【追記あり】*お知らせ*10/9の釧路でのセラピーについてゆっくり自分を信じて待ってあげる時間

2015/10/10

「自分をやらせたら自分は世界一」ってこと

image


昨日の夕焼け…綺麗だった。
私の住むこの釧路の夕日は【世界三大夕日】のひとつ…と言われている。

私がそれについて初めて知ったのはもう20年前とかで。漁師さんから聴いたこと。世界中の港に入る漁船の方たちの口コミで拡がったらしい。

その当時の私は「ふ~ん、そうなんだ~」位にしか受け止めていなかったんだけれど。その後、すっかり釧路市民には定着したのかもしれないと感じる。私もそのすっかり定着した中のひとり^^
なので夕日を見るのが好き。世界で3本の指に入るような夕日を見ない手はない。


所で…自分自身のことって本当に目に見えない…見えにくいもの。たとえ行動は見えても「なぜその行動が必要なのか?」についての「思考や感情」は自分でも理解しにくい。

セラピーを受ける選択をして自分に向き合い続けて…私の苦しさの原因が「アダルトチルドレン・共依存症であること」と気付き。最初は半ば興奮状態で回復作業に取り組んだ。

でも…一番見えにくい自分自身。いったい私はアダルトチルドレン・共依存症から回復しているのか?同じところでグルグル停滞しているんじゃないか?どうせ私はなにをやってもうまくいかないから…などなど感じていた時期が私にはあった。

螺旋階段をただグルグルと回っているだけ…?と。共に行く仲間と比較して自分の回復は劣っている…と気になって仕方がない時期が私にはあった。つい比較しちゃうのにも意味があると私は思う。自尊心のなさから自分はこれでいいんだ!と思えなかった。

「私…全然、退行しないんです」とセラピストに無意識での悪気のない難癖を着けたこともある(笑)

でも私は諦めなかった。半ば挫けても…もうそんな自分自身が嫌になっちゃっても…持っていた「苦しさ」から回復したかった。

時が流れ…ふと気付くと「私は回復したい」から「私はもっと成長したい」と思っている自分に気付いた。

人間としての更なる成長をしたい…と思っている時点でもう私は大きく回復している、と思えてなんだか嬉しかった。

その頃から自分自身の変化が自分でもわかるようになっていったのかも…と思う。

過去の私ならここでああしていたであろう(爆発ですね^^:)…でも今日はちゃんと相手にIメッセージで気持ちを伝えられた…スゲ~、私…進化してる(>_<)とか。

苦しい時にいったい自分になにが起こっていてこんなに苦しいのか?考えてみて。物理的に忙し過ぎてるから抱えているひとつを今は後回しにしようという優先順位を大切にする選択ができたり。

この苦しさは今、起こっている出来事からのみ来ている苦しさではなくて、過去の似た経験を思い起こしてそことゴッチャにして2倍も3倍も尚更苦しいんだ…と気付けて。過去のイヤだった体験をセラピーなどで扱っていくことができて結果として今、起こっている問題と過去の経験をしっかり分けて整理して考えられたり。

自分をコントロール出来ないような感じがして落ち込んだ時には
過去に受けた心理アセスメントの紙をひっぱり出しては、「そう言えば私って2つの物事を同時に行うのがやや苦手な傾向を持つ脳の特性があるんだった^^:」と自己理解を経験から更に深め続けられたり。「じゃっ、しゃ~ないね~^^」と自分イジメをしなくても済むようになっていったり。


こうやってコツコツと自己理解を深められたり。

特に自分に害がある人間と境界線を引き…例えば距離を置いたり…付き合いじたいを止めたりして安全な居場所をまずは確保したり。

習うことの出来なかった健全な私にとっては新しい思考、メッセージを本やCDなどで日々、自分に入れ続け。疲れたらしっかり休み自分の世話(セルフケア)を責任もってし続け。

専門家の力を借りて健全な思考を研ぎ澄まし…恐る恐るでも勇気を持って一歩ずつでも行動に移し続けていった賜物でここまで来れたと思っている。

自分の持っていたパワーに気付けてそんな自分を自分で信じられるようになっていき…その結果として自分を好きになっていった。

こういうのも後で気付くんだけれども…「あ~、私って自分のこと嫌いだったんだな~」って(笑)




image


上の写真の夕焼けとこの↑夕焼けが刻一刻と違っているように

ケアを受け「回復したい」と日々、無理なく動いていると。
私は絶対この夕焼けのように刻一刻と変わっていけると思っている。

ご自身の進化は見えにくいものだと言われているけれど。いつかそこに気付けていけるようになっていくと私は自身の経験からそう思っています。


image


「ふ~ん、そうなんだ~」から

ご自身にとってせっかくの「世界で一番のご自身」の生き生きとした人生

私は手に入れて、そこ見られて本当に良かった。


過酷な中を生き残ってきた「力」のある…持っている人々をこの業界用語で「サバイバー」と言います。

その力に気付いていけるといいですね。


それでは







リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです ↓

https://www.facebook.com/refreme

blogにupしていないことも、書いていますので宜しかったらどうぞ!



ご予約・お問い合わせはこちらへどうぞ ↓

http://blog.livedoor.jp/naomiyo929/archives/27417524.html





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【追記あり】*お知らせ*10/9の釧路でのセラピーについてゆっくり自分を信じて待ってあげる時間