共依存

2017/04/25

地域のための心理学講座 終えました!


image



~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

桜前線もやっと北海道に上陸したようですね🌸

私の住む釧路への上陸も楽しみな私です。

こちらを訪れて下さっている皆さまは
いかがお過ごしでしょうか?



さてさて

先日4/22(土)に私が副代表をつとめる「家族と子どもケアサポートチーム」主催の

「地域のための心理学講座」を終えました。



image






当日お会いできた方々
急に来られなくなった方々
また、様々なことで今回は参加されない選択をされた方々、との

「つながり合い」をひとり感じつつ
お話をさせて頂けた事に感謝です!

また当日、私がお話した事についてのご質問などは

こちらにコメントとして下されば、と思います。

沢山の方が閲覧している場ですので
もちろん匿名でOKです。

コメント返信は時間がかかるかもですが100パーセントさせて頂いています。

ご質問ではなくて
「ご自身が感じられたことのご感想」
ということも、もちろん大歓迎です。


今回は「さまざまな依存症」をテーマとして

アルコール依存症、食べ吐きなどの摂食障害、

処方箋薬や市販薬などの薬物依存症

ギャンブル、買い物が止まらない、借金などの依存症

恋愛依存症やセックス依存

リストカットやお子さんの起こす問題や症状

そして「誰かに必要とされる必要のある」共依存

などの状態の「背景」という事について

「家族として機能していないと言えるような状態」

回復してゆくのに有効と考えていることについて


などなどのお話を私はさせて頂きました。



心理という事への認識の高い方々が参加下さったこと

とても嬉しく感じています。





それでは、また




帰ったら まるる君が⤵

image






それから
🌿いつかの釧路の夕日が綺麗でした🍃


この夕日を眺めながら

ひとりの人間として、ここまで成長してこられて

本当に良かったな~、と考えていました。


自分の身に起こった事は
自分にとって全て必要な事であった

と捉えられていますから。




naomiyo929 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017/04/14

パソコン問題と自尊心

image



~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

ここ数日、PCが不調でして色々とチャレンジしてみましたが

これはもうプロの方に依頼するしかないな…という感じです(>_<。)



私が、初めて購入した愛着のあるPCなのですが、使用年数からするともう買い換え時なのかもしれません。

かな~り昔ですが、ある先生の心理学講座に参加した時に

「自宅にいてもnet上で回復の作業をしている仲間たちとつながり合う」

「PCはできれば一人に一台」

…というようなお話を聴いた記憶がありました。


その時の私の反応 ⤵

「携帯の✉なら使いこなせるけどインターネットを見る、コメントをつけるなんて無理!」


パソコン使えなかったんですよ!
私が学生の頃は今のようにパソコンを使う授業はなかったですし習ってませんから当然です。



そして⤵

「一人、一台?ありえない!一家に一台あればいい方なんじゃないの?」

の驚きでした!

「贅沢は敵だ」や「自分よりも家の事を考えろ」のシャワーを浴びて育ってきて、大人になっても、その思考のままでしたから

驚いて当然です。



そして⤵

「私ごときがパソコンを欲しがるなんて家族の反対にあうはずだ」


自分は価値のない人間だと思い込んでいましたので

そんな自分がパソコンを欲しがるなんて絶対に周りに受け容れられる訳がない!

これも
もし、反対されたら「家計からではなくて自分の貯金で買えばいいだけだった」の話です。

もし反対する人がいたとしたら

これもその相手は、過去の私と同じように「贅沢は敵だ!欲しがりません・勝つまでは!シャワー」を浴びて育っただけなのかもしれません。

つまり過去の私と同じように
「子ども時代に育まれるべき自尊心が育っていないだけ」かもですね。

どちらも健全な思考、行動ではないです。


本当はパソコンを買って、当時から尊敬している先生たちのHPを読んだり

そこにズラリと沢山ついている仲間たちのコメントを読んで「そう そう」と頷いたり、

今、怒りや悲しみ、寂しさが渦巻いているのは自分だけじゃないんだ!

