【釧路】コミュニケーションWS   第2回  〜聴く技術〜 子ども達の笑顔が証拠

2019/07/17

ナンバーワン セラピーキャット まる先生

こんにちは!

平野です。


ジメジメ、蝦夷梅雨の北海道釧路市から。

除湿器が必要ですね・・・


こちらを訪れて下さっている皆様は、いかがお過ごしでしょうか?




ここ数日、色々とありまして

無駄にうろうろ(無駄ではないんです・自分で自分を調整して落ち着かせているだけ)

居ても立っても居られない、というような衝動に駆られています。

原因は理解しているので、こういう状態になるのは自然な事なのですが。



専門家の義務として、SV(スーパーバイズ)と自分のセラピーを受け続ける必要があり

私ももちろん、そうしていますが

間に合わない・追っつかない時もあります。


今(笑)

ここ(笑)

にいる私(笑)





普段から「自分の世話」はセラピストの義務として行っていますが

こんな時には、まる先生の存在がとっても大きいです。



まる先生、本当にありがとう!































https://livedoor.blogimg.jp/naomiyo929/imgs/f/8/f806b748.jpg" target="_blank">FullSizeRender






目やに とらないで写真を撮って アップしてごめんね。


あと猫ハウスが元ヤン柄でごめんね~~~



(この猫ハウス 先代猫さんのものだったんですが・昨日、お別れしました)


思い出は、私の胸の中にちゃんとあります。




幼少期から、私の安全基地は「猫との暮らし」でしたので


歴代の猫さんに、本当に感謝です。


こうして生き残って


ふと立ち上がり


学びと癒しを続けて、誰かの役に立つことで貢献できていますので。



まる先生に癒され、猫パンチで喝を入れてもらい(笑)通常業務に戻れます!






また、書くという作業は、私にとっての自分の世話の作業のひとつです。


脳を大量に使いますので、書き終えた頃には

だいたい落ち着いています。






class="pict">















FullSizeRender











こんな時もあら~わな(笑)

という感じで、今日も通常業務に戻ります。戻れます。




読んで下さった方々

どうもありがとう!





ではでは




リフレーム・カウンセリングルーム
代表

傷はボロボロ出す派の心理セラピスト 平野 直美






コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【釧路】コミュニケーションWS   第2回  〜聴く技術〜 子ども達の笑顔が証拠