北の国から(*^^*)*お知らせ* 6月・平日以外の釧路対面カウンセリング日程について

2014/05/29

*こころ*のお話 ~相手になにかを言われて自分が大きく反応した時に~




image

こんにちは、リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

こちらの写真は オオバナノエンレイソウ です。
綺麗ですね~。
子どもの頃には、この時期にワクワクしながらこの花を摘んでいた私ですが。
数年前にこの花が開花するまでに 10年くらいもかかる!という事を知りました。

発芽から10年かけて咲く花・・・いいですね。
大切に眺めていたい気持ちになります。

さて今日は

相手になにかを言われて自分が大きく反応した時について考えてみたいと思います。

例えば、パートナー・夫・親などになにか嫌な事を言われた時に
激しい怒りなどの反応が出てくる事があると思います。

相手になにかとても失礼な事を言われたら怒りが出るのは当然の事なのですが。
今日はもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

相手になにか言われて頭が真っ白になる程に
(私の場合は頭が真っ赤になってました)怒りが出たら。

もしかしたらその怒りは「今、言われた事だけに対して」ではなく

育った環境や、学校などでの人間関係の中で経験した、
なんらかの「傷付いた感」が関係しているかもしれません。

子ども時代に家族、親やきょうだい、学校の先生やクラスメート、
親戚などから似たようなことを言われた経験はありませんか?

例えば 「お前はダメだ」「そんなこともできないのか?」とか。

そこが心の傷付き体験として
自分では認識できていなくても自分の無意識ではちゃんと覚えていて、
その結果、大きく反応する、という事があると言われています。

この事に気付いたら責任を持って子ども時代や過去の傷付き体験を
セラピーで扱っていけるといいですね。
そうする事で
過去の心の傷に支配されている という事が随分、減ってくると私は考えています。

また反射的に行動しないで
相手に伝えてから一旦その場を離れるという事もいいと思います。

同じ土俵に乗り、売り言葉に買い言葉。

相手と同じように攻撃的になったり
負けずに相手をより否定・批判したり・・・
怒りと恨みが積み重なり関係が悪化するという事がよく起りますが。

自分を不安定にしたままにせずに
一旦、自分の心を落ち着かせる事をしてみてはどうでしょうか?

一旦、離れて深呼吸をしたり、地に足が着いている感覚を味わったり。
感じていることを書き出してみたり、可能な環境であれば叫んでみたり、
クッションを叩いてみたりして、まずは心を落ち着かせる事を優先してみるのはどうでしょう。



そしてお互いに冷静になってから
その事について相手と話し合えるといいですね。


またコミュニケーションとして
目付き・態度・声のトーンなどで喧嘩を吹っかけている、
という事もよく起ると思います。

そうする必要があってそうしたコミュニケーションが生じると思いますが。

もっと率直に伝えてみるのはどうでしょうか?
シンプルにしていくほうが余計な労力も使わずに済みますね。


なかなか難しいですが。

私も修行中の身です。

ちなみに私のスイッチは
「お前はダメだ」「そんなこともできないのか?」です^^;;

似たような言葉を言われると頭に血がのぼり呼吸が浅くなり
身体が震える程の怒りが出ました。

でも、まずは
「本当に自分はダメなのか?」
ということを冷静に考えられるようになっています。

そして「できない事があってもよい」という事を今は知っているので
自分イジメはせずに。

それは相手の感じている、相手の持ち物で自分の持ち物ではない、
と区別して考えられます。

芽にお水をやるように大切に自分も育てていけると
自己肯定感・自尊心もあがりますね。


それではまた







トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by S   2014/05/30 15:36
こんにちは!

今回の先生のブログの内容は、今まさに私が直面し、考え、自分を中心に、行動・言動を進めてみています。
問題が起こった時に「どうして私は怒ったんだろう?」と、最近は書き出してみています

勉強会で教えてもらった、「悲しみと怒りは表裏一体」とも習ったので、その辺も含めて、考えるように今は努力しています。

最初はとても苦痛でした、分かってるんだけど、解ってない!!怒り心頭!キーキーと怒り、不機嫌になり子供や周囲に当たって、後悔して自分を責めに責める・・・
今思うと、ちょっとだけ、笑えます(笑)

今は、怒って良い、と少し思えてきています。
そして怒った事自体より、自分の心の反応を直ぐに見ようと動きます、ここまで来て、あ~、前の私よりうんと楽チン~、とも思っています。