と感じて安心したり

本当は自分も、皆さんと同じようにコメントつけたかったです!

ここは当時、「見捨てられ不安」の塊が服を着て生きているような私でしたから、かな~り高いハードルでしたが…



自尊心のかけらもなかった頃…10年程前の私の中で起きていた思考の実話です(笑)




思考に基づいた行動として

「パソコンが欲しい」と家族に伝える選択をするまでにはこの後、何年も必要としました。



なにか欲しがったり、したがったり、目立つような事をすると

罪悪感が沸いてきたり、または誰かに「ダメだ」とやっつけられる

と萎縮してしまう自動思考はよく起こる事だと私は思っています。


過去にそういう傷付き体験があれば、「いま」に影響が起こるのは自然な事だと思います。



あれが欲しい!と言った時に

あれがしたい!と言った時に

自分はこうなりたい!と夢を語った時に

いつも頭ごなしに「ダメだ」と言われたりの生育歴を持つと

自分の人生を成功させてゆこうとする事や

人生を楽しむことを奪われてしまっている状態に陥っていたり、

またはそれ以上だと

「そんなに欲しがるわがままなお前の心がダメなんだ!」というような罪悪感を植え付けられるような生育歴を持つと

本当にそう思い込んでしまうのは自然な事だと私は思っています。


こうなると
「自分はなにをやってもダメな人間なんだ」と思い込んでしまったり

やりたい事や欲しい必要なもの、行きたいところ…などなど本来の自分の感情をギューギューに押し込めて

そこに蓋をして何十年も、抑圧し続けて生活してきていたりしますので

人生を楽しむこと、なりたい自分になっていこうとする事が難しくなっている状態かもしれません。

人生のバランスが取れなくなっているのは苦しいと私は思っています。


自分っていったいなんなんだろう?
という悲しみと怒りでいっぱいになっちゃいます。

自分の人生です。

責任持って、自分の好きなように使っていいんです。


「お金」というテーマをお持ちの方も多いかもしれませんね。過去の私のように。


欲しい、必要な物を買ったり

したいことをしたり
 
自分はこうなりたい!という夢を持てたら

その夢を叶えるために歩んでいっていいんです。



誰かの反対にあったら、そういう相手とは境界線を引いていけるといいですね。
 
あなたの考えはこうなのね

でも私の考えはこうです!と。
  


誰かの反対にあい、いつも自分のやりたい事を我慢してきている人は

自分の人生に責任を持たなくてもいいという「メリット」があるかもしれません。

いつも誰かのせいにしていればいいだけですから。


「私のためを思って言ってくれているんだから」というような思考は、健全ではないと私は思っています。

それらの多くは「相手側の不安や反応」であったりするので

その相手がセラピーを受ければいいだけの事です。

これは相手側の問題ですので。





話は飛躍しましたが(笑)

今はパソコンがなくてもスマートフォンやタブレットでOKな便利な時代になりましたね~



スマホなどを持つのは、

パソコンは一家に一台ではなく
ひとりに一台

と同じですので、家族間であってもプライバシーは尊重されますからね。





それでは、また






image


まるおさんも元気です( ´艸`)






➡ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ


リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです!
<良かったら力いっぱい応援して下さいませ>








いつかの打合せで頼んだハーブティーが美味しかったです!



naomiyo929 at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014/07/29

続*ホタルのひかり*

こんにちは、

リフレーム・カウンセリングルームの平野 直美です。

さてさて、久し振りにPCから投稿できそう・・・かも

気分よしです。



7月も、残すところあと数日となりましたね。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

私は数日後に試験があるので

時間を作り、詰め込めるだけ詰め込んでおります

今日はもう脳に入りません(笑)








image



昨日、咲いていたコスモス


image



風に揺られなんだか楽しげに見えた私です。






   




