会場入りする直前に晴れてきて






image


会場入りし、準備完了








開場前 参加者さんをお迎えする前に  ↓





image


待ちきれなくて、ひとり、ヨガモードに突入の私(*´ー`*)






image


この日のためにメンバーが作って下さった素敵すぎるネーム






暖かだったので、ヨガは窓を開けて行ったのですが

ヨガマットに寝転んで、ふと見上げると一面の青空が視界い入り

カッコー鳥の鳴き声と、爽やかな風

木の葉のサヤサヤという音…



まるで永年の夢である「外ヨガ」を体験できた気分で

と~っても気持ち良かったです。




で、お昼休みに外に出ると

建物屋根のところに、なにやら見掛けぬ鳥が…

なんと、それはカッコー鳥^^

目の前で鳴いていましたので間違いありませんww


しかも、ちょっとズッコケテ?いたのか

慌てて近くの木に移動し、また鳴いていました。


え~~~!私47年間生きてきて初めて カッコー鳥 を見たんだ~

と、嬉しくなっちゃいました^^

普段、木の茂みで鳴いていると

どんな姿なのか知ることができませんからね。






image


そして帰宅時に見たお月さん!



温かく見守ってくれているような感覚を覚えました。






むかし…

絶望を感じつつ見上げていた月と同じ月…



2015年の5月31日という日は

今日だけなので

しみじみと噛みしめるように

味わって 生きていきたい と思います。

絶望するほどの悲しみも

生きているので、また訪れる事もあると思います。



でも、自分を癒し続けてきた賜物で

安心して…絶望していてもよい場所を私は持っています。


どんな自分もOKなんです。

どんな自分でいても誰からも責められない・否定をされない

なので、ついつい自分で自分を責めなくても済みますね。

そういう安全な場所を知っていたり・持っていると

安心できますね。




それでは、明日、早いので寝るとします。

ここに書くという作業で、言葉にできない感じの

「良いもの」を自分の中で整理できたので爆睡だと思います。


さて、

2015年6月1日という日は

どんな一日にしたいですか?


その為には どんなことができそうですか?




私も、それらをイメージしながら・・・


おやすみなさいませ







リフレーム・カウンセリングルームfacebook ページです ↓

            https://www.facebook.com/refreme





2015/05/30

*お知らせ*6月の札幌カウンセリング日程について


こんにちは、

リフレーム・カウンセリングルームの平野 直美です。

本日、たしか 20度 予報の釧路市内・・・

ずっと霧がかかっていて、割と肌寒いです

こんな時はちょっと チェッ と言いたくなる私です^^


こちらを訪れて下さっている皆さまはいかがお過ごしでしょうか?



さてさて、

「札幌でのカウンセリング」日程についてお知らせします。

次回は 6月12日(金) です。



完全予約制となっておりますので

初めての方・心理カウンセリング・セラピー(心理療法)を

ご希望される方はまずは、こちらまでお気軽にお問合せください。
                  ↓  
  http://blog.livedoor.jp/naomiyo929/archives/27417524.html





当ルームでの現在の対象年齢:20歳以上の成人の方と

お子さんのプレイセラピーは5歳~小学6年生までです。


スカイプでのカウンセリング・セラピーも行っております。

スカイプを使用できる環境をお持ちであれば全国に対応可能です。

~お子さんのプレイセラピーは対面のみ(釧路・札幌)です~






                             





百花繚乱な季節に置いていかれそうなので・・・駆け足で撮りためた写真をup




image



さくらんぼの花?





image



スズランも満開^^ 黒百合も咲いてきました






image


アベニュー釧路前のエゾノコリンゴ・ロードも綺麗です






image



駅前の噴水





image


水仙にもいろ~んな種類がありますね








image




名前はわかりませんが、某調剤薬局前で可愛く咲いていました~







おまけ
image


たらんぼの天ぷら  私は食べる人と後片付けの人でした 


それでは、これからお出かけしてきます















リフレーム・カウンセリングルームfacebook ページです ↓
           
https://www.facebook.com/refreme





2015/05/28

5/31(日)<ヨガとクリスタルボウルの癒しのつどい>


こんばんは、

リフレーム・カウンセリングルームの平野 直美です。


私の住む今日の釧路市は、

春・・・から初夏を感じさせるような清清しい空気感でした。

歩いていてとっても気持ちが良かったです^^


こちらを訪れて下さっている皆さまはいかがお過ごしでしょうか?





