安全に語れる場所

2019/01/30

2/13【釧路】大切な人を自死でなくされた方のためのセルフヘルプ・グループ


IMG_0108


私が所属している「家族と子どもケア・サポートチーム」が運営する二つの自助グループのご案内を

こちらのブログでもしています。


2017年1月25日から、スタートしたこのグループも

あっという間に2年が経った事になります。

確か、その1ヶ月前からスタートした「パニック障害・不安障害をもつ方のためのグループ」


このふたつの自助グループを釧路で始めることの広報として

fmくしろさんに出演させていただいたのが、ついこの前のようで

ただただ早いな、、、と驚くのと共に。



私も含めてですが、チームのメンバーがそれぞれに激務な中で

毎月、開催してこられたことも凄い事だと思っています。



来月は

2月13日(水)18:30〜20:30
釧路市交流プラザさいわい 401号室 での開催です。


必要を感じられる方々

勇気を持って更なる一歩を踏み出される選択をされる方々

の気付きのきっかけの場になればと思っています。



参加お申し込みは不要です。

当日、直接会場までお越しください。

どちらにお住まいの方でも参加できます。

プライバシーは守られます。




詳細はこちらをご確認下さいますと助かります ↓









心理の専門家であることと同時に
ひとりの仲間として

必要を感じられる方々へ


釧路市
平野 直美



IMG_0031









【過去記事】


​🕊【大切な人を自死で亡くしのこされたお子さんへの精神的フォローについて】
     ↓








​🕊【語られにくい自死という出来事】
      ↓












私が知り得る限りで、という事になりますが

現在では、釧路地方で、安全に語れる唯一の場所だと思います。



まだ専門家になる前の私が

このような場所があることを知り

自分に必要性を感じて、ひとりの参加者として足を運び、耳を傾け、

安全に感じ、自分の言葉で語れる、気付きの場所を。


今度は、その場所をつくっている側に座っている事を嬉しく思っています。



続けてこられている事は、本当にチームの仲間に感謝の思いです。




また、自死でのこされた私たちが

セラピーやグループ療法で、心の傷を癒す選択をされることも


それをされない選択も


どちらも尊重されるといいな

と、私は思っています。












リフレームカウンセリングルームFacebook ページ ↓







naomiyo929 at 23:08|PermalinkComments(0)