依存症

2017/04/21

🌿明日4/22 「地域のための心理学講座」です🍃

image



明日、「地域のための心理学講座」を釧路市交流プラザさいわいにて開催します。

参加お申込みを下さっている、
参加される選択をされている

力のある皆さまと明日、お会いできる事を楽しみにしていますね🍀



知識は力なり です!





「様々な依存症」についての内容は、数年前の白糠町での連続講座以来になります。

四年前とかでしょうか、、、❔







詳細はこちら→


それでは、また




家族と子どもケア・サポートチーム 副代表 平野直美





image


本日の夕日







image


まるる君も元気です( ´艸`)




naomiyo929 at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016/10/25

なにが「普通」なのかわからない状態

image




~心のケア~ リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

家族、家庭として、機能していないといえるような状況での生育歴を持つと

いったいなにが普通なのか?

という事が分からないまま、大人になっていても不思議ではないかもしれません。

機能していない家庭とは、例えば…

いつも両親が取っ組み合いの喧嘩をしていたり、いつも怒鳴り声が飛び交っていたり

ケガをしている母親や、怯える下のきょうだいを幼いながらに守ろうとしていたり



大人が、なにかあるといつも、自殺願望を子どもの聞こえる所で口にしたり

叩かれたり、蹴られたり、
お前なんか産まなければ良かった、
死ね…と言われたり


…などなど、虐待と分かりやすい家庭や。




怒鳴り合いの喧嘩はなくても、いつも親が冷戦状態で口も聞かなかったり

母親にいつも父親の悪口や愚痴を聞かされて育ったり


身体を壊しているのに、お酒を飲み続ける親をなんとか今夜はなだめよう、早く寝かせようと、健気に頑張ったり、お酒を捨てたり隠したり

宗教について家族内で秘密や争いがあったり

親のギャンブルや買い物依存の借金などで、いつもお金の心配を子どもがしていたり

いつも誰かと比較されて、自分はこのままでは愛されないからもっと頑張らなければならないんだ!のメッセージを浴びて育ったり

友達や恋人とのメールや手紙、日記などを親に勝手に見られたり、SNSなどをチェックされていたり

部屋に勝手に入られたり

秘密を持つ事を、言葉巧みに禁じられたり

親の望む習い事三昧や進路で、子どもなのにヘトヘトだったり

自分の事なのに、いつも親が決めてしまったり



……などなど沢山の出来事、それぞれの家族の力動があると思います。

そして、これらのことは、とても頻繁に家族内で起こっている事だと思います。




このような過酷な中を生き延びてきた方々は、もうそれだけで

力があるという事に気付いていけると思います。


長い間かかって混乱し続けていると

なにが普通なのかが分からないまま大人になっていても当然だと私は思います。


自分は今のままでは愛されないから
もっと頑張らなければならないんだ…

こう感じることは、もうそれだけで普通ではないですよね。

そのままの自分を受け容れて欲しかったですね。


もっともっともっと

と頑張り続けてきていて

自分のできていない事、ダメな自分探しの人生は辛いです。

ヘトヘトになっているのに、休むことを自分に許可しなかったり

辛いですよね。


過去の経験が、今の人生にどのように影響しているのか?

考えていくのもいいと思います。

もちろん虐待の世代間連鎖に犯人はいませんので、親を責めるのが目的ではないのですが

自分が虐待を受けていた事を自分で認める事も、最初は辛い作業かもしれません。

親が怖かったり、罪悪感が沸いたり、親が可哀想だから…

私は全然、大丈夫だから!

などと感じるかもしれませんが

そう感じている事が、既に健全ではなかったんだな~

と私は自身の経験から、そう思っています。

なにが普通で、どういう考え方が健全な思考なのかが分からなかったという事です。



それでは、また










image





image




image





naomiyo929 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)