2016年08月

2016/08/18

ジメジメと...

image




湿度のせいかジメジメと蒸し暑い日々が続いています私の住む釧路市…

昨夜の台風は物凄い暴風でした。

いまだに停電の復旧がなされていない場もあるようです。
こちらを訪れて下さっている皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?

今朝、家を出ると倒木だらけ
木がバッキリと折れている…倒れた木が道路をふさぎ、通行止め。

釧路に住んで30年ほど経つ私ですが、こんなに凄まじい暴風は初めてかもしれないと思いました。

停電で睡眠不足の方々もいらっしゃるかもしれませんね。
台風は過ぎ去りましたので、ゆっくりと質のよい睡眠がとれるといいですね。

そんな私も少し疲れました。


今夜も雨がしとしと降っています。
雨の音のBGMで眠るのは、私は好きです。
今はもうなくなってしまいましたが、霧笛の音も好きでした。





それでは、おやすみなさいませ






写真は先日、綺麗に咲いていた薄紫の薔薇
とってもいい香りがただよっていました。


私は言語よりも感覚優位派なので、こういった音や香りにとても癒されます。






浸水などの被害にあわれた地域の方々が、少しでも早く日常を取り戻せて
安心した生活が送れることを祈っています。






image









image








台風

image



~心のケア~ リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

強い勢力の台風が駆け抜けていきましたね。

私の住む釧路市も物凄い暴風雨でした。

こちらを訪れて下さっている皆さまは、いかがお過ごしですか?



今現在(8/18 0時)も、停電が続いている地域が多いようで

もしかしたら暗闇で不安な夜を過ごされている方々もいらっしゃるかもしれませんね。

お子さんたちは眠れたかな?

また停電などの復旧作業に現在も従事されていらっしゃる方々には、本当に頭が下がる思いです。

我が家は停電はしなかったのですが、小さな子どもがおりますので

午後に早めに帰宅し、私の中の台風対策としていつも行っている

食料品の買い出し、水の確保、懐中電灯の電池チェック、pcやスマホなどの充電、ご飯を炊いておく、外の物を室内に入れておく

などなどを台風情報をチェックしながら行っていました。

そして一番大切な「自分がまずは落ち着く」という事を心がけています。

子どもは敏感に親の反応を感じ取っています。

私は台風などの自然の猛威は実は苦手なので

大きな物音...暴風雨や雷の音など実は過敏な反応が起こります。

過剰に反応してしまう自分という事の自覚があって、そしてその反応はトラウマ反応であるというだけの事を自覚できています。

自覚ができている、自分でその事に気付けているので、アタフタしている自分の状態に気付けたら

「今の音で、ドッキリしたんだね」と自分で自分の反応を一旦、自分で受け止めてあげてから

落ち着いていくように、色々なセルフケアをします。

例えば、自分が落ち着ける…リラックスできるCDを、いつも聴いていますので

そのCDを流しただけでも落ち着きます。

周りの大人が落ち着いていると、子どもも大丈夫なんだな!と思えるかもしれません。

落ち着きは伝染するもの…落ち着いた大人の存在は子どもにとって大きな安心に繋がりやすいと思います。

自分の事を守ってくれる大人が存在している
という事は子どもの健全な発達に何よりだと思います。

逆に、不安もうつる…うつる訳ではないですが

親が不安の塊だったり、
いつも子どもはそっちのけで夫のお酒やギャンブル、借金、浮気などの依存症をなんとかやめさせる事しか見ていなかったり
仕事依存の親…父親不在の生育歴だったり

見ているだけで、また母親や祖母の愚痴の聞き役にされて、子どもなのに親のカウンセラー役をやらされていたりして育つと

親や上の世代のトラウマを子どもがもらってしまう…
という事も多いと思います。

話が膨らんで逸れてきたかもなので今日はこのへんで。


さてさて、夏期休暇を終え、明日からまたお仕事をさせていただける事がとっても嬉しい私です。


また書きますね!

