映画『SAVING 10,000 − 自殺者1万人を救う戦い』 のシェア私のセルフケア ♪好きなスポットに行く「釧路市 MOOのEGG」

2013/10/22

私のセルフケア♪ 「yoga」

20131020_152951















































こんにちは、hiranoです。
さて既に10月も後半ですね。
私の住む北海道釧路市では朝晩、暖房が必要な季節に突入です。

週末に訪れた足寄町のオンネトーという美しい湖近辺は一面積雪有りで。
北海道に住む私もビックリ仰天しました。10月に雪・・・
でも真っ白な雪の上に沢山落ちている色付いたモミジなどの葉が
神秘的に美しかったです。
真っ白い雪の上に真っ赤・黄色・緑色などの葉・・・。
北海道に住んでいてもなかなか観られない光景かもと
なんだか得した気分です。
勿論、雪だるまも作成してきました
私の雪だるまinオンネトー。

さて今日は「セルフケア」についてです。
初回のセラピー時や勉強会の時に「セルフケアの重要性」について
お伝えしておりますが。
ここでは私が「回復のために実際に行ってきた」セルフケアについて
紹介したいと考えています。

心理療法・セラピーを受け始めの頃は勿論苦しかったので
「回復のため」にとせっせと行ってきましたが。
気付けばそれが生活の一部のような感じになり今でも
様々なことを意識して自分に取り入れています。

まず今回は「yoga」です。

私は身体の硬いヨガ好きです。
ヨガになにかとても惹かれるものを感じ今まで何人かの
ヨガ講師さんのもとでヨガをしてきました。
先生が転居されたり・・・汗ばむ為、冬なので風邪をひくから・・・
という感じでフェードアウトしていましたが。
「やっぱりヨガしたいな~」とずっと感じていました。
ヨガDVDを購入して自宅でひとりで行ったり。
でもこれはなかなか続かないですね、私の場合。

その「やっぱりヨガしたいな~」とアンテナを立てていた私が
ある場所であるヨガ教室のチラシを手に取り「これだっ!!」と感じました。
この「これだっ!!」っていうのを私は大切にしています。

直ちに連絡・直ちに体験lesson参加・直ちに入会して始めたこの夏でした。
(ヨガ初心者の私なので決して上から目線ではなくて)
その先生の提供される内容のクオリティーが高いんです。
そして先生がとっても素敵!
本当に毎回セルフケアをしている感・満載になります。

セルフケアって
自分の気持ちいいと感じる事や、心が穏やかになれたり
ほっこりしたり・・・などなどを、
「自分だけの為に自分にしてあげること」と私は考えていて。
そのヨガをするための時間は
「私だけのためにこの時間やお金・ここに来るための労力を使っているんだ」
という気持ちを感じ「自分を大切にしているな~」ということを
しみじみ感じます。

何十年もかけて
「自分より他人(家族やよその人)を大事にしなければならない」
「自分を大切になどと考える人間は自分勝手な駄目な人間」
「自分(の考え)を持ってはいけない」

という思考が見事に形成されていた過去の私でしたので
セラピーを受けることを選択する37歳まで
本当に「このままの思考」で生きていたんです。

その結果、
「自分がなんなのかわからなく・自分をどう取り扱っていいのかわからなく・
常に周りの人の顔色を伺って・他人の感情をよくする配慮が最優先で」

またまたその結果、
「自分が惨めになっている事すら気付いていなかった」んです。

自分だけではなくそこからの影響で家族が惨めになっていても
不思議ではないですね。

そして
思考がこうなので、行動はそりゃ「共依存」になりますよね(苦笑)

人間関係は(私の場合は恋愛対象など特定の相手に)
相手の行動をコントロールして相手の力を奪ってしまう暴力!!
の連続でした。そして相手が私の思い通りにならないと
キレる・泣く・なだめる・演技して騙す・落ち込む・・・などなど疲労困憊の
日常を何十年も過ごしてきました。

相手の思考すらコントロールできると本当に信じていました。

また話が脱線しました。

セルフケア大事です。

その「今まで他人に向けてきた労力」を自分に向けて
「自分を意識して大切にしてみる」感じ。

でも
調子が悪い時はとことんゴロゴロしていていいと思います。
過去の私もそうでした。
「調子が悪いからゴロゴロしてていいんだよ」と。
寝すぎて逆にますます調子が悪いように感じたり、
昼間寝るために今度は夜に眠れなくて焦ったりもしましたが。
(夜に眠れないととても不安になりますね)

身体が発するメッセージ「横になりたい」をキャッチ出来るように
なってからは「横になることの罪悪感」も沸かなくなりました。

そう・・・横になることすら「自分にNO!」を出していたんですね。
過去の私・・・。


自分の好きなスポットに行く・そこでエネルギーを充電し
またイキイキと生きる。
ヨガをして心から心身共にリラックスしてまた頑張れる。
本当に「呼吸」と「いかに身体に無駄な力が入っているのか」
に注目できます。
「脱力」大事ですね。

ACは呼吸が浅い・・・という事を知った時は愕然としましたが
まだ呼吸が浅かったです(笑)。

深く深く自分を大切に扱いながら生きる・・・
ような感じに私はなれます、yoga。
いいですよ。
勿論、講師さんのお人柄や相性があるかと思いますが。

yogaに出かけるには調子が悪ければ
自宅でストレッチもいいと思います。
ラジオ体操でもいいと思います。
身体がリラックスできると心の方も効果的にリラックスしやすいと
私は思っています。

心と身体は繋がっていると感じています。

セラピーと平行して
無理なく身体の方からのアプローチもセルフケアとしてご自身の
日常に取り入れるというのもいいと思います。

それではまた





コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
 映画『SAVING 10,000 − 自殺者1万人を救う戦い』 のシェア私のセルフケア ♪好きなスポットに行く「釧路市 MOOのEGG」