心理療法

2018/06/17

リラ冷えの釧路より   ✨35億✨


IMG_1129



こんばんは
パニック障害が10年間、続いた経験を持つ
釧路 在住のカウンセラー  ヒラノナオミです。

私の住む釧路市、、、というか
道東、及び、北海道は​リラ冷え​と呼ばれるシーズンでしょうか。
我が家は暖房を入れる日々が続いています。

この後に、これも毎年恒例の​蝦夷梅雨​が来るんでしょうね。
洗濯物が乾かなくてね、、、

つい先日は帯広や女満別
たしか猛暑でしたよね。

日本で一番、暑かったのが道内という日が2日間程あったと記憶しています。

帯広や弟子屈、標茶などの暑い所に一日居て
涼し〜い霧の街 釧路に帰ってくると、身体がどうにも適応できません(><)




という事で、私は元気に過ごしております。
こちらを訪れて下さっている皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?


管理者として、こちらのブログへのアクセス数を把握できるのですが
更新していなくても見に来て下さる皆さまに
いつも、どうもありがとう!を言いたい気持ちでいます。

じゃ〜 更新すれよっ
って話ですが(笑)新しいクライアントさんも増え
セラピストの義務である学びと癒しも貪欲にし続け
お陰様で日々、充実しております。




え〜と
先日、念願であったグループ療法士の認定を受ける事ができました。


認定日は、3月末日となっていますが
先週、手にする事ができましてホッとしていました。


私が自分のトラウマの癒しをし始めて
つまり、一度の短期療法(ブリーフセラピー)でパニック発作がピタリと止まったのが
今から12年前程前と記憶しています。

そこから自分の問題にどんどん気付いていき
一対一の個人セラピーを受け続ける選択をしました。

そのうちにグループで行うトラウマを癒すWSに初めて参加した時に
物凄い衝撃を受けました。


自分の反応に、です。
帰りには本当に見える景色が変わっていました。

それまで受けていた個人セッションでは、防衛機制が働いていて
自分の感情を感じる事、発散する事にストップをかけていた私が

やっと口から心が出た

という感覚を初めて経験できたと言っても過言ではないと思います。


私が持つ「脳力」として、話す事は苦手分野であったり

そもそも自分の事を自分の事として話すってなーに?って感じで

○○がこうでこうでこう言った💢  
○○がこうでこうでこうされた💢 
などなどばかりを個人セッションで話していた私が
やっと口から心が出たんです。

ここも、もちろん悪い事ではなく、その時の私のプロセスであったという事ですね。
どんな状況であってもその人のその時の最善を尽くしていると言われていますから。


そして無意識でですが、怒り以外の自分の感情を感じる事を防衛しまくっていた私が
やっと自分の悲しみに直面できたのがグループ療法  WSです。

怒ってさえいれば、その根っこの所にある悲しみを感じなくても済む
というメリットがありますね

悲しみを感じる  直面するのは心が痛いですもんね。


悲しみをいちいち感じていたら、生き延びてこられなかっただけの事なので
自己防衛というのは自分で自分をしっかり守ってきたという事になります。


こうやって怒り以外の感情を感じられなくなっていた
自分の感情をうまく感じられない子どものままで
そこの部分の心の成長がストップしてしまっていた私が

感情を感じられたのがグループ療法  WSでした。



「怒りと悲しみは半々」 と言われていますので

私とはたまたま逆であるだけで、悲しみ優位でその根底にある怒りに蓋をしたまま
育って大人になられて、何かしらの症状にお困りの方々も多いのではと思います。









なので
今後、グループ療法士としても活動できる事はとっても嬉しく
自分だけは自分を諦めないでやってきて良かったです。





IMG_1108














卒業記念  ↓

FullSizeRender


冷え取り靴下 履いてますけどね(笑)













まる君も元気ですよ!
私のこのお泊りカバンを見ると留守番だと理解していてこのような淋しい顔になりますが  ↓


IMG_1053


















釧路和商市場前の花壇では 今年も💖型に植えられてた花が ↓

IMG_1030











お隣は​⭕️丸形ですね ↓ 


IMG_1035













それで

この感じ  誰かの なにかに似てないか?  
と思ってたんですが  ↓



IMG_1107






​✨35億✨❓  ブルゾンなおみ?



かな(笑)







それでは、また


















naomiyo929 at 16:52|PermalinkComments(0)

2017/06/29

🎀インナーチャイルド🐬

image


釧路市 ~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野です。


私の住む釧路市
毎年、楽しみにしているアカシアの木ですが

今年はどうも葉が茂ってきません。

昨年の暴風雨の時の塩害のためでしょうか?

