不安障害カウンセリング

2016/10/06

コラボ企画 を終えて

image




~心のケア~ リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

私の住む釧路市

昨夜も、今日もなんだかとっても寒いです。

私の周りでは風邪が流行っているようで、そういう私もまたしても風邪ひき中…ですが^^;

こちらを訪れて下さっている皆さまはいかがお過ごしでしょうか?



もう既に10月に突入してしまいましたが

9月に、初めての試みであるコラボ企画

そしてセラピーに通われていらっしゃる、心理について認識の高い方々を限定対象としました

「パニック・不安障害」についての講座を行いました。


「知識は力なり」と言われていますが、私自身も本当にその通りだと常々、感じているひとりです。


知識として知る事で、胸に秘めるしかなかった大きな大きな不安が随分、薄まっていったりしましたので。

例えば、私は不安障害の中のパニック障害であったという経験を持ちます。

ドクターからの説明は「パニック障害」というものでしたが

診断書には「不安神経症」と書かれていたように記憶しています。


当時はなんの知識もなく、今のようにネット上で簡単に調べられるような時代でもなかったので

「パニック障害って説明だったのに私は本当は不安神経症っていう別の病気だったのか?」

「本人に伝えないって事は凄く重い病気なのかもしれない……………」

というような妄想が暴走していた記憶があります^^;;



苦しみの渦中にいた頃にパニック障害についての著書を読んでみましたが、知るのが怖くて読めない…

当時はまだ、今のようにはパニック障害というものが広く世に知られていなかったからだと思うのですが

その著書は専門家向けの内容で、とにかく専門用語だらけで、当時の私にとってはちんぷんかんぷん!

数ページ読んでみてお手上げな内容でした。

そして、(得意の)読めない自分を責める・・・



専門用語以外にあった「パニック障害になる原因は分かっていません」

というような部分のみがネガティブに頭にこびりついてしまい

「原因が分からないって事はやっぱり私は一生、治らないんだ

「だって服薬して、もう10年も経つのに発作は起きる…やっぱり私はもうダメなんだ…

得意のなんでも悪意にとる思考で落胆していた記憶があります。

誰にも言えずに



あの当時の私に、分かりやすく噛み砕いた言葉と、「大丈夫だと思いますよ」の心強い表情で

脳で起きていた事を教えてあげたいです。

タイムマシンは残念ながら持っていないのでそれは不可能ですが(笑)


でも、あの当時の経験があるからこそ、私は心理の専門家になりましたので

やっぱり人生に無駄なことはないんだな、と思っています。




脳で起きている事

とても分かりやすかったですね!


また、私が不安障害の中のパニック障害をなぜ発症したのか?の背景についてや

トラウマ、外傷体験について

過去の経験が、人生においてどのような影響をあたえているのか?

などなど

なにかしらの気付きのきっかけになり得ていましたらとても嬉しいです。



私が話した事への質問などございましたら、遠慮なくコメントをつけて下さいませ!

参加されてみてのご自身の感想も大歓迎です。




ちなみに私の感想は、温かなとてもよい時間であったと思っています。

その反面、喉の調子が悪かったのもありますが、緊張もしていたようで

「緊張するってことは私もやっぱり普通の人間だったんだな~」

と、なぜか嬉しく感じました(笑)




最後に

知らない人の中に入る事が苦手な方もいらっしゃったかもしれません。


また、参加される選択をされた方々の中には、参加される事に対して

もしかしたら様々な事情や葛藤があったかもしれません。

過去の私は葛藤だらけでした。

過去だけではなく、私には小さな子どもがおりますので今でもたま~に

「さて、どうする?」となる事があります。


なので様々な手配をされて、時間やお金の自己投資をする選択をされて

あの場にいらっしゃった

もうそれだけで、もう既に凄い!

と私は感じ、胸が熱くなる思いであの場にいました。

やっぱり過去の自分の姿と重なってしまいますので・・・



なにかひとつでも持ち帰って下さっていれば、とても幸いに思います。







それでは、また













naomiyo929 at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016/09/10

「負ける」「闘う」「強い心」ってなに?


image


~心のケア~ リフレーム・カウンセリングルームの平野です。


「不安やパニックに負けない強い心をつくる」

というような「広告」が先日こちらのblogに表記されていました。

私がここ最近「不安やパニック」という文言をPCなどで多く書いていたので、このキーワードの広告が表記されたのか、と思います。

あっ、お断りしておきたい事としてこちらのblogのtopに書いているのですが

リフレーム・カウンセリングルームとこちらのblog内に出てくる広告は一切関係ありません。

全く知らない所の広告です。

当ルームでお勧めしたり、信頼できる連携先であるという事では全くありませんのでお間違いになられないように、ご注意いただければと思います!