おやすみなさいませ





写真は夏期休暇中に塘路駅前で出会ったポニーさん

可愛かったです( ´艸`)









カウンセリング、心理療法のご予約・お問い合わせはこちらへどうぞ ↓

http://blog.livedoor.jp/naomiyo929/archives/27417524.html











2016/08/12

上に登って自分で自分を眺めてみるということ

image



夏季休暇中の 〜心のケア〜 リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

こちらを訪れて下さっている皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

私は、平安に…穏やかに…また、時にテンションMAXで❓過ごしております。
エネルギー満タン状態で、休み明けからまた再びお仕事をさせていただきたいと考えています。

先日「山の日」という事で、高い所から釧路湿原を眺めてみました。
お天気もよく祝日という事で、カヌーに乗った方々も楽しそうに川の流れに沿って流れていきました。

残念ながら写真をには写っていませんでしたが……なんでだろう…

以前もこちらのblogで書いたと記憶していますが
高い所から自分の状態や、経験した出来事を眺めてみる

という事が私は好きです。

自分の目線で普段は生活していますので、意識して高い所に登ったり、高い所にいるつもりで
自分の置かれている状況を眺めてみる癖がついたのkもしれません。

普段より、広い視野で、そして自分の周りなどの全体を見渡すことは
回復や更なる成長には、とても効果的だと感じています。

少し話はそれるかもしれませんが、映画やDVDを観る事と似ているかもしれません。
いつもと違う視点になれる…という意味で。


高い所から自分を眺めてみると
その出来事は本当に辛かったね〜、とか
その出来事があったから、今があるんだね〜

よく頑張って生き残って、そして生きる事の歓びを味わえるまでに回復して良かったね〜

などなど感じる事ができます。


これが例えば、セラピーを受けていないノーケア時代だっっとしたら
もうお先真っ暗状態でしたので、その日をなんとなくやり過ごす事のみで

今夜はパニック発作は起きるのか?
起きたら今夜は救急病院に行くのか?
どうやってこの不安に耐えようか?
とりあえず不安を認めてしまったら、恐怖でいっぱいになるので
発作の起きない昼間はなにも起こっていないふりをしていよう…

そうすれば不安を押し込めて、感じなくて済む

発作の起きる夜が怖いから、いつ治るのかわからないような状態でのシングルマザー生活は
辛すぎるので、とりあえず今夜も帰宅したらビール飲みながらご飯作ろう

などなどネガティブな思考の堂々巡りでありました。


なんで私がこんな病気にならなきゃならないの❓
と自分の人生を悲観的に、被害者意識と発症した事への自分責め

自分が悪いから発症した、
バチがあたったんだ

てな思考の塊でした。
本当に辛くて、心細かったです。



セラピーを受けられる所を見つけて、速攻で連絡し、ケアを受ける選択をし
発作がピタリと起きなくなってからも、ポカーンとしていました。

自分の回復、変化にも目を向ける余裕やその術を知らなかったのと
「なにも起こっていないから私は大丈夫」
という否認が子ども時代から既に身に付けていた生きるスキルでしたので

自分自身の心の声を聴いてあげるという習慣がなかった訳です。




自分で自分を幸せにしてあげる
という考え方は皆無で、誰かに自分を幸せにしてもらおう…いつか必ず

という幻想を抱いている依存心の強い人でした。



過去の私を高い所から眺めてみると
辛い中、よく頑張ってアンテナを張ってセラピーを受けられる場を見付けて
そして実際に自分で動いて、選んで心のケアを受けたこと…偉い。

心の傷に直面し、もともと持っていた究極の孤独感にも諦めずに逃げ出さずに自分の葛藤に寄り添い
自分で自分を救ってきたこと…凄い。

自分で自分の変化に気付けるように、できている事を見付けられるように日々、特訓してきた自分…力がある。



などなどが見えてきます。


ここまでこられて本当に良かったと心から思っています。


ノーケア時代はいったい私はどうやって生きてきていたんだろうか?とさえ思います。

そういう自分の物語をご自身で描いていけるといいですね。



これからもひとりの人間として、更なる成長をし続けていきたいなと考えています。

なので「ヒラノナオミ物語」はまだまだ続きます。







image


道は曲がりくねっていて、先が見えない不安は人生には付き物かもしれませんが
見えない自分の人生を自分のパワーで選択し続けること

切り開いていく事も人生の醍醐味かもしれません。

疲れたらゆっくり休んで、また方向を見定めて
方向性が見えない時には、ゆっくりと川の流れのままに進んでいくのもいいかもsjれません。

川のせせらぎや鳥や虫の声、木々の葉、風の音を聴きながら
優しくセルフケアをたっぷり行いながら。

きっと同じように似た経験をした仲間が沢山、存在している事も
いつか見えてくるかもしれません。

孤独に行わなくてもよいという事がわかって勇気が出てくるかもしれません。









それでは、また書きますね

















2016/08/05

暑いですね( ´艸`)

