リフレーム・カウンセリング ルーム 心理セラピストのblog

リフレーム・カウンセリングルーム 心理セラピスト/スクールカウンセラー 平野 直美のBlogです。 日々のことや「ココロとカラダのケア」についてを、「分かりやすい言葉」で「私 自身が楽しんで!」 をモットーに綴っています。

タグ:死別


FullSizeRender



こんばんは!

平野です。





かなり前に、途中まで書き

下書き保存していたものの続きを書きます。




夏の終わり頃だったと思います(笑)






お仕事帰りに

歩いていると、ふと道路にこの表示がありまして

初めて歩く道

初めて目に留まったこの表示?絵に釘付けになりました。




大きい人と小さな人のイラストですね。





そして

淋しいような、懐かしいような感覚になりました。



物悲しい感覚が一番,近かったかもしれません。





こちらを訪れてくださっている皆様には

このイラスト


親子に見えますか?



きょうだいに見えますか?






私は当時は母子に見えていまして

小さい方の子に=子ども=私の幼少期が重なりました。





私の子ども時代は


楽しい事もありましたが

淋しい想いもしていました。





夜の道で、ふと立ち止まり写真を撮った程に

この2人の人型の絵が、妙に胸に残りました。




衝撃的に(笑)







それからかなり経ち


休日に温泉に行った時に




お母さんがお子さんを連れて入ってきまして

可愛いお子ちゃんが、遊び道具を片手にニコニコしていました。



同じ湯船に3人でつかっていた時に

この小さい子が

とうに巣立った子どもに重なりました。



お風呂屋さんにいつも一緒に行っていましたので尚更です。




自然な事だと思います。




巣立った淋しさを無意識で、重ねたのかもしれない

と、ふとこの写真と

自分が妙に反応した事も瞬時に思い出しました。












更に数分後(笑)


まだ、なにかがモヤッとしています。





何が起こっているのか?

しばらく感じてみたところ





この母親の方に

「まだ若かった頃の自分」を重ねていた事に気付きました。




上の子の手を引いて、近所の銭湯に行っていた頃の自分

20代でした。




いま  

50代、、、(笑)






若さや、

無理がきいちゃう体力や

子どもに必要とされている感覚や

育てるという役割。


白髪じゃない髪や

閉経していない子宮や

肌の艶や

視力や

痛くない肩



故人とも会おうと思えば、会えました。あの頃は。

親もまだ若かったです。






たくさん持っていた頃の自分と比較すると

今の自分は、たくさんのものやヒトや役割を喪失している訳です。




こりゃ、淋しくもなりますよね。




という気付きに至った訳です。




人って深いですね。



意識=1

無意識=9

ですもんね。





かと言って

もちろん現在もたくさんのものを持っています。


不幸な訳じゃないですし

自分の将来像も描けていますし



むしろ20代の頃よりも

生きている感じがしていて

水を得た魚のようにイキイキとやりたい事に真っしぐらでいられる

幸せ者だと感じています。




でも

また別に

このように喪失も感じています。




若かった自分の喪失。







イテテテテ、、、、、(笑)





ここを達成していく必要がある

ライフサイクルのタスクの時期って訳ですね。







扱っていきます。







私は60歳までは、このまま学びを続けて自己投資するつもりでいます。


その後、75歳位までセラピストを続けている予定でいます(笑)






その頃の私が

もしこの記事を読んだら



あの頃はまだまだ若くて

色々な事にチャレンジできていたな



若かったな

カラダも動いたし



と、思うんだと想像できます(笑)












この写真を撮った道を歩いて良かったです。


温泉での気付きを経て

続きも書けました。








子どもだった自分

母となった自分と

小さかった子ども


まだ若かった自分



上のきょうだいと自分

自分と下のきょうだい



色々な関係性を連想できました。





未来の自分の視点も




時間軸で。







普段は歩かない道なので

いつかまた通ってみたいと思います。







それでは、また







FullSizeRender













カウンセリング、セラピーの
ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ ↓

http://refreme.blog.jp/archives/27417524.html







お子さん(5歳〜小学6年生までの児童)のプレイセラピーと
思春期のカウンセリング(19歳まで)は
対面のみ(釧路、札幌)です ↓


http://blog.livedoor.jp/naomiyo929/archives/41656053.html





成人の方のSkypeによるカウンセリング・セラピーも全国に対応中。






リフレームカウンセリングルームFacebook ページ ↓

https://m.facebook.com/refreme/









こんばんは!

