ねこログ

2015/01/19

初めまして、平野みゅうちゃん親子です^^



こんにちは、

リフレーム・カウンセリングルームの平野 直美です。



この数日、大荒れでしたね(><)

私が住む雪が少ない釧路も、夜中は物凄く強風でした。

こちらを訪れて下さっている皆様がお住まいの地域はいかがでしたか?







さてさて今日は

私は年末からお正月にかけて子どもの水疱瘡罹患があったりで^^;

そう言えば、今年はあまりお正月気分を味わっていないな~と思いましたので

ちょっと味わってみたいと思います。



年越し・お正月と言えば・・・

紅白・お節・初詣(←今年は行ってない)・お年玉・(紅鮭の)飯寿司

山田花子さんが車の運転対決をするというお正月番組(←が個人的に好き)


などなどが思い起こされる私です。




みなさん、子ども時代のお正月にはどのような遊びをされていましたか?

私は百人一首や人生ゲーム・双六などをしていた記憶があります。




では、今日は

百人一首をしてみたいと思います。



      




読手(私): 己れても末に 逢はむとぞ思ふ~~~~


       
                            
      












BlogPaint






凄いね~、ぶっち君(猫ちゃん:本名:小渕)

猫ちゃんなのに百人一首ができるんだね~







ここで、ぶっち君の母・平野みゅうちゃんから一言どうぞ↓










BlogPaint










    そうよ!! なんですね~^^



(あっ・・・なんだか「どや顔」ですが実物はとても美人さんです^^)




私:猫ちゃんなのに百人一首のできるお子さん!!凄いですね^^


  所でお母さん! 自尊心がお高いように私は感じ、お伝えしたくなりました。

  自尊心が高い母親の元で育つとお子さんの自尊心・自己肯定感も

  育まれますもんね~。


  それってお子さんにとっては「一番のプレゼント」だと私は思いますよ。


  所でお母さんのその自尊心の高さはどこから来ているとお考えですか?














BlogPaint







みゅうちゃん:そうね~

  私の育ての親の平野直美がこれが元々は自尊心のかけらもなくってね

  パニック障害になった自分を責めていたくらいなのよ

  でも彼女はセラピーを受けられる場を見付け、パニック発作がピタリと止まり

  そこから自分の問題に次々と気付いたみたいね

  何年も回復に役に立つ本を読みCDをずっと聴いていたわ

  なので一緒にいる私も聴かされた訳ね

  だからかしら・・・




私:そうなんですか~、

  お母さんの自尊心の高さは一緒にずっと聴いていた

  CDのお陰とお考えなんですね?





みゅうちゃん:う~ん、そうね・・・でもその前から持っていたわね

  私は育ての親の平野直美になにをやっても

  「かわいい・かわいい」と言われ続けイイコイイコされ

  褒められ続けナデナデされ微笑みかけられたの

  そして否定的な事は言われなかったわね


  だから私には「根拠のない自信」ってのが身に付いたのかもしれないわ

  
  まぁ私も小さい時はやんちゃだったからテッシュひと箱全部出して

  遊んで散らかしたりして叱られた事もあったけれども

  彼女からの愛情をしっかりと感じられていたので

  叱られても脳や身体が凍り付かずに済んでいたのね、きっと





私:そうなんですか~、

   「根拠のない自信」は養育者の方と

   愛情をしっかりと感じられる関係性を持てていたことが

   大きいとお考えなんですね? 

 

  



BlogPaint






みゅうちゃん:

  根拠のない自信がベースにあるとなにか困難なことがあっても

  生きにくさや「究極の淋しさや見捨てられ不安」

  に翻弄されなくても済むかもしれないわよね

 
だって困難なことは起こるわよね~、

 
そこをいかに「自分で考えて選んで」 失敗したとしても

  自分の力にしていくかじゃないかしらね~


  子育てだってそうよね、 

  いちいち子どもの選ぶことに反対はしないの、私

 
そこを子どもが自分の力で乗り越えたり、乗り越えようとすること自体が

  ずっとその子の自信や力に繋がると考えているから

  愛情を持って見守ることを心がけているのよね








              ↓  その子






  
BlogPaint









私:今日は貴重なお話ありがとうございました^^
  

 またいつか出演オファーさせて頂きますね


みゅうちゃん: いいわよ!!
   
  みんなで「虹の橋」で遊んでいるからいつでも声をかけてちょうだい










という事で今日は私の先代猫さんたちで猫漫画を作ってみました。

このブログのお絵かきツールというので、

以前は写真の加工もキーボードで可能だったと思うのですが

なぜか出来ずに今回は



     
マウスで手書き文字^^;


となりました(笑)





目標のひとつが「猫ちゃんを抱っこして受けられるセラピー」の場を

持つことの私です。



本当にあのゴロンゴロン・ふみふみ・仕草・におい・・・

ねこちゃんが「ただそこに居るだけ」で癒される私です。



子どもの頃から、ねこちゃんと一緒に居ることで

「自分の安全基地」を作れていたと感じています。

自分の世話・セルフケアも子どもの頃からしていた、

という事ですね。




当時の紙媒体の写真をカメラで撮って載せるというアナログな事を

しましたので、写真には限りがあるので

猫まんが、もう作れないかもしれません^^; 残念





でも



当然また猫ちゃんと暮らす日々を
          
           企んでいる私です^^







それでは、また


     




naomiyo929 at 15:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)