パニック障害からの回復 Ⅳ2月に突入。

2014/01/28

好きな香りをかぐこと。

image


こんばんは、Hiranoです。
雪が少ない釧路もすっかり雪一色と
なりました。

さて『私のセルフケア♪一例』
今日は好きな香りをかぐ!という事です。
こちらのラベンダーのアロマは
数年前に東京・麻布十番のナチュラルLAWSONで
購入したものです
私が尊敬する先生の『グループ療法、心理療法を受けてみたい!!受ける!!』と思い立ち。
当時としては一大決心をして女満別空港から
羽田に向かいました。

パニック障害には『広場恐怖・乗り物恐怖』を
伴うケースもありますので。
発作やそれらに苦しんでいた頃には
ひとりで飛行機にまた乗ることが出来る…
という事は。
『もう一生無理かもしれない』と
思っていたな、私…
と懐かしく思い返していました。

トラウマにとらわれていると、
トラウマの渦中にいると。
行動や行動範囲が狭くなってしまうと
言われています。

パニック障害・予期不安もトラウマの後遺症
と私は認識しております。

パニック障害に限らずうつや適応障害、
強迫性障害、不安障害、解離性障害などなど。
診断を受けられた方や、ご自身がそうなのかもしれないと不安に感じられている方の中には。
以前よりも行動が狭くなっていらっしゃるという事はありませんか?

過去には出来ていたことが出来なくなって
しまっているという事はありませんか?

過去の苦しんでいた頃を振り返り
私は自身の事をとてもそう感じます。



香りのセルフケアも私はとても好きです。
リラックスしたい時、集中したい時、
眠る時、などなど香りをかぐ事を
永年続けていたので。
今では一瞬にして脳によいホルモンが
出る感覚です。

それでは



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by S   2014/01/29 11:51
こんにちは、こちらも除雪された雪が肩くらいまで来ています、でも今年は雪は少ないですね。

アロマ、香りは私も大事にしています。
ラベンダー・ベルガモット・後は柑橘系全般が大好きで子供達が寝た後にゆっくり明かりを入れてマッタリする時間が大好きです^^

先生の行動は大きな波紋になったんですね、飛行機に乗り込む心、パニック障害を抱えながら・・・凄いですね、きっと縁が強かったのでしょうね!

私は小さいかもしれませんが、カウンセリングを受けた事は私の中の大きな雫でした、元々はりぼてでありながらバカみたいに高いプライドが邪魔をしていました、今、思い返すと可哀想と言うか、寂しい気持ちが出てきます。

過去に出来ていた事が出来なくなっている、正にそうでした、そして何故出来ないのか分らず途方に暮れました、そんな中でも不安障害とパニックが襲ってきて怖かったです。

セルフケア、私はちょっと種類が少ない気がしています、なので探しています。
私は何に癒されるのか?どうしたら穏やかになれるのか?色んな自分探しの真っ最中ですが、最初はこの作業は「やらなければいけない」と思っていましたが、最近は、「どんな事が出てくるか楽しみだな」と思えるようになってきました、こんな風に考えられたのは、カウンセリングがきっかけになっていると思いました。

長々と書いてしまいました^^;
ではでは^^
2. Posted by hirano naomi   2014/01/31 13:21
>Sさんへ
こんにちは、コメント嬉しく読ませて頂きました。
sさんがお住まいの所は除雪された雪が肩くらいまで来ているのですね。ビックリです(><)
さて、sさんもアロマや香りなどを大事にされていらっしゃるのですね。
ラベンダー・ベルガモット・柑橘系全般がお好きなのですね。私はベルガモット・柑橘系は試した事がないので今度試してみようと思いました。またsさんのお勧めのなにかありましたら教えて下さいませ。
(書きませんでしたが私はローズ系も大好き)
(もう、うっとりです・笑)

子供達が寝た後にゆっくり明かりを入れてマッタリする時間・・・いいですね。
母親こそそういった時間がとても必要だと私は思っています。だって母ちゃんってやっぱり大変ですもんね。子どもは可愛い・・・けれども。
今晩何を作るか考えて・買物行って・ご飯作って食べさせて・洗い物して・お風呂入れて・絵本読んだり・寝せて。一緒に遊んで・話し聴いて・一緒に考えて・伝えて・笑い合って・ナデナデして・手をつないで。
掃除して・洗濯して・干して・たたんで・しまって。
園や学校からのプリント読んで・色々持たせて。
起して・朝食作って・身支度見守ったり・笑顔で送り出して。

時には・・・言う事を聞かない時もあり・時には優しく出来ない自分もいて(苦笑)
産まれてからの十数年は日々これらの連続ですよね。
私は帰宅するともう戦闘モードの日々です(笑)
だからこそ
私も母親のひとりとしてそういった
「自分の時間」をとても大切にしています。
自分を大事にした分だけ子どもを本当の意味で大切に出来ると私は思っています。

そして子どもはあっという間に巣立っていきますので
「捨てられる身」の母親(^^;)としては子どもと過ごせる一瞬・一瞬をより大切に味わいたいと思っています。
   つづく

3. Posted by hirano naomi   2014/01/31 14:00
sさんへ つづき

それから私が東京にWS・セラピーを受けに行ったのは。セラピーを受け既にパニック発作は全く起きなくなってからですね。パニック発作真っ盛りの頃は仕事などで行く必要がなければ私はひとりで自分の為だけには飛行機には「乗れなかった」と思います。具合悪くなるのが怖かったです、それだけ。

そしてsさんはご自身の事を今思えば
>「元々はりぼてでありながらバカみたいに高いプライドが邪魔をしていた」
と感じられているのですね。
そしてその頃を思い返すと可哀想と言うか、寂しい気持ちが出てくるのですね。

>過去に出来ていた事が出来なくなっている、
正にそうだと感じられたんですね。
>そして何故出来ないのか分らず途方に暮れ、
>そんな中でも不安とパニックが襲ってきて怖かった。
怖くなって当然だと思いますよ。
私は途方に暮れ、でも何かのせいにしたくて。
結局「自分が悪い・自分が変だからこうなる」思考
になっていました。
今は自分の周りや自身の事を客観的にみる事ができますので何かあっても冷静に。
「これは周りがおかしくて私はそれに反応しているんだな」と全体で起こっている事がみられます。これは自分責めをしなくていいのでとても「生きやすい」です。

>最初はこの作業は「やらなければいけない」と思っていた、最近は「どんな事が出てくるか楽>しみ」と思えるようになっている。
「~ねばならぬ思考」私も強かったですよ。
完璧主義を外していくと本当に楽になりました。出来ないという自分に対しての「自分イジメ」をしなくて済むので。自分と仲良くなれて良かったです。
それでは

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
パニック障害からの回復 Ⅳ2月に突入。