この絵文字の多用もどうか・・・とも思うのですが

つい楽しくて使っております。





今日は、先日こちらで書いた「蛍」の記事を書き終えて

私が感じたことをシェアしたくなりました。



あの頃の私は「症状や問題行動」に捉われ過ぎてビクビクするばかりで

それが自分のために自分で発しているサインとも当然、気付かずに。

ただただ「私はもう・・・無力だ」という事を感じていました。



ギューギューに押し込めていたので認識はできていませんでしたが。

絶望していました。


絶望している事にすらフタをして

何も起っていないから私は大丈夫 と自分に言い聞かせていたんですね。


でも「もうお手上げ」だったんです、本当は。


そこで見付けた、新聞記事 

カウンセリングを受けられる場所とセラピストの先生の存在。


もう直ちに電話をかけていました。



無自覚でしたが、

ず~~~~~っと待ち・アンテナを張り巡らせていたんですね。

10年間(なるべく)新聞をチェックしていたからこそ

見付けられた新聞記事です。


凄い力ですね。



良くなりたい・元のように元気になりたい・

自分にいったい何が起っているのか?

何が原因でこうなっているのか?

知りたい・知れば少しはこの不安が軽くなるかもしれない・・・



自分ではもう、どうにもならない・どうにもできない

と感じていた時に見付けた


一筋のひかり・・・



最初の頃は

安全な場と方法・治療的介入を提供して下さる

セラピストの先生に対して「ひかり」を見付けた・・・

と私は感じていましたが。



ふと気付くと、その光は

自分自身の中から出てきている

自分自身が持っている光(本来持っていた力)だった

という事に気付いたんですね。



ここに気付けたのも凄い力だと私は思います。



自分の存在(力)が信じられるようになった。




自分が信じられるようになると

本当の意味で自分以外の他者が信じられるようになりますね。




自分の存在価値を見出すための過剰な世話焼きもしなくなります。


相手の悩みの答えは相手の心の中にあると私は思います。


知人などのお悩み話を聴いた後で

「あ~、エネルギーを吸い取られた」

と自分を被害者的に感じることも減りますね。



・・・という事は

過去の私は自分の世話もできないのに

積極的に相手の世話焼きをする必要のある人でした。

でも結局いつも、

エネルギーを吸い取られていたように感じていた人だったという事です。


これって

自分に誠実ではないですよね。

自分を尊重できていないという事は

相手に対しても誠実ではないですね。




自分がもう既にいっぱいいっぱいなのに

「相手が悩んでいるから話を聴いてあげなければ・・・」とか。
「話を聴かないと相手に悪いから」とか。

一見、親切そうに聴こえますが・・・。

私なら話を聴いて欲しいとは思いません(><)v





自分に優しくできるようになった分だけ

相手にも優しくできますね。


それは同時に物事を肯定的に受け止めたり

希望を持ち・楽観的に・積極的に

動けるようになっていたり。



過去の私は本当に

まずは「なんでも否定的・悪意に取る思考・癖」の塊でした。


「あの人がこう言ってるけど本心はきっと違うんじゃないか?」とか。

「あの言葉の裏には私に対する何かが絶対あるはず」とか。

もちろん症状というサインも否定的に受け止めていましたよ



これだと人間関係や自分との関係がしんどいですね、

人生を楽しめません。


でも

「私は社交性・コミュニケーションはバッチリよ」

と本当に心から何の疑いもなく思っていました




そんなことをふと思い出していました・・・

遠い目で・・・




なんだかとりとめのないまま今日は終わります。



それでは、また






image



そして
「その力」はみんなが持っていると私は思っています。


















naomiyo929 at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014/05/29

*こころ*のお話 ~相手になにかを言われて自分が大きく反応した時に~




image

こんにちは、リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

こちらの写真は オオバナノエンレイソウ です。
綺麗ですね~。
子どもの頃には、この時期にワクワクしながらこの花を摘んでいた私ですが。
数年前にこの花が開花するまでに 10年くらいもかかる!という事を知りました。

