~2015年~そして~平成27年~初めまして、平野みゅうちゃん親子です^^

2015/01/12

朝陽に向かって


こんばんは、

リフレーム・カウンセリングルームの平野 直美です。

こちらを訪れて下さっている皆さまはいかがお過ごしでしょうか?





私は昨夜…ふと…

「あれ?これっていつまで飾るんだっけ?」

 ↓

image




と思いつつも棚上げし

今、外して来ました(笑)




さてさて

今朝は5時40分に家を出て研修に行って来ました。



まだ真っ暗でした!!



なので

朝陽に向かって走ってみました






まだ夜明け前の丹頂鶴 ↓


image


説明がないとなんだかよく分からない程に
小さい(^^;





そろそろ日が昇るわとワクワク ↓


image


と…ここまでは天気良さげだったのですが

結局、太陽は顔を出さずに・・・残念。





ところが目的地に近付くと

いきなり ↓


image


吹雪いていました(^^;








今日の旅のお供に選んだ一冊は ↓

image



ラブレス 桜木 紫乃さん 新潮文庫




私は桜木 紫乃さん作品のファンのひとりなのですが、

もちろん「地元が描かれているので懐かしかったり・嬉しい」

というのもありますが。

それ以外にも「様々な心の問題」が見事に描かれているんです。



例えば

両親のアルコール依存症

父→母への暴言と暴力

その両親を見て育った息子→母への暴言と暴力

夢を持つことなど許されない娘


貧困、そのような歴史的・文化的背景

きょうだい姉妹間葛藤

母と娘

父と息子



奉公先でのレイプ

流産、蒸発、

自死




このように今、現在でもこの世の中でよく起こっているエピソードが

三世代に渡っての世代間連鎖

という形で巧妙に描かれています。



そして・・・・・・・









止まらなくなってきたので、いつかまたこの本については書きたいと思います^^;







「自分を知る」には、まず上の世代について知ること

と言われていますね。

そうする事で

「虐待の世代間連鎖」を自分の下の代には

手渡さなくて済むかもしれませんね。

手渡してしまうとしてもダイレクトなままではなくて

随分薄まると私は思っています。



安全な場所で、

流すべき涙を流し

嘆くべき悲しみを嘆いたら



できれば自分にトラウマを与えた相手を

赦していけるといいですね。

これは「相手の為に」ではなく「自分の為に」

という事だと私は考えています。



なぜなら

被害者のままで居続けるという事を選ぶのは

自分からまだ巻き込まれていっている

という事だと私は考えるためです。







「虐待の世代間連鎖に実は犯人はいない」

という事にいつか本当の意味で気付く日が来るかもしれないですね。


と、私は自分の経験からそう考えています。




こうなっていくと

本当の意味で楽になっていったり

「自分が既に持っている力」に気付いたり

生き残ってきた自分の力を愛を持って見守ることが出来たり、


するかもしれないですね。





携帯からの投稿なので、今日はこの辺で止めておきます。

結構、目がやられました(>_<)







最後に最近知った動画です。

初めて観た時は「凄い」の一言でした。

「Follow Me」 鉄拳さんversion

~私についてきて~ などの意味か、と思いますよ。

   ↓







https://www.youtube.com/watch?v=uPEUY_gYXEA&feature=youtube_gdata_player













それでは、また







トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
~2015年~そして~平成27年~初めまして、平野みゅうちゃん親子です^^