*催し物案内* <家族と子どもケア・サポートチーム 主催> 地域のための心理学講座 大切な人の自死と向き合う ~気づき,寄り添い,つながりあうために~~うつ という状態を理解する~ *ぼくのなかの黒い犬*

2014/04/30

*blogを始めて1年が経ちました*




image


こんにちは、3dayの研修WSから戻ったHiranoです。

昨日は帰宅し、とりあえず する必要のある洗濯と。

 必要を感じた^^;;掃除機をかけ。

帰宅した子どもに「ただいま~留守番してくれて母ちゃん、勉強に行けたよ」

協力してくれてありがとう」と、お土産を手渡しハグし。

ヘッロヘロに疲れていたので

ちょっと1、2時間位横になるつもりが朝まで爆睡した私です(苦笑)

おそらく12時間位は寝たのかも。


このように脳も身体もヘッロヘロですが

今年も参加する選択が出来た自分を褒めてあげたいです。

た~~~~くさんの心の財産を持ち帰る事が出来ました。

そしてこの財産を私の所にいらっしゃっている力のある方々に、

なるべく「質のよいままで」流れていくように

自身の癒しと学びをまた深め続けていきます。




さてさて、4月19日でこちらのblogを始めて1年が経過しました!!


日々こちらを訪れて下さっている方々の存在を

アクセス数から知る事が出来るのですが。

メンタルヘルス・心のケアの重要性について

認識の高い方々の存在を感じ、とても嬉しく感じています。


また同時にこちらを検索されて訪れて下さっていらっしゃる方々の多くは

なにかしらの症状や問題に困っていらっしゃったり、苦しんでいらっしゃる方、

またはそのご家族やパートナー、友人の方などでは・・・と思います。


私が心理の専門家として提供をさせて頂いております、カウンセリングや。

セラピー(心理療法・セラピューティック<治療的>な介入を含むカウンセリング)

が全て!だと私は考えていません。

全ての方に有効だとは考えていませんし、

その方のケースによっては私くしよりも適任のネットワーク先を

責任を持って紹介させて頂いています。



それでも・・・事実としての限界はあるけれども、

「今の私に出来ること」が しっかりとあり

それをやり続けていきたいと考えています。



トラウマの後遺症で苦しんでいらっしゃる沢山の方々の選択肢のひとつとして。

日本という国に置いての現状に・・・、世の中に。

必要とされていらっしゃる方々へ。

「身体同様に心もケアを、していい」ということが

少しでも浸透していくかもしれない、

していって欲しい、と願い。

日々の活動と共に

こちらでの受信・発信を続けていきたいと考えております。

今後共どうぞよろしくお願い致します。



・・・とつい熱く語ってしまうのが私の現状です(苦笑)

必要とされていらっしゃらない方や、準備が整っていない方に

熱く訴え過ぎるのはアツい暴力!!になってしまうので

もちろん気を付けています。

これは失敗した!と思う経験があるからこそ気を付けていけますね。


さてさて、こちらのblogを始めてあっという間に1年が経過。

超・アナログな私・・・超・頑張っています^^;;

どのくらいアナログなのか?については

未だに「問合せフォーム」も作れていません。

RSS・トラップバックってな~に?

ブックマーク・リンクの貼り付けって

ず~っと、やりたいんだけどどうやってやるの?状態です(笑)


専用ドメイン取得したいんだけどなんか難しそう・・・とか。



やっぱり○○ブロ(たぶん最大手?)じゃないと、イマイチなの?・・・とか。

でも人と同じの嫌なんだも~ん←(きょうだい間葛藤が色濃く出てますね~^^;;)

あそこのはデザイン性がなんかイマイチじゃない?・・・

と感じこちらのブログを選んだのですが、

最近になって○○ブロでも素敵なデザインのテンプレートがあるのを発見(笑)

「ブログ引っ越す?」と考えたり。



それから写真を中央に配置しちゃうと

文字もそのままセンタリング(これはこれで気に入ってますが)

センタリング解除したい時に何故かできなかったり。


基本PCで更新していますが出先などでは携帯端末からも投稿します。

その同期化がイマイチ出来なく「???」だったり。



今後も「???」なままで(笑)

こちらを楽しんで書いていきたいな~と考えています。


写真をupできる事もとっても気に入ってます。

私のフォト・セラピーになっています。




さてさて、こちらを書き始めた1年前には

ちょっと苦しかった時期が多かったことを以前どこかで書いたと思います。


私の経験した事、自己開示の内容が多いので

まずは愛をもって自分を尊重しながら、

その上で相手・しがらみへの影響や配慮を大切に考え。自分も相手も尊重したいと考えているので、言葉の選び方に随分頭をひねりました。


また心の傷がある程度、癒されていないと書く事が苦しくても

不思議ではないと私は思っています。


傷からの影響はゼロにはならなくても

ある程度、整理されたと感じ。

もう一歩踏み出してみたいと感じ書き始めましたが。

やっぱり最初は「自分が変化していくこと」がちょっと苦しかったですね。



また私が自己開示をする理由は

「私は心に傷を負っていてノーケアのままだったから症状や問題行動が出た」

・・・のみを、伝えるのが目的ではなく。


あんなにひどかった私でもこんなに変われる!!

という事実を伝えたかったのかもしれません。

私の経験したことが「誰かの希望」になったとしたらとても嬉しいです。


過去には「私は被害者だ!」と思っていた時期がありましたが

今は「トラウマ持ってて本当に良かった」と思えます。




被害者のままで、居続けるのはなんだか自分が惨めな感じがしたり。

勇気を持って向き合ってみると

相手のその時の状況や、生育歴からの背景などが

客観的に見えてきて赦せるかもしれないですね。


時間はかかっても 自分のために・・・ためにも、

「出来れば赦していけるといい」と

私は考えています。





書き始めの頃、ちょっと苦しいな~と感じていた頃に

何度も何度も観て・・・勝手にですが私がこの「ブログを書く」ということに

勇気をもらい続けていたPVのご紹介です。

あの頃・・・もう毎晩、観ては大号泣でしたね(^^)








この著者の方が「ご自身の経験されたことを書かれた事」が「私の希望」となり、

私がブログで「私が本当に書きたかったこと」を書き始める勇気が沸きました。

とても感謝しています。


大ファン・大好きで~す



PVの2:33時
鼻を真っ赤にしている表情が自身の子ども時代に重なります。
私は絶対泣かない、泣いたら負け!と思い込んでいて
こういう表情でいつもひとりで我慢する子どもでしたね。



image



お宝



それではまた


WS後なのでゆっくり休み、セルフケアをたっぷりして、

脳がクリアになったら講座資料を作成します。


4月中にこの投稿をしたかったので良かったです。

間に合った~~~(><)v~☆
















トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
*催し物案内* <家族と子どもケア・サポートチーム 主催> 地域のための心理学講座 大切な人の自死と向き合う ~気づき,寄り添い,つながりあうために~~うつ という状態を理解する~ *ぼくのなかの黒い犬*