さてさて、今日は催しものについてのお知らせです。

先日、限定案内をさせていただきました

「家族と子どもケア・サポートチーム」主催の

<ヨガとクリスタルボウルの癒しのつどい>についてです。


私はリフレーム・カウンセリングルームを主宰し

このお仕事をさせて頂いております。

と、同時に同じ教育ベースを持つ仲間と一緒に活動もしております。


 家族と子どもケア・サポートチームについてはこちらをどうぞ ↓
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/naomiyo929/29435244




今回は「癒しということには必須」の安全性を持つために

可能な限り、安全性を重視した範囲での

「限定でのご案内」とさせて頂きましたので

企画内容についてはこちらにもupはしておりません。


私からや、またはチームのご案内担当者より

個別に案内が行っていたかと思います。


本日27日がお申し込みの締切となっておりますが

もし、私と同じように^^;「うっかりさん」がいらっしゃいましたら

ご連絡をお待ちしておりますね^^



30日(土)のオプション企画 「カラーセラピー」

については、

ご案内と同時に限定5名様以上のお申し込みを承りました。


31日(日)の<ヨガとクリスタルボウルの癒しのつどい>

は、ゆったりした広い会場を確保しておりますので

まだ参加人数には余裕がございます


それで今回は限定案内ということで、

こちらにはupしない考えでおりましたが

せっかくのこの機会ですので、

こちらでザックリとだけご案内させて頂く選択を致しますね。


理由としては、

とても自信と誇りを持っている内容ですので

せっかくのこの機会を活かして下さると、とても嬉しいためです。

31日には余裕がありますので。


それと共に、

家族と子どもケア・サポートチームが行ってきました

心理学講座に参加された方々の中で

アンケートにご協力いただき、次回の企画のご案内を

希望された方々の中には、ご記入下さいましたメールアドレスに

ご案内が届かない方々もいらっしゃいます。


その方々がこちらを見て下さるかもしれません。







5月31日(日) 釧路市コアかがやき にて


10:20~12:30 身体と心ががホッとする、無理のないヨガ

さらに

14:00~16:00 クリスタルボウルの響きで極上の癒し体験をプラス!


ピンときた方はご連絡をお待ちしておりますね。


kazokutokodomo@yahoo.co.jp


(事前申し込みが必要です)

詳細を個別にお伝え致します。





私は身体の硬~いヨガ好きです(笑)

身体を無理なく・気持ちよ~く・伸ばし・ほぐし

ただただ呼吸に注目することで

普段、ついつい酷使しがちな頭をカラッポにする時間を

自分に作ってあげることが

最高のセルフケアとなっています。

(秋頃より、ずっとサボっていて行けてませんが・・・)

(先生に連絡しよっと^^;)




そして、

クリスタルボウルは釧路地方では滅多に体感できないと思われます。

私は一度、体感していますが物凄~く癒されました



なので  ↓




皆さまと一緒にヨガやクリスタルボウル演奏を体感するのは

滅多にない機会ですので、とてもワクワクしています。

既にお申し込みをいただいている方々は

当日、会場でお会いできますことを

心より楽しみにしておりますね。



それでは








image




昨年も訪れました北見市の鏡池での一枚です










2015/05/24

ホウ~っとウカウカ



こんばんは

リフレーム・カウンセリングルームの平野 直美です。

日曜の夜

こちらを訪れて下さっている皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?