紛らわしいので広告を外すように、していきたいとは考えています。



さて、「不安やパニックに負けない強い心をつくる」

というフレーズに、私としては違和感を持ちましたので書きたくなりました。

どこか他のカウンセリング機関の広告だった気もしますので、そちらの考え方を否定する気はありませんので

こっそりと(笑)



どこに違和感を持ったのか?というと

「不安やパニック症状が出るのは心が弱いからである」

と受け取る方がもしかしたらいらっしゃるかもしれません。

さて、果たしてメンタルが弱いから症状が出るんでしょうか?

私は違うと考えています。

症状が出るのは実際には、本当に苦しいですよね。

私も突然、パニック障害の症状が出て服薬していても10年間、症状が続いた経験があるので、その苦しさや絶望感も経験しています。

その苦しみの渦中の時には、自分の心が弱いから発症して、且つ治らないと感じていました。

得意の自分責めモードで。


セラピーを受けられる場を見つけて、藁にもすがる思いで連絡し

即効性のあるアプローチ、一度のセラピーでピタリと発作が起きなくなり、そこから自分の問題に次々と気付いていき

その自分の問題や、過去のトラウマ体験を認識できるように力がついてきたら

症状を出せるのは、心が弱いからではなくてむしろ健康!自然なことである

と思えるようになりました。


なので
症状に「負けない」という表現や

闘病という字にもあるように

「症状と闘う」ってのもなんか違うよな~、と思ってしまいます。


負けている訳ではないと思っていますし

闘ってもよくならないと私は感じています。

人生に於いて、負けている弱い心の持ち主だから発症した自分

という「私の間違った思い込み」となんとか闘おう!勝とう!と、私がやっていたことは

夜はお酒に逃げて自分をマヒさせて一時だけでも不安を感じなくする行為や

昼間は自分にはなにも起こっていないから大丈夫!と思い込もうと否認することくらいでした。

これらも勿論、自己治療のためや自分を守る、防衛するための行為なので当時の私にとっては必要なプロセスであったと思います。



話しは逸れるかもですが
例えば、不登校というテーマがありますね。

これって、果たしてその子が弱い心だから学校に行けないんでしょうか?

怠け癖がついちゃいますか?

なにかあるから学校に行かない賢い選択ができる子は私はとても力のある子であると思っています。

その「なにか」は子ども自身は認識できていないとしても。




このように皆さん、元々、力を持っています。



いじめの加害者側にいる子どもたちも
それは、もしかしたら周りの大人に向けた「助けて!」のサインなのかもしれないですね。

このようにいじめ被害に遭った子どもも、加害者側にいる子どもも、心のケアが必要な対象であると私は思っています。


いじめの経験はその後の人生に於いて、心の後遺症となって人間関係に様々な影響を起こしてしまうという事は、こちらを訪れて下さっている心について認識の高い方々は既にお気付きかと思います。



それでは、また書きますね。





また改めてご案内しますが
思春期の子どもへのカウンセリングのトレーニングを修了し、思春期のカウンセリングも既に行っています。

今まで中学1年生から19才までの方々のカウンセリングについてのお問合せには、信頼できる連携先を責任を持ってご紹介させていただいておりましたが、現在は行っております。


今まで多くの思春期の方々のお問合せがありましたが、皆さま質の高い心理の専門家の所に辿り着けているといいな、と思っています。








ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ
        ⬇
http://blog.livedoor.jp/naomiyo929/archives/27417524.html



対象年齢 5歳からシニアまで

スカイプによるカウンセリングでも全国に対応中です。






naomiyo929 at 07:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016/04/13

メール返信が遅くなっています

image


~心のケア~ リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

全国から桜の便りが届くたびに
日本って長いな~、と思います。
私の住む釧路市…だいぶ春めいてはきましたが、今朝は薄手の手袋があってもいいな~、と感じるような体感温度。

夕方、桜の木を見上げてみたら蕾はまだまだ硬くクローズしている模様でした。

こちらを訪れて下さっている皆さまはいかがお過ごしですか?


