母親のケア

2018/05/17

自分が癒されて来ました🌸


元・パニック障害の経験をもつ心理セラピスト
平野直美です。

え〜と
帯広 とかちプラザで開催されましたセラピーフェスタ!

ワクワク&ちょっとドキドキな初・出店を無事に終えて
釧路に帰宅した夜に
今年の🍀夢書きノート🍀に​赤線 二本 済⭕️​  を記して
達成感をひとり味わいました!

今年の目標のひとつ
◎地域に於いて、メンタルヘルスをより身近に感じてもらえるように
    地元のどこかで セラピー スキルのどれかを提供する


が叶った訳です。



ボランティアを経て、2012年からこのお仕事をさせていただいております。

今まで、仲間と共に
道東のあちこちで様々なテーマの心理学講座の開催を行なってきていますが
講座もいいけど

セラピーフェスタもとっても良かかったです!
ワクワクする感じ、、、入り易さがありますよね。



また余力があればですが、近場で
🍀コラージュ療法🍀かなにかをやりたいな〜〜
と、今年の夢書きノートに新たなものが、追加された訳ですけど^ ^


このように
夢  どんどん増えていきます(笑)


消えたい、、、いなくなりたい、、、
と思春期から理由も分からずに漠然と感じていた重〜いケースであった私でも
ここまで回復できている事

癒す選択をして良かった
自分だけは自分を見捨てずに
自分で自分の力を信じられるようになって本当に良かった

としみじみと思います。








さてさて

セラピーフェスタ!
朝5時起床で行って来ました。



前夜に選んだ著書がこちら   ↓


FullSizeRender


私の中でなにかタイムリーだったんだと思います。

もっと持って行きたかったんですが、なかなか重かったので断念。
絵本も大判のものは断念。



箱庭セッション中に
読んでもらっているお子さん達のキラッキラな表情を
隣で嬉しく見させていただいていました私です。

愛着対象に絵本を読んでもらう、、、

これって本当に嬉しいよね〜

っと、残念ながらその経験を持っていない私は思います。



自分が欲しくてももらえなかったもの
欲しいとさえ言えなかったものを

この目で見せてもらえる事って
私にとって人生のリベンジになります!


そして大人(50)である私も、絵本セラピー
読むのも、読んでもらうのが大好きです。



















箱庭療法を受けて下さった皆さま
あの時、そこに共にいさせていただいた私が癒されました!
そして出逢いに感謝です。





それからいつもと勝手が違いますので
予測通りに私のAD/HD傾向が炸裂していました(笑)

対策として「番号札」のようなものを作ろう!と思っていたのですが
間に合いませんでした(><)



当日、何回か覗いて下さっていた方々
受けられるか?の確認に来て下さっていた方々

複数いらっしゃいましたね。


もうちょっと工夫していれば、あと3人位は入れたか、と終了時に思いました。



​あああああ〜〜〜〜〜っ(T . T)






次回に活かしてゆきますね!










当日、会場には帯広在住のバルーン アーティストであるミリィさんが 
素敵なバルーンアート🎈を   ↓


IMG_0909





自分のブースのセッティングも済んでいないのに(笑)
開場前にダッシュで観に行ったバルーンアート



スゴイ! 職人技🎈🎈





ミリーさん
ご挨拶したかったんですが
時間を作れませんでした!



FullSizeRender














朝一  自分のブースのセッティングが完了していないのに(笑)
セラピードッグさん達に会いに走って行く私

一目見て走って戻る私(笑)



仲間たちの他のブースにも行きたくて、、、
自分が受けたくて、、、(え? 違う?)



後半、ふと見ると既にマクラメ アクセサリー屋さん  いない・・・
完売ね?












