大切な人を自死でなくし のこされた子どもへの精神的なフォロー桜餅と摂食障害…時々、雪

2015/02/28

2/26「私ってダメだな」~からの「いや、ちょっと待てよ」



え~と、先日携帯からの投稿に失敗した記事が
スマフォに保存されていましたので、このまま投稿しちゃいますね^^


    ↓


こんばんは。

リフレーム・カウンセリングルームの

平野 直美です。



2月が終わってしまいますね………………

早い……………(汗)

あれもこれも…………終わっていない………

とため息混じりの本日でしたが。

よく考えると

2月は元々、日数が少ないですもんね^^





先週末は久し振りに、暴風が吹き荒れなく好天でしたが

明日からまた荒れる模様ですね^^:




さてさて私は

今日、締切のあるものを仕上げるのにPcと

今の所、予定している今後のスケジュールとにらめっこでした。


今日中に完成させるのを目標にしていたのですが

タイムオーバーで仕上がらず……



つい

「あ~、こんなにやったのに今日の私は駄目だった」

…と感じながら


その後、子どものお迎えへとトボトボ歩きながら



「いや、待てよ」

「今日は間に合わなかったけど締切は明日だぞ」

「一日余裕を持って早めに動いた私って結構ナイス」

「でもホントは今日中に仕上げて明日は次を手掛けたかったんだね」

「その気持ち、わかるよ~」

「今日の目標には達しなかったとしても今日はホントにベストを尽くしたな~」

「な~んだ、それならぜんぜんOKだ~ だって締切明日だし~^^」

「ハナマル^^」




と「思考」が変化していきました。



この

「私は駄目だ~」 から

   ↓


「いや、待てよ」 と気付き

   ↓  色々考えられて


「そうでもないかも」 と思えて

   ↓  そして


「な~んだ、全然ダメじゃなかった^^」

と更に気付き

   ↓


「私、OK~^^」

と思えるプロセスを書いてみました。





子どもの頃から大人に

なにかと「お前はダメだ」と怒られ続けたり…

「できないこと」を「劣っているダメな事」と言われ続けたり…

成績表の「A」が他のきょうだいより少ないのは何故だ?と毎学期、言われたり・・・


例え言葉で言われなくても

いつも、ため息をつく姿を見たり、舌打ちをされたり

眉をひそめられたりなどの非言語のメッセージを

何年間も長い間、ひしひしと感じていたり…



長い期間、こういった「精神的な虐待」を受けて育つと

なにかうまくいかない事があると

「自動思考」で「私は駄目だ」

と思っちゃいますよね。



実は、私は

なにかを「わからない事・できない事は恥ずかしい事だ」

と思い込んでいました!

という事に数年前にやっと気付きました^^:

「それがバレないように必死に取り繕ってなんとか適応できているフリをしていた自分」

に気付けたんです。


自分はダメで劣っている…と、固く思い込んでいた事すら

自分では気付いていなかったんですね。


おお~、怖っ^^:ですね~

誰も赤ちゃんの時から、自分はダメだ!!と思っていないですから。



それからもうひとつの気付きは

必死に取り繕ってかもしれないけれども

とても適応できていた自分の高い「脳力」

にも気付けました。






話は戻り、

自分をいじめるような

こんな自動思考はもう要りません。

苦しいだけですよね。



全て分かっている

分からない事がなにもない

できない事などなにもない


そんな完璧な人間はいませんね。







なにか「私はダメだ・ダメだからできない」

というような思考パターンがいつも・すぐに出てくる方は


その自動思考はどこから来ているのか?

考えてみるのもいいと思います。

セラピーを受けられる選択をされていらっしゃる方は

専門家と一緒にやってみるのはより効果的でいいと思います。



そして出てきてもいいんです。

出てきた後に

「あ~、私いまダメだと思ってるな~」

と一旦、自分はダメだと感じているご自身をしっかり自分で受け止めてあげてから



「でも…いや、待てよ」

と次を考えられるようになっていくといいですね。





認知行動療法という手法で使う流れの一部なのですが

私は大好きなスキルです。




自分が自分と仲直りして

自分が自分といかに仲良くなれるか?

色々なご自身に対して、優しくなっていけるといいですね^^



過去の私は無意識では

自分で自分の事を大嫌いだったんです。


もちろん無意識なので無自覚でしたけれどね^^:



無意識でそう感じていた自分を、自分で優しくいたわる力が育ち

今では「自分が自分の一番の応援者」となっています。


ここまで来るのには

専門家の力も借り、長い年月がかかりましたけれども

「どんな自分も大好きになれたこと」は

本当に生涯の宝となっています。









それでは、おやすみなさいませ






image


♡今日の きーたん
個体名はまだ不明♡

太陽の加減が素敵でいい写真が撮れたと思ったのですが…
きーたん 小さっ(笑) これじゃスズメに見える^^;





追記:このまま載せましたので 「きーたん写真」は先日の記事と被っています^^









トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Y   2015/03/01 23:00
ヒヨドリ,もしくはエゾヒヨドリかな?と思いました。


http://miyanooka1.sakura.ne.jp/hiyodori.html
2. Posted by Hirano Naomi   2015/03/02 22:44

Yさんへ

こんばんは、
コメントありがとうございます。

そして教えて下さってありがとうございます。

「エゾヒヨドリ」
口ばしや尾、柄など似ていますので
たぶん限りなく きーたん はエゾヒヨドリかと
思われます^^

この4年ほどずっと知りたかった事ですのでメッチャ嬉しく感謝しています。

それでは、平野より
3. Posted by Y   2015/03/02 22:49
そうですか,えぞひよどりですか。
私もそういえばときどき見かけるのがそうかも。
調べて初めて知り,より愛着がわきました。
いつも記事を楽しみにしています。
4. Posted by Hirano Naomi   2015/03/03 15:22
Yさんへ
こんにちは、
はい、教えて下さったエゾヒヨドリに姿形がとても似ています。
鳴き方に特徴があるので、今度動画を探して確認してみます。
今、動画が見られない環境なのです^^;

私も きーたん にとても愛着を持っています。
野鳥、まだ堅いけれども中ではしっかり芽吹きの
準備をしている木々たち。土の中の植物たち。
自分のことを「リアル ハイジ」または「赤毛のアン」かよ~^^;
と、たまに自身にツッコミを入れますが、愛着を持てる対象が多い程、
人生は豊かだよな^^とも思っています。

それでは

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
大切な人を自死でなくし のこされた子どもへの精神的なフォロー桜餅と摂食障害…時々、雪