Hitorigoto的な事、など *テーマ「大事なものは見えない」みんなのHIROBA *子どもとの関係に悩むママのための広場*

2013/08/06

Hitorigoto的な事、など    *テーマ 「2013年8月6日」

Nature1-010こんばんは、hirano naomiです。


本日「2013年8月6日」は

広島に原爆が投下された日から・・・

68年間という年月が経過した日ですね。

皆さまはどのように過ごされましたか?



さて、本日 「2013年8月6日」

リフレーム・カウンセリングルームが新しい一歩を踏み出しました。

大きな大きな一歩です。

過去の・・・自分の出している症状の苦しさにだけ捉われ、自らそこをかきむしり。

原因や意味すら分からず、ただ怖くて惨めになっている事すら気付かず。

「自分には何の力もない」

「自分には生きている価値がない」と思い込んでいた私が。

使命をキャッチし、地に足をしっかり着けて

夢に向かって歩いている私になった事を、とても感慨深く思います。


セラピーを受ける選択をし、沢山の気付きを得て自分と向き合い続け。

「持っていた怖さ」の原因やカラクリを知り。

流すべき涙を流し、悲しむべき悲しみを悲しみ。

症状を手放すことができ・・・。


こころに溜まっていた膿を出す作業は途方もなく長い年月のように感じ、

ゴールが見えなく、そして痛みを伴う作業でしたが。

振り返ってみると、あっという間で。

そして「自分の変化」の連続がいつしか自分の「大きな生きる自信」になっていき。

「自分がもともと持っていた力」を強く確信し

今では自分の直感をとても信頼し動ける私になりました。

そして、まだまだ進化を続けます。



愛着対象であった祖父母から、愛情と共に

戦争トラウマをダイレクトにもらい、大人になってからも無自覚で自ら取り込んでいた私が。

回復や成長を続け、「68回目の広島原爆の日」に新たな一歩を踏み出す。

単なる偶然・・・かもしれませんが、私は偶然ではないと感じています。

私がキャッチしていなかった私の無意識が、

ちゃんとこの日を選んだのだと感じます。



「戦争は黒」です。

それなのに・・・地球上では戦火が止む事がないという現実に

自分の無力さを感じていたこともありました。

でも今は、私のフィールドで出来る事・成すべき事があると思っています。

私のやりたい事・・・


ひとりひとりが、怒りや悲しみを責任を持って癒し。

上の世代から来ているトラウマを安心して本人に返し。

インナーチャイルドの叫びに耳を傾け自ら育て愛情を注ぎ。


家族や様々なコミュニティーの中で起り続けている「戦争」に気付き。

気付いたからには、自ら健全にしたいと努力し。

ひとりひとりが健全なコミュミケーションを知り・学び・実践し。

自分と自分以外の他者の健全な境界線概念を知り・学び・行動し。

自分も相手も尊重し、何かあった時には修復しあえる関係性を築き合い。

安全な人間が少しずつ増え、少数派への差別が減り。



その結果、いつか・・・

虐待の世代間連鎖が健全の世代間連鎖に変わっていく。



そして沢山の家族やコミュニティーの集合体が「国」だと思っています。





私達が「今、生きている」という事は

紛れもなく過去に私達のルーツが存在したからです。





皆さんは未来へと遺したいものはどんなものですか?

自分に繋がる人たち・・・下の世代や、または間接的に繋がる人達に

どんなものを遺したいですか?




ご自分の経験された事が、同じ経験をしている誰かの役に立つことが

あるかもしれないと感じる事はありませんか?

ご自分の中に既にしっかりある力はどんな力ですか?



私はいつもそんな事を考え、そして一生成長を続けたいと

考えるひとりです。



      2013年8月6日   1968年生まれの平野 直美

















コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Hitorigoto的な事、など *テーマ「大事なものは見えない」みんなのHIROBA *子どもとの関係に悩むママのための広場*