釧路発  パニック障害からの回復 Ⅰお問い合わせ・ご予約について

2013/04/24

パニック障害からの回復 Ⅱ


今から16年も前でしょうか・・・
私がパニック障害を発症したのは、たしか28歳のクリスマス直前でした。

正確に言えば、それ以前にもパニック発作は2度、起っていました。
一度目は、ある日の日曜日の昼間に。
この時も12月だった記憶があります。

突然、激しい動悸が起こり立っていられないような感じで
痺れるようなめまいがし、意識が遠のき、フワーっと自分にベールが
かかったような感じで、自分の身体が自分のものじゃないようでした。
それと共に、激しい・・・というより地獄のような恐怖感が沸き
心臓をかきむしるような仕草で、タクシーで当番病院に行きました。

当然、私は何かしらの心臓疾患では?と思い、待合室でひとり身悶えていました。
所が、内科医のDrからビックリする言葉が出ました。
「ヒステリーだよ」と。

その時は心理の専門家の学びを当然していなかったので、知識もなく。
「ヒステリーってあのヒステリー?」
「で、なんでヒステリーでこんなんなるの?」
とかなり訳が解らず。
腕に注射を一本打ってもらい、しょんぼりしながら帰宅しました。


さて、ヒステリーとは?

神経症(かつて用いられていた概念)の一種で記憶や意識の統合能力が
失われたり、解離、疼痛、胃腸障害、歩行障害、マヒなどが現れる。
とされています。


二度目はそれから数年後のまたある日の日曜日の昼間に。

同じように、心臓がドキドキMAXでいてもたってもいられない不安感と恐怖感で。
またなにかしらの心臓疾患では?と感じタクシーでひとり当番病院へ。
内科医のDrは「心臓に異常はないが心配なら一度心臓の専門医へ」と。
この時も一度目同様に、診察室に入る頃にはドキドキは治まっていたのです



さて、この一度目と二度目の共通点を考えてみたいと思います。

日曜日の昼間に起きている事。
二度共、激しく二日酔いでゲロゲロ状態であった事。

元・仕事依存症・アルコール依存症の自覚がある私なのでつっこんで書きますと。

・日曜日→休み→寝ている→自堕落な怠け者→自分を責める→
 働く事でしか自分の存在価値を見出せない人

・無自覚だが自分に自信がなく嫌い→飲むとハイになり自分で自分を
 楽しく出来る錯覚 →アルコールとパニック発作は密接

ついでに「風邪をひいた時」と「カフェイン」もパニック発作は密接な関係と
 経験上、感じます。


緑の部分は参考文献として:
                これならわかる!精神医学:上島国利著:ナツメ社より抜粋


                                  Ⅲへとつづく


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
釧路発  パニック障害からの回復 Ⅰお問い合わせ・ご予約について