image


~心のケア~ リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

私の住む涼しい釧路も、珍しく暑い日が続いています。

今日、通った柳町公園付近の温度計では
30度となっていました。
32度であった!という情報も聞きました!

夏ですね~♪ 嬉しいです。暑いけど(笑)

こちらを訪れて下さっている皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?

写真は今朝の青空です。







先日の打ち合わせ時に ↓


image


物凄~く久し振りにコーヒーゼリーを食べてみたり








アロマクラフトで作った肌に優しい手作り虫除けをスプレーしまくって ↓

image


盆踊りに行ったり

……と、釧路の短い夏を満喫している私です。






暑い時には「暑い」を連呼して ?
暑いという事を楽しんでいる私がいます!

今夜は涼しくなりましたが、ここ数日は寝付けない程の暑さでした。
(どう考えても我が家は熱がこもって暑くて32度とかになってます)

連日でしたので体力を消耗しますが、今日は短い昼寝をする選択をしたのでスッキリしています。





え~と、また話が今日の本題から逸れてきたので戻します。




暑い時には、「暑い」と言ってよい・・・
もちろん、いいですよね。


では、しんどい時には「しんどい」って言えていますか?

悲しい時には「悲しい」って言えていますか?

ショックを受けた時には「ショックだ」

不安な時には「私、今とっても不安なの」


・・・などなど安全な相手に話せるといいですね。
言える・話せるのもその人の持つ力だと私は思います。


安全な相手とは、「私」の話した事を否定しない相手です。


例えば「しんどい」と言えた時に
「母親なんだからそんな甘えた事を言うな」とか
「誰だって色々あるのにやっているんだ、お前だけじゃないんだからそんな事を言うな」

などなどは「私」のしんどさ、それを言えた事を「否定している」という事になりますね。

「そんな事を言わないで頑張ろう」
などの言葉も一見、励ましの言葉と捉えられるかもしれませんが、これも否定しているという事になります。

相手のしんどさを自分が受け止め切れないからの発言かもしれません。

私のしんどさは誰のものでもなく、私のものでいいんです。


世の中、いかに否定三昧であるか……のほんの一例でした。



せっかく「しんどい」と言えたのに、このように相手から否定されると二度、傷付いちゃいますよね。

私たちの多くは否定三昧で育ってきていますので、逆に
「しんどいなんて弱音を吐く自分はやっぱりダメな奴なんだ…甘えてるんだ…怠けてるんだ」

などの歪んだ認知が出てくるかもしれません。



しんどい時には、しんどいと言っていいんです。
但し、相手を選ぶ必要があります。

同じように心の問題に関心を持ち、セラピーを受ける選択をされている仲間とつながりあえるといいですね。

回復の作業はひとりで孤独に行わなくてもよい

という事を知った時に、私は本当に嬉しかったです。

孤独に…自信のカケラもなく…行っていましたから。




こちらを訪れて下さっている回復や更なる成長を望まれている力のある皆さまが

共に行く仲間として、つながりあえるような安全な場を作っていくために

私も頑張りますね(^-^)




セラピーやWSなどに参加したり、健全なコミュニケーションや境界線に引きかたを知識として知る事で
どんどん持っている力を更に発揮できるようになっていくと


怒りを感じた時には「私はなになにを言われるととても嫌です」

または「私は、今とっても怒りが沸いているので怒りがしずまるまで外出します。私の怒りが静まってからまたこの件について話しましょう」

暴言を受けた時には「私は暴力は今後一切、受け付けません」


などの相手との健全なコミュニケーションも取れるようになっていくかもしれませんね。

相手に対して、愛情を持って、穏やかに…です。

私もまだ修行中の身ですが(苦笑)







それでは、また書きますね♪











image


この方も夏バテなのか、こんな姿で転がってい
ました~