風に運ばれた海水が釧路市内にまで達した…らしいです。


桜やライラックも今年は咲かない木があったり、いつもの年よりも花が少ないように感じていた私ですもんね。


少し残念な気もしますが、木々にとってはそれが自然な事、そして必要な事なのでは…と思います!



私たちは「症状」や「問題行動」などについて「ダメなもの」「必要ではないもの」という捉え方をしがちですね。

もちろん過去の私もそうでした。

でも必要があって起こっているものが殆どなのかもしれない

と心理の専門家としての現在の私はそう考えています。



「症状や問題行動というサイン」

ご自分の無意識がなんと言っているのか?

なんて言ってきたのか?

そのサインにいつか気付いてあげられるといいですね。


私は

「もう嫌だ」と言っていました。



子どもの頃から…なにかある度に

自分の力ではどうにもできない時に

「もう嫌だ(怒)」




また、大人になってからも

自分の寂しさや見捨てられる不安を紛らわす自己治療のために

アルコールを飲んだり、過食をして指を突っ込んで吐く時に

自分で自分の背中をさすりながら

「もう嫌だ(>_<。)」





怒りの感情を表現する方法を知らなくて(習わなかったため)

怒りの表現のコントロールがきかなくて、人間関係を自分からぐちゃぐちゃにしたり、

愛着対象に捨てられる不安が常にあり

捨てられる位ならその前に自分から切る事で、自分が傷付く事を回避するという防衛をしたり



大切な家族に…解離してしまったまま、わめき散らす自分自身に耐えられなくて…
自己嫌悪でいっぱいで…

もちろんパニック発作が起きている時に…また予期不安が起きている時に



もう嫌だ>_<

と毎回毎回、思ったり口にしていたことに気付けたのは数年前です(笑)




「インナーチャイルド」というのは
「内なる自己」

誰の中にも存在していると心理の世界では言われていますね。


カウンセリングを受けるのに心理の専門家のもとに訪れる方々の中の
多くのインナーチャイルドは、
また私自身もかつてそうであったように


悲しくて、淋しくて、怒っていて、不安でいっぱいで、怖くて

誰も自分を理解してくれなくて

誰も自分を守ってくれなくて

愛されたい相手から叩かれたり、怒鳴られたり、なにをやっても否定三昧を受けるという生育歴をもっていたり

関心という愛情をもらえなかったり

家族の中に大きな秘密があったり
誰からも真実を教えてもらってこなかったために不安が渦巻いていたり

親がいつも冷戦状態で、親に仲良くして欲しいためにいつも顔色を伺っていたり、おちゃらけたり

いつも酒と皿が飛び交っていたり、ガラスの割れる音や怒鳴り声や舌打ちの音が鳴り響いていたり

DVが起こっていてただ固まって恐怖から耐えていたり

子どもなのに、いつも父親や姑の悪口を聴かされる、親のカウンセラー役をやらされて親子の立場が逆転していたり

なにをやっても褒められるどころか
もっと上を目指せ!と言われ続けたり
 

母親にいつも嫉妬されて嫌味を言われていたり


親がアルコールや、処方箋薬や市販薬の薬物依存症であったり

ギャンブルや買い物、借金依存であったり、仕事依存で家族がいつも淋しい思いをしていたり


一見、わかりにくいストレス体験である「侵入」という暴力を常に受け、自分ではなにも決められなかったり

また、大人になってからも自分の事をいつも誰かに決めてもらいたい感じがしていたり



性的虐待被害を受けてきたり



………などなど

ボロボロに傷付いている事が当たり前の世界かもしれません。

そしてその「心の傷」が癒されないままで「傷付いた子どものままの自分」を内に秘めたまま大人になってきたんです。



この子 この傷付いたままのインナーチャイルド
どうします?


おいおい 
そろそろ気付けよ!って訴えていませんか?(笑)



気付ける力がおありの方々は

ご自分のインナーチャイルドをご自分で育ててゆける力もおありだと私は思っています。

もちろん専門家のサポートが必要な場面はサポートをさせていただいています!


インナーチャイルドの癒し

回復や更なる成長への大切な作業ですね。





 🍃 ✨ 🌿

最初のアカシアの木々が今年は育っていないのは昨年の塩害のため?

のお話に戻りますね。



「もう嫌だ(>_<。)😠」

と「怒りと悲しみ」でいっぱいだったインナーチャイルドを内に秘めていた私が

大人になってからパニック障害を発症したのは自然な事だというのは既にお気付きでしょうか?(笑)

もちろん職場の人間関係という「引き金」はありましたけれども
背景は子どもの頃からのストレス体験にあると私は考えています。


なので症状というサインが必要であった

傷付いた子どもの心のまま、そこだけ心の発達が止まってしまっていた私のインナーチャイルドちゃんが

ちょっと!ずっと怖かったんだからそろそろ気付いてよ!