ってな感じでワクワク キラッキラな空間に
ピアノと療法用オルゴールの音色が吹き抜けの大ホールに流れ

赤ちゃん連れのご家族や
お子さん達の笑顔もいっぱい見られて

とっても楽しい 充実した一日を過ごす事ができました。







またお久しぶりでお会いできた方々
より輝きを増した姿を見させていただき
近況も聴かせて下さり

人の持つ力って、凄いな〜〜
っと、ひとり感動もんだった私でした。

セラピストとして一番、嬉しい事かもしれないです。





主催された方
この日の為に沢山、動いて下さった仲間たちに


心から感謝です💖










終了後、お片付けをバタバタとし
パパさんのメチャうま 焼きドーナツを沢山いただき


最後にみんなで写した1枚  ↓




FullSizeRender


この時にはかなり腰がヤバかったですが(笑)↑







セラピーフェスタ
自分が癒されて来ました!
本当に楽しかった〜







そして、この日はたしか  Mothers day

お花や品物もいいけれど

私は1人の母親として
そして、ひとりの誰かの娘として

我が子がいくつになっても
充分に機能して
自分の人生を生きていること



どちらの立場でも
これが一番、嬉しいな、と考えながら帰宅しました。



どこにいても、、、、、です。






それでは、また








�カウンセリングやセラピーの
ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ  ↓

















�昨日の夕暮れ時の桜 と

IMG_0921












�今朝の桜 in 釧路🌸

IMG_0923













naomiyo929 at 22:32|PermalinkComments(0)

2013/11/09

Hitorigoto的なこと *テーマ「ママの居場所」


こんばんは、平野直美です。

11月ですね~。
私は自分の「夢書きノート」見返し「12月末時点での私のゴール目標」に向けて
この残りの2ヶ月で「やりたい事のために今、何が出来るか」の優先順位を
柔軟に練り直してみました。

この作業、私はとても好きで達成できたモノに対して赤ペンで線を引い
「済○(MARU)」と記入する時にいつも顔がニヤニヤします(笑)

さて、先日こちらに「私のセルフケア♪一例」として「ヨガ」を取り上げました。
この夏から再びyogaを始めた平野です。

先日とても素敵な場面に身を置く機会がありましたのでシェアさせて頂きますね。

ある所で「お子さん連れOK」のyogaに参加する機会があり
心から癒された私です。
本当にバブバブ赤ちゃんでもう「キャーッ~可愛い~」となりました。

ママがyogaしている間に、
バブちゃんはちゃんと一緒にその空間に馴染んでいました。
まだまだ喃語やクーイングの段階のバブちゃんです。
でもちゃんと参加していましたよ。

そして
ママが子どもを連れて安心して気兼ねなく
       外出できるこういう場って大事
だな~
としみじみ感じました。

が自分の子育て時期を振り返ってみると・・・
乳児である我が子を連れての外出って本当に大仕事でしたので
乳幼児健診・予防接種くらいしか子連れ外出はしなかったですね。

産まれ月が真冬でしたので北海道という事もありお散歩などもあまり行かず。
風邪引かせたくないですもんね。

本当に夫が仕事から帰宅するまでは自宅でふたりで過ごす日々でした。
私の住む釧路市では(たしか)生後1ヶ月で保健師さんが自宅に訪問して
下さるのですが本当に嬉しかったですね。

「何ヶ月振りに夫以外の人と会ってしっかりと私の話を聴いてもらい
子育て不安も含めた私自身に関心をもらえたこと」が嬉しかったんです。

保健師さんはプロですのでしっかり共感をして下さいます。
心から有り難かったです。
こう考えると私の場合の子育ては孤独な一面があった・・・と感じます。

勿論、我が子が可愛くて楽しかったですが
ママが抱く通常の不安も勿論ありました。

自己紹介のところで自己開示させて頂いておりますが
私は稽留流産を2度繰り返し、その後に妊娠・出産という背景が
ありますので「そこからの通常以上の子育て不安」もありましたね。

「この子が死んだらどうしよう?」という不安・反応が出て
当然だと感じます。
また流産を繰り返した自分をとても責めていました。

流産に関しての反応もWSやセラピーで扱い
それ以来全く違う温かな感情が出てきます。
扱って本当に良かったです。

話は戻り、そんな中でも
学びの場に生後3ヶ月位から子連れで参加して
「かわいい・かわいい」と言われ嬉しく安定もし。
専門家になるための自分のセラピーも継続していましたので
そこで子育て不安を扱うことが出来ました。
これは本当に本当に大きかったですね。