発芽から10年かけて咲く花・・・いいですね。
大切に眺めていたい気持ちになります。

さて今日は

相手になにかを言われて自分が大きく反応した時について考えてみたいと思います。

例えば、パートナー・夫・親などになにか嫌な事を言われた時に
激しい怒りなどの反応が出てくる事があると思います。

相手になにかとても失礼な事を言われたら怒りが出るのは当然の事なのですが。
今日はもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

相手になにか言われて頭が真っ白になる程に
(私の場合は頭が真っ赤になってました)怒りが出たら。

もしかしたらその怒りは「今、言われた事だけに対して」ではなく

育った環境や、学校などでの人間関係の中で経験した、
なんらかの「傷付いた感」が関係しているかもしれません。

子ども時代に家族、親やきょうだい、学校の先生やクラスメート、
親戚などから似たようなことを言われた経験はありませんか?

例えば 「お前はダメだ」「そんなこともできないのか?」とか。

そこが心の傷付き体験として
自分では認識できていなくても自分の無意識ではちゃんと覚えていて、
その結果、大きく反応する、という事があると言われています。

この事に気付いたら責任を持って子ども時代や過去の傷付き体験を
セラピーで扱っていけるといいですね。
そうする事で
過去の心の傷に支配されている という事が随分、減ってくると私は考えています。

また反射的に行動しないで
相手に伝えてから一旦その場を離れるという事もいいと思います。

同じ土俵に乗り、売り言葉に買い言葉。

相手と同じように攻撃的になったり
負けずに相手をより否定・批判したり・・・
怒りと恨みが積み重なり関係が悪化するという事がよく起りますが。

自分を不安定にしたままにせずに
一旦、自分の心を落ち着かせる事をしてみてはどうでしょうか?

一旦、離れて深呼吸をしたり、地に足が着いている感覚を味わったり。
感じていることを書き出してみたり、可能な環境であれば叫んでみたり、
クッションを叩いてみたりして、まずは心を落ち着かせる事を優先してみるのはどうでしょう。



そしてお互いに冷静になってから
その事について相手と話し合えるといいですね。


またコミュニケーションとして
目付き・態度・声のトーンなどで喧嘩を吹っかけている、
という事もよく起ると思います。

そうする必要があってそうしたコミュニケーションが生じると思いますが。

もっと率直に伝えてみるのはどうでしょうか?
シンプルにしていくほうが余計な労力も使わずに済みますね。


なかなか難しいですが。

私も修行中の身です。

ちなみに私のスイッチは
「お前はダメだ」「そんなこともできないのか?」です^^;;

似たような言葉を言われると頭に血がのぼり呼吸が浅くなり
身体が震える程の怒りが出ました。

でも、まずは
「本当に自分はダメなのか?」
ということを冷静に考えられるようになっています。

そして「できない事があってもよい」という事を今は知っているので
自分イジメはせずに。

それは相手の感じている、相手の持ち物で自分の持ち物ではない、
と区別して考えられます。

芽にお水をやるように大切に自分も育てていけると
自己肯定感・自尊心もあがりますね。


それではまた







naomiyo929 at 09:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2014/04/10

実は既にたくさん持っているということ。

こんにちは、Hiranoです。
先週、ご近所のお庭で咲き始めた福寿草を
見付けて とーーーっても 嬉しかった私です。
私、子どもの頃から
雪解けが進み福寿草やふきのとう、ねこやなぎを
発見するこの時期・瞬間がとてもワクワクします。
北海道の東もいよいよ春めいてきました(*^^*)
と、思ったら今日は雪降ってますが^^;;


image


嬉しい日のケーキ!!