私のスイッチは今は恩着せがましい言葉かなと思いました、~してあげてる、とか、~べき、これカチーン!って来ます!「何様じゃ!?ボケー!!」って怒ります^^;そして動悸がします。

でも、そこで、怒れる自分に気付き、嬉しくなりました。今までは、怒った自分が悪い、相手に申し訳ない、私ごときが・・・と自分責めのエキスパートでしたので、こんな風に思えるなんて…こんな思考・道があったなんて…知らなかった~、知れて良かった~!
気付けたこと、先生と関わって、知らない自分に会えたこと、とても嬉しく思います。

自己肯定感・自尊心、自分が好きだな、と思える幸せの芽が、私の中でも本当に少しづつですが育っている気がします。

>過去の心の傷に支配されている という事が随分、減ってくると私は考えています。
↑ここ、是非知りたいです、もう支配されるの嫌です~(;_;)

毎回更新楽しみにしています、色んな花々、木々の写真も楽しみにしています!
ではではこの辺で。



2. Posted by hirano naomi   2014/06/05 17:38
Sさんへ

こんばんは、少し久々の登場の平野です。
コメント嬉しく読ませて頂いてます。

さて、sさんにとって今回はタイムリーな話題だったんですね。
>今まさに私が直面し・考え・自分を中心に・行動・
>言動を進めてみています。

この「自分を中心にして」を心掛けられている!
というのがとても素晴らしい事だと思います。
そして
「自分を中心にして」考えられて言葉や行動を選択されているのですね。

育った家庭などから
「自分を中心にして物事を考える」という事が
「自分勝手なよくない事」と教えられ育つ
ことがとても多いのではないでしょうか?


と私個人は思っています。
もしかしたら学校でもそう習ったかもしれませんね。

「自分を中心にして物事を考える事」を禁止されて育つと大人になってからもその思考はそのまま・・・
というのが自然な流れでは、と思います。

この「他人中心主義の状態」で何か問題に直面した時に
例えば誰かになにか嫌な、ネガティブな事を言われた時に
「自分で自分の感情が判らなくなっても不思議ではない」と私は考えています。

自分の感情を感じる事を禁じられそのまま育つと。

自分の感情がわからない事だらけ状態に陥ったり
その結果
「自分がいったいなんなのか?」判らなくなったり。

なにか問題に直面した時に自分の感情が判らない事だらけなのって不安にもなるし、辛いですよね。

私も過去にこの「自分を中心として物事を考える」
という事を身に付けるのにとても労力を費やしました。

つづく

3. Posted by hirano naomi   2014/06/05 17:41
sさんへ つづき

そして
sさんは自己投資されて学ばれる選択をされ、
知識として「怒りと悲しみの関係性」について
学ばれ、何かしらの気付きを得られ。
更に一歩前に進むために工夫をされていらっしゃるのですね。

私は数年前にこの怒りと悲しみの関係性を知識として学び。とても目から鱗が落ちました^^;;

「私はそんなことはない!」
と、動いてみて結果ビンゴ過ぎて寝込んだ記憶があります^^;;

そしてsさんは
「怒って良い」と思えてきているのですね。
自分を中心にして考えられていますよね。

ここで「私が怒ったら相手がどう感じるだろうか?」とかまず先回りして考えたり。
「相手に悪いから自分の怒りや悲しみは無かった事にする」とか。
そもそも怒っている事自体、気付いていなかったり。
悲しんでいる事も意識上では認識できていなかったり。というのがよく起ると思います。

>そして怒った事自体より、自分の心の反応を直ぐに
>見ようと動きます、
>ここまで来て、あ~、前の私よりうんと楽チン~、

なんですね。

そして今のsさんの持っているスイッチは
「恩着せがましい言葉」なんですね。

「私はあなたの為に~してあげている、してあげた」
なので
「あなたは~するべき」
これはカチーンですね。
動悸もしちゃいますよね。

>怒れる自分に気付き、嬉しくなりました。
>今までは、怒った自分が悪い、相手に申し訳ない、
>私ごときが・・・と自分責めのエキスパートでした
>ので、こんな風に思えるなんて…こんな思考・道が
>あったなんて…知らなかった~、知れて良かった~!

知れて良かったですね。
sさんの持つ力ですね。

>自己肯定感・自尊心、自分が好きだな、と思える幸せの芽が、
>私の中でも本当に少しづつですが育っている気がします。

sさんの力・変化を見せていただいた私も本当に嬉しいです。どうもありがとう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
北の国から(*^^*)*お知らせ* 6月・平日以外の釧路対面カウンセリング日程について