*地域のための心理学講座in白糠*全3回 終了しました!!Hitorigoto的なことなど テーマ「婦人公論 10月号 が凄いです!!」

2013/09/24

facebook も見てね!!

こんにちは、平野です。
既に秋真っ盛り・・・という気候の釧路です。

赤・黄色・黄緑色の木の葉。
真っ赤なナナカマドやエゾノコリンゴの実。
乾燥した空気(ここ釧路では夏よりも洗濯物が乾く気がします)。
虫の声も秋の虫へ。
(虫の種類はわかりませんが子どもと「ジー」と呼んでいるジーと鳴く虫がいる)

こんな季節は子どもの頃、一度だけ・・・外で、
枯葉を集めて・・・さつま芋をアルミホイルにくるんで・・・
焼いて食べた事を思い出します。
真っ黒でコゲコゲ・苦い^^;; 
でもシチュエーション効果の為か美味しかった記憶!!

昨日は凄く久し振りに故郷にお墓参りに行って来ました。

私が5歳の時に祖父は亡くなっていますが私は祖父の事をよく覚えています。
膝に乗って祖父の飲む焼酎を「カライ・カライ」と舐めていたこと。
愛着対象であった祖父との時間を・・・。
焼酎を舐めることによってより共有したかったんだろうな~と今は理解しています。

その後、大人になってからアルコール依存症になる訳ですがね(笑)
ここら辺にルーツがありそうですね。
恋愛対象は必ず「アルコール依存症の人」とか

数年前に祖父の戒名の一文字に私の名前「直」が入っている事に気付きました。
そう、私を可愛がっていたから「直」を入れる・・・という相談を大人がしていた事も
その事を知ったことをきかっけに鮮明に思い出しました。

自分を知るにはまず自分の上の世代を知る・・・という
紐解き作業を私は何年もかけてしてきました。

自分には・・・なぜこのような症状が必要なのか?
自分でも理解できない問題行動をしてしまう事のカラクリや背景は?
を知りたかったんです。

そして、
祖父にはなぜアルコールが必要だったか・・・
なぜアルコールがないとダメな状態になったのか・・・の背景を。
今はとても理解しそこには歴史的な背景「戦争」という事が
密接と理解しています。

その中を生き抜き、まさしく生き残り。
結果として私が産まれることが出来たこと。
そしてとても愛情を貰った事にとても感謝しています。

アルコール依存症なので、顔(人格)がふたつありました。
優しい時の人格と・・・怖い、怒鳴っている時の人格と。
酔うと怒鳴るのか? 素面だと怒鳴るのか?
そこの記憶は不明というか・・・子どもなのでそこまでは
観察はしていても理解はしていなかったと思われます。

とても慎重に顔色を伺って「今は行ってもいい優しい時か?」
「行かない方がいい怖い時か?」を頑張って判断しようとしていたんですね。
子どもながらに・・・健気ですね・・・人間って。

この私のやっていた事は無自覚でしたが大人になっても続いていました。
このまま生きていました・・・。
人は生育歴から凄く影響を受けてしまう可能性が高いと認識しています。
そして今でも残っていますね。
他者の顔色を伺い他者に合わせて、
自分の行動を変えていこうとする思考・行動・コミュニケーション法など。

残っているけど今はその自分をすぐキャッチ出来るので
「あっ、またやろうとしたな、私」と感じたら一旦その自分を受け容れてから
変えていく事が出来ています。
自分以外の他者本位から、自分がどうしたいか?の自分本位に。

他者に合わせてばかりだと「自分がいったい何なのか?」
わからなくなってきますよね・・・本当に。
過去にはこの事で生きていることが悲しくなっていた私でした。

そしてそれでも好きで愛情を貰えた事に感謝しております。
だって祖父の背景を考えると飲まなきゃいられないですもん。

依存症ってそうやって自己治療しようとしていると認識しています。
自分を保つためや、時を止めることで辛さ・怖さ・怒り・劣等感・無力感など
一時でも味わわなくて済む→自分が生き延びるために自ら編み出す技ですよね。