リフレームカウンセリングルームのヒラノナオミです。

私が副代表をつとめる「家族と子どもケア・サポートチーム」が運営する

ふたつの自助グループについて、こちらでもご案内をしています。


来月は

【大切な人を自死でなくされた方のためのセルフヘルプ・グループ】

10月6日(土) 10:00〜12:00  
釧路市交流プラザさいわい 401号室




【パニック障害・不安障害をもつ方のためのセルフヘルプ・グループ】

10月10日(水) 
​10;30〜12:00 ←  (開始時刻がいつもと異なります)
釧路市交流プラザさいわい 401号室


にて行います。




詳細はこちら  家族と子どもケアサポートチームFacebook ページ

をご確認下さいますと助かります ↓






それでは、また



IMG_1686

いつかのコスモス畑   in 鶴居村













IMG_1719

昨日、今日の帯広滞在で 見掛けて嬉しくなった
私たちのセルフヘルプ・グループのリーフレット


リフレーム設置のご協力  ありがとうございます!





こんばんは

リフレーム・カウンセリングルームの平野直美です。

土曜日に子どもと一緒の行事がありまして ↓


image




ちょっとだけ走ったり、準備運動の妖怪ウオッチ体操が

あまりにも楽しくて真剣に行ったために…か

実はまだ腰がちょっと痛む私です^^:

ふだん「歩く」ことはしていますが

運動不足ということをとても実感しました。

土曜日は子どもの行事のあとに、釧路市内で「D・V」についての講演会があり

たまには地域で行われている、

他の講師の方のお話にも興味があり参加してみようと考えていたのですが

腰の違和感を感じたので断念する選択と致しました。

こういう時にはトホホ(;´д`)と感じちゃいます。

トホホ(;´д`)と思っちゃうくらい行きたかった自分を一旦、自分で受け止め

でも同時に「行かないという選択ができている自分」を自分で認めてあげます。

ノーケア時代の私なら、ず~~っとグチグチ言って

こんな自分はダメだ…と感じていたと思います(笑)







image



さてさて、6月も残すところあと1日ちょい となりました。

こちらを訪れて下さっている皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

私は、最近こちらのblogの過去記事からの全てを

ご覧になって下さる方々がとても多く、とても嬉しく感じています^^

ここを見付けて下さったこと、時間を作って読んで下さったことに感謝しています。

これからも楽しんで書きたいと思っていますので

自分の投稿ペースを保っていこう、と考えています。



それから、6月は経営者としての学びも始めました。

今までは、ひとりの心理の専門家としての学びメインでしたので

経営者としては、今までの経験をもとに手探り状態でした。

こちらのblogも、我流でそんな手探りの延長線上にある訳ですが

それなりに成長はできているか、と感じています。

最初の頃の文章の…なんというか…

肩に力がパンパンに入っています!

というのをたま~に見返すと

書きたいことだけれど、同時に肩に力が入る程に

勇気も必要だったんだね~と思えます。

成長していくためには時に勇気も必要な時がある

と私は自身の経験からそう思っています。

「なりたい自分になっていこうとする」ということは時に怖さが伴うことかもしれません。

慣れ親しんだ病んだままの思考や行動でいる方が

楽であったりするかもしれません。

さんざん傷付いて育っていると

もうこれ以上傷付きたくないという心理が働いても不思議ではないですよね。

話しがちょっと逸れたので戻します(笑)



「なりたい自分になっていこうとする」

これ実は私もまだまだあります。

まずは

書類の山をファイリングしたい


6月…あと1日あるので明日やっちゃおう!と思います。

書類の山に頭を悩ませないような、ユルユル~っと
      楽しみながら快適空間を保てるような人になる

を目標に掲げたいと思った夜でした。




みなさまは、どんなご自身になっていきたいですか?

どのようなことでもOKです。

私は休むということに罪悪感を持たないようになる!とか

私は亡くなった人への想いを大切に感じる・・・

私は自分で自分を孤立させないように、安全な場所や人を見付けてつながりあう・・・

などなど、どのようなことでも全てOKです。

ご自身に対してご自分がOKを出せるようになってくると

楽になっていくのかもしれない、と私は自身の経験からそう思っています。



それでは、おやすみなさいませ





リフレーム・カウンセリングルームfacebook ページです ↓

            https://www.facebook.com/refreme



カウンセリング・セラピー(心理療法)は完全予約制となっておりますので
まずはこちらまでご連絡下さい ↓

 kazokutokodomo@yahoo.co.jp






このページのトップヘ