8/9 「パニック障害・不安障害をもつ方のためのセルフヘルプ・グループ」Mr.summer time👒

2017/08/11

ワーカホリックの夏休み✨



image



釧路の心理セラピスト
リフレーム・カウンセリングルームの平野直美です。

こんばんは!

私の住む釧路市は、すっかり涼しくてですね…………

あの7月の暑さはどこへ行ってしまったのか?
と思いつつも、(涼しい)真夏を満喫しています🍑

こちらを訪れて下さっている皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?


私は今日から夏期休暇とさせていただいております!




さてさて
私が講師をさせていただいた心理学講座に参加された方々はご存知かと思いますが

私は物凄〜〜い仕事依存症者であります(笑)


癒す前は…自分の心のケアを受けていなかった当時は知識もなかったのもあって
無自覚でしたが

セラピーを受け初めて、心理の著書を読み漁ったり、心理学講座に参加したり
歪んだ認知や思考から回復してゆくために何年間もCDを聴いたりするうちに

私って物凄〜〜い仕事依存症者だよな^_^;

と気付きました。


生育歴や育った地域の歴史的、文化的背景からもそうなって当然だと思えます。


ワーカホリックだけではなく、アルコールや恋愛依存、共依存
食べ吐きなどの摂食障害もありましたので、行為としての依存症

あとは 怒りに依存するという側面も持っていました。


これらの依存症の背景は自己治療であると言われていますので
悪いことではないと言えますね。

ただ家族や、自分自身も大変です。



仕事依存に話は戻りますね。



職場でまわりから評価されることで 、初めて自分で自分をOK!と評価できていたんだと思います。



自分で自分をどう思うか?
ではなくて、

他者や世の中の目に、自分がどう映るか?
がとても重要でした。というか、それが全てであったと言えると思います。



パニック障害を発症してからは、何年か置きに朝、仕事に行けなくなる
行きたくない…そんな自分を猛烈に責めて嫌いで、休みの電話も入れたくない…

無断欠勤をする…行きにくくなる…


もう、人間失格 くらいに思っていました(笑)




働いていない人間は駄目な人間である

…という歪んだ認知がしっかりと構築されていましたので。



朝、起きられない…仕事に行きたくないのは
うつの症状が出ていただけの話だったのかもしれませんね。

あとは仕事の成果があげられなくなった自分には価値がないと感じていたり、
会社の在り方や、人間関係がブラックだっただけかもしれません。




仕事に猛烈に熱中し続ける事で、当然、子どもにも寂しい思いをさせたかもしれません。
子どもの許可を得ていないので、ここには書きませんが。




様々な依存症の背景には うつ があると言われていますね。
うつが出てこないように、自分のうつをぎゅうぎゅうに抑圧しておくために
何かに依存する

私のもっていた症状、問題行動である依存症のメリットでした。




…という事で、私の中の仕事依存症とうまく折り合いをつける策として

メリハリをつけて、休みを設ける
そして休みの日には頑張って休む!

という目標を掲げて数年が経っています。



セラピーを受け初めて、パニック発作が私の場合はピタリととまり
そこから、初めて自分の思考や認知、行動パターンの不全さに気付けていった訳です。


あんなに認知や思考が歪んでいたんですからパニック障害も発症して当然だったと思います。


自分にはなにかがあるみたい…
とセラピーを継続して受ける選択ができた事も自分を褒めたいです。

受けているうちに、押し込めてきた うつもしっかり出てきました。
出てこなければ直面できませんから。




症状や問題行動というサイン
思春期に問題行動を起こせたのもですが
発症できるのも、ありがたい自分の力ですね。


きっと私の無意識が猛烈に
変わりたい!
このままの認知や思考のままの生き方は生きにくくて辛過ぎる!

と言っていたのかもしれませんね。




話が膨らみ過ぎてきたので、この辺で(笑)



頑張って休んでいます。

ゆっくりと寝て、好きな事をして、家族と過ごし、好きな場所に行き
猫と遊び、撮りためたドキュメンタリーを見たり
夜更かししたり、美味しいものを食べたり

エネルギー充電バッチリにして、また18日からお仕事をさせて頂きます。



そして、今はこういう自分に自分でOKを出せる!
バッチリ!と感じられるようになっている自分の回復や人間としての成長が
しみじみと嬉しいです。


自分で自分を評価できる
どんな自分でも、自分で自分を受け容れてOKを出せる



生まれてきた時には、みんな自尊心の塊なんですけどね…………

いかに自尊心がズタボロ・皆無・0 ゼロ になってゆくのか…………


ここは悲しい現実ですけどね。



まとめると

私は現在も✨絶賛ワーカホリック健在✨であります(笑)
このお仕事をさせていただけるのは、とても楽しいです。


現在はセラピストであるのと同時に経営者でもありますので
せっかく根底にもっている仕事依存症を手放すのは勿体無い(笑)


私からセラピストを奪ってしまうと
子どもに過干渉をする、侵入する母になりかねません。


なので絶賛 依存中の方が人生のバランスが取れている
って事になりますね🍏






ただノーケア時代の私との違いは
きっちり休めるようになっていること。

休んでいる自分=怠けている駄目な自分という認知の歪みは修正できている


自分責め、罪悪感をもつ自分から回復してゆくのには何年もかかりました。

何十年もかけて構築された思考や認知の歪みは、いっぺんには変化しませんので。




頭の中に流れていた古いカセット
お前は駄目だ、お前のここがこんなに変で劣っている
お前のような人間は世の中に受け容れられる訳がない
私のような人間にはなんの価値もない

でもとりあえずの生き残ってゆく知恵として
なにもかんじなくするためにニコニコ仮面を被って生き残ってきました。

生き残ってきた自分=凄い力の持ち主

ですね。





それでは、また





👒写真は先日、久し振りに行ってきた大好きスポットであるオンネトー
曇り空だと湖面のエメラルドグリーンさがイマイチで

イマイチなアングルの一枚が一番、綺麗にうつっていました🐈






image

























頭の中に流れていた子どもの頃に周りから浴び続けてきた古いネガティヴな言葉たち

そこから回復してゆくのには、
新しい健全なメッセージを入れ続けてゆくのが必要だと私は自身の経験から感じています。


私が何年も聴き続けてきたCDたちの2枚がここに貼れるようなので
貼っておきますね。

ご参考までに✨





聴くことは私の一番のセルフケア(自分の世話)だったように思います。







🍑追記🍉

上にリンクを貼ったAmazonさんで取り扱っているCDはプレミアがついて定価ではないようですので💦
こちらのリンクを貼りますね ⬇︎


http://www.iff.co.jp/book/dl/bk_062.html


電子書籍…実は私は購入したことがありません。
購入された方もいらっしゃると思いますので、どんな感じか?コメント付けて下さいますと
嬉しいです。

いつか私も電子書籍デビューの日が来るかも?

絶版になってしまっている著書など読みたいのが実はいっぱいあります。






コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
8/9 「パニック障害・不安障害をもつ方のためのセルフヘルプ・グループ」Mr.summer time👒