え~と、この数日 お問い合わせやご予約についてのこちらからのメール返信がすっかり遅くなっています(>_<)

今夜こそは!と思って帰宅したのですが、メール返信の時間の目安としています21時を過ぎてしまいました。

明日には返信をさせて頂きますので、もう暫しお待ち下さいませ。

通常、3日以内にメールの返信はさせて頂いておりますので

今回、もし不安に感じられる方がいらっしゃったら…と考えまして、まずはこちらでお伝え致します。

実はこう見えて割りと要領は悪い方なんです…私( ^-^)ノ∠※。.:*




それでは、また




image


先月、通過した鶴居村で見付けたフキノトウ




image


何十年ぶりかでフキノトウ味噌を作ってみました

おいしかったですよ^^






image


この方もこんな格好で爆睡中です^^








naomiyo929 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016/03/21

更新していなくても見に来て下さっている方々へ

image




~心のケア~ リフレーム・カウンセリングルーム 平野です。

とても久し振りの更新となります。約1ヶ月ぶりかな…

更新していなくても日々、沢山の方々がこちらを訪れて下さる事…

とても嬉しく感じていました。

感謝です!

私の原動力のひとつになっていますので。








この1ヶ月程で


image






image



こんなに積もっていた雪もかなり溶け













image



雛祭りも終わり













今年の


image


芽吹きも  ↓




image


このように力強く進んでいますね。













この方も 


image


元気に日々、やんちゃをしています^^







私も

自信をもって一歩ずつ

歩き続けていきたいと思っています。


これからも…変わらずに








それでは、また書きますね




リフレーム・カウンセリングルーム/平野 直美













naomiyo929 at 00:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016/02/19

樹氷

image


こんにちは

リフレーム・カウンセリングルーム 平野です。

私の住む今朝の釧路市

このように樹氷がとっても綺麗でした^^

市内で樹氷を見られるのは珍しいように感じるのは私だけでしょうか・・・?









image








image




樹氷三連発でした☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;







綺麗なものを見て綺麗って思えるのって豊かな事だと私は思っています。

激しい症状が何年も続いていたり、日常生活を送るのが大変だったり

人間関係がいつもうまくいかずに心が苦しい時など

「現在進行形で まさに症状に支配されている最中」な頃には

私はもしかしたら、このような光景に出くわしても

絶望感でいっぱいで、目にも留まらなかったかもしれません。

そんな余裕なんてない・・・とか

そんなものにフォーカスしている場合じゃない・・・とか

目の前に綺麗な光景があっても気付かずにいたかもしれません。




そう言う意味では、私の場合は症状の激しさでいっぱいいっぱいで

自身が抱える大きな問題から目をそらす事ができていたのかもしれませんね。


症状というサインのお陰で最大限に自分を守れていたのかもしれません。


頭の中は「今夜は発作(症状)が起きるか?の不安」でいっぱいで、「自身の持つ心の傷・トラウマ」に直面せずに済んでいました。


出していた症状が役に立っていた

メリットがあった

という事ですね。



「神は乗り越えられる試練しか与えない」

そんな正論を私は書くつもりはありません。



だって症状に支配されていた頃の私には、そのようなコトバは あまり役にも立たなかったと思いますから。




「どんな自分も 自分で自分を受け容れる」

というコトバも もちろん軽く書いている訳ではありません。



そこに至るまでには…どんなに時間がかかったか?大きな大きな作業であったのか?を

自身の経験から感じているからです。




服薬していてもパニック発作が10年続き…ある日、新聞記事で見付けた心理療法を受けられる場を知り

直ちに電話をし

一度の面接で発作がピタリと起きなくなり

そこから初めて回復への道のりを歩き出せたと思っています。



無理なく・・・
ぼちぼちと

勇気を持って・・・一歩ずつ歩んで来ることを選択できて

本当に良かったと、自身の経験からそう思っています。




こちらを訪れて下さっている方々の中で「回復を願う方々」は

いつか凍りついたままの心が・・・氷が溶けていく時がくるといいですね。




北海道もあともう少しで春がやってきますから。




ではでは、また












最後にこの方も元気に毎日やんちゃをしています^^;



image







ご予約・お問い合わせはこちらへどうぞ ↓
http://refreme.blog.jp/archives/27417524.html






naomiyo929 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)