と言っていたのかもしれませんね。


そして、結論は発症して良かったです!
発症していなければノーケアのまま
「自分にはなんの悲しみもありません」とマヒさせ感情をギューギューに抑圧し、押し込め

なんの感情も感じない昆虫のように生活し続け、でも人からどう見られるか?がとても気になる対人恐怖の塊でしたので

いつも世間うけするようなニコニコ仮面を被り周囲の顔色を伺い、合わせ

でも、こんな自分はおかしい…と感じ
そんな本当の自分を偽る,隠す為に

日々、二日酔いで恋愛依存で、愛着対象への怒りと見捨てられ不安の渦巻く人生を送っていたかもしれません。

こんな自分 もう嫌だ(>_<。)😠
と嘆きながら!






それから、パニック障害になったお陰で心理の専門家にもなっちゃいました!

あんなにも自分に自信のない、自尊心がこれっぽっちも育まれていなかった私が!です🐬🐬


人生ってうまくできているもんだな~
としみじみ思いますね🎀


しかも過酷な中を生きぬいてきた事で
育まれた
「忍耐力」や「芯の強さ」
「問題の本質を見抜く力」「優しさ」
「力強さ」
などなど、沢山の力も持っています!





それから
振り返ってみて欲を言えば(笑)
思春期にリストカットや薬物乱用をしていたあの頃に、心理の専門家の所に連れて行ってもらって心のケアを受けていたら

私はパニック障害は発症していなかったと思います!



でもよい心理セラピストの条件は
・トラウマをもっていること
・トラウマを自覚できていて自身のセラピーを受け癒し続けていること

だと私は考えていますので

🎀トラウマ持ってて良かった🎀
🎀そこに気付かせてくれたパニック障害というサイン ありがとう🎀

にやっぱり行き着きます!



私が問題行動というサインを発していた当時に、この地に問題の本質をみる心理の専門家は存在していなかったですしね(笑)





それでは、また








ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ➡🎀


リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです!
<良かったら力いっぱい応援して下さいませ>








トップの写真は先日、打合せの時に行った喫茶店
夜に行くと外観がなんだかとっても素敵でした🌿🍃






で ⬇

image


抹茶のロールケーキ
美味しかったです🍰









image


まるキュン😹も毎日毎日、可愛いです





naomiyo929 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017/06/23

夏がきた(?) 2017

釧路市 ~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

私の住む釧路市
外に出ると…花々の香りに包まれている感じがしているのは私だけでしょうか?



image


ライラックに




image


このタンポポ畑は ⬇




image


一面のシロツメクサ畑に🍀






image


ナナカマドの花々はあっという間に
散り…既に赤っぽくなりつつあります





よい香りです!






それから
先日、グループ療法のトレーニングに行った時には

蝉がないていました ⬇

「蝉と鳥の大合唱の模様」➡🌿



こちらのブログに動画も貼れると思うのですが、私にはわかりません(笑)

なので「リフレーム・カウンセリングルームFbページ」にアップしてみています!




いい季節となりましたね!




これからエゾ梅雨を経て、釧路にも
真夏がやってきます。



嬉しいです。





それでは、また






明日は「大切な人を自死でなくされた方のためのセルフヘルプ・グループ」です。


勇気をもって一歩、踏み出してみたい方々と

お会いできる日です。





naomiyo929 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017/06/14

🌿新しい一日✨🍎リンゴの花満開🍏@釧路


image


おはようございます!

釧路 ~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの早起き平野です。

…というのは嘘でして珍しく眠っていません>_<



一昨日の夜、久々に頭痛がしていまして
「どうしたのかな~」と暫し考え…


ちょっと熱でも計ってみようか?
と計ってみると、しっかり微熱がありました(笑)



昨日はデスクワークdayに充てていたのですが、急遽取りやめて

風邪の引き始めならば寝て治そう!
と午後から横になり爆睡しまして

頭痛も微熱も治まり良かったな!と思っていました。



そうしましたら
昨夜は眠くならず…そろそろ朝を迎えます!

昼間に寝たので夜眠くならない…
単なる時差ぼけ状態かもですね😅

私の人生に於ける時間が勿体ないので、ブログ更新です。




写真は昨日の朝

私の大好きなエゾノコリンゴの花が
あちこちで可憐な花を咲かせている
私の住む釧路市!





image


こちらを訪れて下さっている皆さまは
いかがお過ごしでしょうか?






image


今日も青空の光がカーテンの隙間から
覗いています。

北海道も気持ちがいい季節到来です!


私の周囲では風邪も流行っているようですので、皆さまも

充分な睡眠を^^;


それから
栄養と適度な運動

笑う事!