お皿に乗せていない大雑把さがバレバレの一枚。
こういう部分での完璧主義も手放せてる証(笑)
と、自分で自分にリフレームもしてみました。



先日の札幌滞在で『うわっ、凄い』と興奮・感動したケーキ。
一つ一つのケーキも陳列の仕方も、もうアート・作品(@_@)
しかも種類が多くそれぞれの個数も大量で
ショーケースの前で釘ずけになりました(笑)

甘いもの2連チャンですが(^o^ゞ
脳に栄養!!で、疲れたら甘いものを食べる事も私はセルフケアとして行っています。

過去には「過食すること」を必要としていた私ですが知識を得てセルフケアとして
取り入れると摂食障害時代の「罪悪感」は起らなくなっていました(^^)

知識は力なりですね


さて、今日は私が心のケアに繋がり変化したこと
について書きたくなりました。

まず症状が取れ生きていくのが楽になり。
そしてどんどん『豊か』になっていったことが大きいですね。

もちろん症状が取れ即ハッピーエンド・終了と
言う訳ではありませんでした。
むしろそこでやっとスタート地点に立てたのかもしれません。

そこから自分の持っている、持っていた問題に
次から次へと気付いていく。

問題を持っていたから症状というサインが必要だった訳です。
そして自分の為に症状を出す力が自分にはある。
これって凄い力です。


いちばん難しく感じた問題はやはり
『共依存・人への依存』
人との関わり方を健全に変えて行く事でした。

ここ過去形で書きましたが今でも修行中です。

今もプライベートな関係性で何かあった時…
例えば誰かの攻撃を受け悲しくなったり
怒りが出たりした時は個人セラピーを受けます。

攻撃を受けてもそれを自分の中に取り込まないように努力したり
I・メッセージで相手に「○○○と言われると私は悲しくなるし腹が立つ」
と伝えるように努力しています。

危険臭がする所に自分の身を置かないとか。
何かあって今後もこの人との関係性を続けたいか?
によって自分がどうしていくか?を判断基準にしています。

仕事上で何かあった場合は
スーパーバイズ(指導)と個人セラピー両方を受けて
心の復旧に努めています。

スーパーバイズと個人セラピーを受け続ける事は
心理の専門家の義務です。
セラピストとして「自身が真っ白な状態で居られるように」努力しています。

人との関りに於いて「なにも起らない」という事は有り得ないですよね。
今でも私は怒りや羨望・嫉妬・見下したい、自分が優位でいたい願望・・・
などなど様々な葛藤と反応が起ります。
ひとりの生きている人間なので人との関りの中で自分の中に
沢山の事が起るのが当然と思っています。

でも過去の「ノーケア時代の私」と「今の私」の「違い」は
自分のそういった反応を「今、私はなんでこう感じているのかな?」と
その反応が「私のトラウマのどこから来ている反応なのか?」に
フォーカスできる事ですね。

自分の問題からの強い反応だと理解したら責任もってそこセラピー受けます。

大きな音や男の人の怒鳴り声にどうも強く反応してるな~、
これって過去のトラウマを脳が勝手に思い出しての反応だな~、とか。

尋常じゃない程に誰かを羨ましく感じるのは きょうだい間葛藤からきてるな~、とか。


そういった自分の中(過去の記憶)から沸き起こってくる
ドス黒い、一見ネガティブな感情をある程度扱えたら世の中違う世界でした。



人との関わり方・信頼関係を結ぶことって難しいですが
でも私が一番欲しかった・望んでいたものって「相手との安全な関り」でした。

その相手を実は既に持っていたって事に気付けました。

もちろん嬉しい・鳥肌が立つような新しい出会いが沢山ありました。
そこも含めて

私は欲しかったものを沢山持っていたんだ!!
に行きついたんですね。

トラウマ反応だらけだと本当にそこが見え難いですが、
反応をある程度、理解して適切なケアを受けたら見えてきました。


そして私に繋がってきて下さっている力のある方たちが
見せてくれる「変化」という私への大きな大きなギフト。
家族・仲間・友人・ペット・思い出・今ここ・そして自分自身・・・

こんなに持っています。
私、スゲ~って、嬉しいな~って思います。

色々大変でしたが・・・ふと気付くと
記念日にロウソクを立ててお祝いするこんな日も
「あ~、私の人生って豊かだな~」としみじみと嬉しいですね。



皆さんの欲しいもの、欲しかったものはなんですか?



それでは




naomiyo929 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)