それ以外にも学びと癒しの仲間が私の顔をみる度に
「お子ちゃんは?元気?」と必ず子どもの話題を出してくれた事が
とても私の子育て不安を軽くしてくれました。
本当にここ仲間に感謝しています。

それから
「妊娠~出産~産後~」の時期はママのホルモンが激動しますので
ママのメンタルヘルスという事はとても大切だと感じます。
産後うつなど発症してしまわれる方も中にはいらっしゃると思います。
ママはご自分に配慮・ご家族は「ママへの配慮」を
どうぞ大切にして欲しいなと感じます。

妊婦さんには配慮するけれど
赤ちゃんが生まれると「赤ちゃん」がどうしても優先されてしまいますよね。

ここを認識しているだけでも違ってくるのではと思っています。

それから
出産で動いてしまった骨盤を整えるということにもyogaいいですよね。

私は出産した病院でお勧めされていた「トコちゃんベルト」
というのをしていましたが。
今考えると絶対yogaの方がいいな~と感じます。
両方したかった!!


子連れOKヨガの話に戻ります。
「これっていいな~」と感じたのは

☆yoga中にバブちゃんが泣いても参加者さんが誰も嫌な顔をしない。
     (お子さん連れOKの企画・バブちゃんは泣くのが言語)

嫌な顔どころかむしろ嬉しかったです。
「あら~、どうしたの?おばちゃんって来る?」とかね(笑)。

今回、自分が参加してみて私の中にあった
「子どもを泣かせ煩くして人に迷惑をかけてはいけない」思考が
如実に認識できました。
全然、迷惑じゃない・・むしろ嬉しかったです。

ここも私の生育歴からの過剰な反応ですね(笑)

「泣いてるけど全然迷惑がられていないらしい」という事が伝わると
ママは安心できますよね。
「あっ、ここでは大丈夫なんだな」と。

そして私以外の方もそうだったのではと感じましたが
「とにかく可愛い・なにをしていても可愛いバブちゃん」。
これって
☆ママにとっては
  「うちの子はどうもスッゴくかわいいらしくてこんな子を
  持った私は幸せだ」→子育てがより楽に楽しくなる可能性。

☆バブちゃんにとっては
  「どうもワタチはとびっきり可愛くて誰からも愛されているらしい」
  思考に繋がり。こういった思考が積み重なっていく事で
  将来「根拠のない自信」が持てているようになり。
  その子に役立つ可能性大と感じました。

持つことが出来なかった「根拠のない自信」・・・
身に付けるのに私はどれだけ努力したか・・・(笑)



どんどんママさん達に居場所を
        見つけて欲しいなと思います。


そしてこういう場を提供されていらっしゃる講師さんが素晴らしい!
と感じました。

☆参加した私も可愛いバブちゃんと時間を共有したことで
  より我が子を愛おしく感じられました。



子育てって子どもが100人いれば100通りのその子の個性がありますよね。
大きく分けると「育てやすい子・育てにくい子」・・・とか。

私も育てにくい子を持ち初めて虐待してしまうママの苦しさを知ることができました。

是非、孤立せずに
「ママが居ていい場所・安心して居たいな~と思える場所」を
どんどん見つけて欲しいなと感じました。

私もいつか私のフィールドで出来るそういう場を提供したいなと
また夢がひとつ増えました。

子育てをママがひとりで背負わずに、
家族の協力・地域などみんなで育てられるといいですね。
特に育てにくい子はやっぱりママさん大変ですよね(^^)

散歩中に知らない人から
「かわいいね」とニコニコ顔で声をかけられるだけで
ちょっと楽に楽しくなりました、私。


週末はスクーリングで2日間缶詰となります。
(秘密ですが)あまり得るもの・役立つものは少ないですが、
憧れの大学院に進むため・・・と割り切って行ってきます。

やりたい事が明確だとあまりやりたくない事も
案外できちゃいますね(笑)



それではまた
20131101_103048

naomiyo929 at 00:00|PermalinkComments(0)