私は今日、私用にてお出掛けし

その帰りに久し振りに「音別憩いの森」へ。

毎年、たぶんこの釧路地方では一番最初に桜が咲くスポット!

ということで毎年、必ずワクワクと訪れるのですが

今年は日程が合わずにタイミングを逃しちゃいました




この時期は、もしかしたら私の大好きな「ホウの木」の花が咲いているのでは?

と行ってみたのですが

たぶん、まだ咲いていませんでした。


昨年秋に、枯れたホウの花が地面に多数落ちているのを

発見していますので

あそこにはきっと咲くんだと思います。


私の大好きな ↓



image


ホウの花^^




image





image





image





image


ここの木たちも巨木です
「ホウ~」っですね^^





それで

公園内の桜はとうに終わっていたのですが

折れそうになっている、ひと枝にのみ咲いている遅咲きの八重桜を発見し ↓




image




あらあら…と


image


近寄って、じ~っと眺めていたら ↓





image


んっ? ↓





image


なんとそこには





image


キアゲハが



羽化したばかりなんでしょうか…

じ~っと見ていても

キャッキャと喜びの声を出しても

全く逃げない!




なんだかとっても嬉しくなった今日でした。

BGMはセミとウグイスなどの鳴き声^^

五感をフルに使って、とっても癒されてきました



実は

「ウカウカしてらんないわ~」

ってのが

回復や成長のプロセスで、ちょっと焦りを感じた時の私の口癖でした^^





  






それから

あちら方面に行くと…年に2、3回は訪れる


image


「38番」さんで私はいつも、味噌餃子ラーメンを^^


休日の晩御飯は、なんとか外で済ませようと企む私です。

「主婦道」「母道」にも休日が欲しい!

なぜなら、そこ

とっても必要ですよね     

   (大きな声で)




過去の私は

自分に必要なことを相手に伝えない選択を自分でしておきながら

なんで分かってくれないの(怒)

というキレキャラの態度で示すというコミュニケーションで

相手が私のしたい風に動いてくれるのを

「私への愛情の度合い」だと感じていました^^:::::

他者をコントロールしたくて堪らなかったんですね。

そして、他者をコントロールできる!と固く思い込んでいました。


私はこうしたい

私にはこれが必要

というのを、

自分で「伝えない選択」をしているのに

分かってくれない!と怒りがわく…

伝えなければ相手は当然なこととして分からないですよね。


「伝えなくても(私のことを)わかれっ」

「私の態度からくみ取れっ・察しろっ」


など、相手に対する怒りが、いつも沸いてくる背景には生育歴などから培った

「見捨てられる不安」が根底にあるのかもしれないですね。

過去の私のように^^:


もちろん今でもゼロにはなりませんが

「あっ、今、私は相手に見捨てられそうな感じがしているから不安なんだな~」

と自己を理解することができます。


これこれこうで私はこうなっているんだな~

というのが理解できると

もう怒りもおさまっていき

「ここ癒そうっと」と次のステップに入れますね。



慣れ親しんだ病んだ思考・行動のままでいる方が

時には、楽であったりもしますが

こういった「心の傷からの後遺症」を癒していくのには専門家の力も借り

そして何年も必要でしたが

自分のしたいことがわかり

自分の嫌なこともわかり

そこから自分の人生を自分で選択できるようになって

本当に良かったと私は感じています。


過去の私は、自分でも

なぜ、これ程までに怒りがわくのか?

自分を理解できていませんでしたし

どういったものが健全な思考や行動か?

健全なコミュニケーションがどんなものなのか?

ということを知りませんでした。


残念ながら、子ども時代に大人から習っていなければ

それどころか真逆である危険なコミュニケーションを見て・聴いて・感じて習ってきていれば


自分自身の中で

また、他者との関係性において

何らかの葛藤を抱いてしまうのは自然なことだと思います。


もし、自分がどうしたいのか?

というのが、いつも分からなくて苦しい場合は

子ども時代に

私はあれをやりたい、こうしたい!