私は自身が過去にアルコール依存になっていたので
この流れがとても理解できます。
そしてこの「顔色が見られる」ということは
今の私の職業にはとても役に立つ財産です(笑)。
人生ってうまく出来ていますね。
ネガティブな過去に肯定的な意味を見出せた事が成長と感じています。




叔母の眠るお寺にも行って来ました。
私の子どもを連れて行き・・・初めて「お互い」を紹介しました。
そして私が元気で今、こういう夢を見つけ歩いている事を報告し。
感謝している事、大好きな事、その気持ちを力に変えている事、
応援して欲しい事・・・見ていて欲しい事・・・などの想いが溢れました。

私は何の宗教にも属していませんが。
お墓やお寺さんに亡き人がいるとは思っていませんが。

お寺・神社・などがとても落ち着く好きな空間で「行く」事で癒されたり
とても親和性を持っているんですね。

子どもの頃から自宅に仏壇がありそこで祖母と日々「チーン」と
やっていたので「チーン」の音もとても癒されます。


さて、本題です^^;;

このブログと同時期にfacebookも始めました。
目的は「心のケア」という事を
必要とされていらっしゃる沢山の方々にシェアする為です。

リフレーム・カウンセリングルーム 
            で検索してみて下さ~い。

facebookに登録されていらっしゃる方は
                  皆さんが見られるように公開設定しています。

内容はこのブログのものを転用している事が殆どですが。
他のユーザーさんの「これはいいなっ
と感じた内容も多数シェアさせて頂いています。
必要とされている多くの方々に・・・知識としてや・・・気付きのきっかけに
なるような事などをシェアしています。

私自身が「苦しい・・・不安だ・・・」から、
気付くと「あれ?そういえばこの頃あんまり苦しくない」とか。
「なんだかこの頃、自分いじめしていないな」・・・とか。

変化していったプロセスは自分の様々な事に「気付く事」が
まず最初の一歩でした。

それらは長い長い年月をかけて形成された思考などから来る
生き難さだと思いますので。
やっぱり思考をご自分で変えていくには長い年月がかかると私は思っています。
セラピーは魔法ではないので。

どちらも技術ですよね。
身に着けるのも・・・「変わりたい」と思って、
新しい自分に変えていこうと努力や工夫をすることも。

慣れ親しんだ思考を手放すのは時に怖くて自分で何度もStopをかけたり。
自分で自分に責任を取らなければならないので右往左往したりしましたが。

Baby Stepでいいんです。これを何度も何度も自分に言い聞かせた私です。

残念ながら子どもの時に習う事の出来なかった健全な思考などは。
今、もう既に大人であれば自分で学んでいけばいいと私は思っています。

そんな理由で「自分を育てることに役に立つ」と私が感じた内容を
多数シェアさせて頂いていますので必要を感じる方々は是非ご覧になって下さい。

中には・・・あまりにも何度もシェアさせて頂いている事、
超・凄い方の書かれた超・凄い内容をシェアさせて頂く事などなどに
胸がザワザワしてしまい。
正直に「これこれこういう者でこういった目的で活動をしています。
今後もシェアさせて頂いて構わないですか?」のメッセージを送信し
快く許可を頂いた所など・・・

FBもコミュニケーションの学びになっているな~と感じております

安全性のない人には近付かないとか。
そういう危険ゾーンの場に自分の身を置かない事とかね。

それでは、また


この記事へのコメント

1. Posted by hirano naomi   2013/09/26 12:10
hiranoです。
「自分を育てることに役に立つ」内容の中には
私が他のユーザーさんが書かれた内容を
「観て・読んで」涙した内容も多数含まれています。

私の大きなセルフケアのひとつが
「ひとりで思いっきり泣く事」です。
子どもの頃に・・・流さなかった(流せなかった)涙を。流す必要のある涙を沢山流す事で。
とてもすっきりして癒しになります。

それが「投影」という事であっても。

ここを訪れて下さっている皆様はどうですか?

流すべき涙がご自分の中に沢山溢れていることに
既に気付かれていらっしゃる方も
多いのではないか、と私は思っています。

それでは、また

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
*地域のための心理学講座in白糠*全3回 終了しました!!Hitorigoto的なことなど テーマ「婦人公論 10月号 が凄いです!!」