ストレスの全くない人生・生活はあり得ませんので

ひとり孤独に抱えて溜め込まない
安全な相手に話す

…などなどご自分でできるツールを
沢山持っているとよいですよね。


セラピーを受けるのも私は大好きです。




私にも勿論ストレスはあります。

人間ですから。


ただ過去の自分と違う点は、ツールを沢山持っている事と、いつまでもダラダラ悩まない違いはあります。

頭の中でひとり認知行動療法をしてみたり

ひとり脳内エンプティチェアをやってみたり

DVDを借りてきてひとりオイオイ号泣してスッキリするとか

今すぐに解決できそうもない、時間が必要なテーマは一旦、棚上げしておいたり

悩んだり落ち込んだりするのは3日まで!と決めておいて、
3日間しっかり考えてみる事で、いつまでも無制限で悩み続ける事を選ばなくて済むとか

書くことも思考が整理できるので私には向いています。

セルフケアも意識して専門家として責任もって、たっぷり行います。




…って事で、やっと睡魔が訪れてきたようなので30分位、寝るとします!








image


釧路八重桜 また来年🌸





それでは、また
今日お会いできる方、のちほど✨






リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです!
<良かったら力いっぱい応援して下さいませ>














おまけ ⬇


image






image



ここを通ると必ずやりたくなる

ど根性ガエル🐸

naomiyo929 at 05:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017/05/29

自分の行動に自分で責任をもてるようになっていける事

image


釧路市 ~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

こちらではとてもお久しぶりの更新となりました^^;

日々、こちらを訪れて下さっている皆さまはいかがお過ごしでしょうか?



さてさて
私の住む釧路市、または道東では
長~い間、見られなかった太陽を
今日、久し振りに見た気がしています。

暑かった!初夏ですね。

今年、初めての蝉の声を聴いて緑の香りに癒やされて…釧路に帰る移動中です。



さてさて、突然ですが(笑)

「あなたのせいでお母さんは⚪⚪できなかった」

「お前の為に私は離婚しなかった」


…などの言葉についてふと書きたくなりました。


よく耳にする言葉ですね。

世の中では、ごくごくありふれた言葉かもしれません。

ただこれを言われて育つ子どもはどれだけ傷付いているでしょうか?

子どものために、やりたい仕事や趣味、友人と会うこと、行きたい所へ行くこと…

などなどを母親がセーブしなければならないという現実はありますね。

特に日本では母親がするのが当たり前!のような文化がまだまだ残っていますね。

行きたい所、やりたい事があれば、なるべく母親も行えるといいと私は思っています!

行かない選択、やらない選択をしているのは本人ですから

結果として、子どもに怒りをぶつけてしまう位なら「行う選択」ができるといいですね。


自分で自分の行動に、責任をもつという事です。




また
「お母さんはこんなに大変だった」

というのも子どもをカウンセラー役にさせるのは、親と子の立場が逆転しています。

ここには子どもの頃に傷付いたり…淋しかったり…

自分のしたい事を選べなかった
親が子どものあれこれを決めてしまっていた、
という「侵入」という暴力を受けた子どもがそのまま大人になって

そして母親になった

という現実があったのかもしれません。

誰も悪くない!と言う事が理解できるかもしれませんね。




心のケアを受けているような健全な子ども達は

うぜぇ~  と言えたり
それはお母さんの問題だと私は思うから私に言われても困る!
私はお母さんのカウンセラーじゃないから

などなどしっかり境界線を引く事ができていたり
I(アイ)メッセージで伝える事ができるかもですね。



また「離婚」はするのも、しないのも子どもは傷付く

と言われていますね。


子どもの出している症状と言うサインは

両親のパートナーシップや、コミュニケーション、様々な依存症や、病んだ思考や行動などに

親自身が気付いていけたり、自身に目を向けたりするという

子どもにとってのメリットがあるのかもしれません。


もちろん、気付ける親は力がある証だと私は思っています。

断固 子どもの問題 にしておきたい方も多い中で…ですから。


その子が大人になっても…です。

ここにも犯人はいませんが、やっぱりセラピーを受ける選択ができる方の

「力」の差や否認というプロセスもよく起こりますね。




過去を振り返ると私もかな~り耳が痛いです(笑)


大人として
自分の行動に責任をもつようになっていけること

これも物凄~い回復の証だと私は自身の経験から、そう思っています。

被害者のままでいて、相手のせいにしている方がずっと楽でしたから。

傷付くのは、もう懲り懲りだったんですね。

なのでこれも私の大切なプロセスだった訳です。






それでは、また






ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ➡🎀


リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです!
<良かったら力いっぱい応援して下さいませ>










image



エゾノコリンゴの花が早くも咲いていましたよ😆




naomiyo929 at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)