と言えた時に

それをいつも否定三昧されたり

取り上げられていたのかもしれないですね。

また、全く言えるような状況の家庭ではなかった、とか。

全て親が決めていたのかもしれないですね。

子どもが「自分で選ぶ」という責任を親がいつも奪ってしまうという

暴力ですよね。

一見、優しく感じるかもしれませんが。


私にはこのお仕事をさせて頂く者の義務として

自分自身の癒しと学びをし続ける必要があります。

なので生涯、更なる成長への途上者でもあります。

やりたいことが山ほどあります。

うまくいかなくて

ヤサグレたくなることも今でも時にはあります(笑)


そんな時には、一旦気が済むまでヤサグレてから

どんな自分も自分でちゃんと受け止めてから

さ~、そろそろウカウカしてらんない!

モードに入っていけます^^


羽化したての蝶々のように

羽根をしっかりと乾かしてから

または、休めてから

飛び立てます。



以上、朴(ホウ)~っと羽化(ウカ)でした^^




それでは、おやすみなさいませ







リフレーム・カウンセリングルームfacebook ページです ↓

https://www.facebook.com/refreme







2015/05/20

虐待の世代間連鎖ということ ①


こんばんは、

リフレーム・カウンセリングルームの平野 直美です。

今朝はこちら ↓ が咲いていました^^






image


ピンクと紫色の芝桜と、あやめでしょうか… 綺麗~


この時期、ついつい花だらけの投稿になってしまう私です(笑)


生命が動き出す季節!という感じがして

とってもパワーを貰えます。





さてさて、

先日の札幌滞在では、お仕事をさせていただく事と

学びもしてきました。


今回の学びのテーマは

~子どもへの虐待~
身体的、精神的、性的虐待
そして、育児放棄というネグレクト


(その他にもたくさんのテーマがあったのですが)




ここ最近、私が感じていることは

「虐待」というと、今の日本での一般的な捉え方として

子どもが骨折や大怪我をするまで殴る、蹴る、

子どもが死亡してしまった…


レベルまでいかなくては、「虐待だ」と

認識されにくい…のか、と感じるエピソードがありました。



もちろん、

大怪我や、死亡に至ってしまう前に、なんとか手を打てなかったのか…

と、新聞報道などを見る度に ひとりの母親として

ガタガタと崩れてしまいたい程に、心が痛みます。


同時に、ここまでいかなければ虐待とは

考えない、捉えない方々が大勢存在する事も

とても感じています。


今までの活動の中で、散々発信してきているつもりですが

今後もセラピストの役割のひとつとして

受信と発信をし続けていきたいと思います。



身体的虐待は、ある意味見付けやすいのかもしれません。

目で見ることができますから。

服に隠れて、見えない部分のアザなどは

身体測定や、体育、部活動の着替えの時に

見かけた…気になった人が誰か信頼できる

大人に相談してみて欲しいです。


大人の私たちは、是非子どもたちが

「信頼できる大人」と感じられるような大人でいたいですね。

私たち、大人のひとりひとりが

周りにいる子どもたちと

子育てや人生そのものに苦しんでいるかもしれない母親たちに、「関心という愛」を

向けられる社会になっていくといいですね。

アメリカでは、虐待の可能性を知った大人が

通報しなくては、その大人が罰せられます。

州によっては、知ってから何十時間以内に通報しなければならない、

という明確な規定を設けている州もあるそうです。

日本は、アメリカほど厳しくはありませんが

もし、間違っていてもいいので

なにかおかしい…と感じた場合は

勇気を持って行動できるといいですね。

その勇気がもしかしたら誰かの

命やこころ・いま・未来を守ることに繋がるかもしれませんから。



「虐待はどこの家庭でも起こりうる身近な病理」

「いかに家庭は危険な場所であるか」ということは

また、書いていきたいと思います。





それでは、おやすみなさい








リフレーム・カウンセリングルームfacebook ページです ↓

https://www.facebook.com/refreme