育てにくさ

2019/07/24

夏休み



釧路地方の子ども達は、そろそろ夏休みに入る頃でしょうか。

不登校をする選択ができている子ども達は
学校が休みの期間には、ホッとする事と思います。

不登校が出来ている力のあるお子さんをお持ちの親御さんも
同様かもしれませんね。

もし普段、追い詰められた感じを抱かれているとしたら
長期休暇には少しはゆっくり、日々を楽しめる事ができるかもしれませんね。

リフレーム・カウンセリングルームでは釧路にて
お子さん(5歳〜)のプレイセラピー、及び思春期のカウンセリングを行なっています。

19歳までのお子さんのカウンセリングには
養育者の方も、お子さんの為のカウンセリングを定期的に受けていただいています。

ご希望される方は、完全予約制となっておりますので
ご連絡をお待ちしています。

釧路での対面でのカウンセリング、心理療法は
基本的に火曜日と金曜日。月に一度の土曜日です。



リフレーム・カウンセリングルーム
代表/心理セラピスト
平野 直美

#釧路カウンセリング #不登校カウンセリング #摂食障害カウンセリング #リストカット #学習のつまずき #いじめ #抜毛 #死にたい気持ち








カウンセリング、セラピーの
ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ ↓

http://refreme.blog.jp/archives/27417524.html







お子さん(5歳〜小学6年生まで)のプレイセラピーと
思春期のカウンセリングは
対面のみ(釧路、札幌)です ↓


http://blog.livedoor.jp/naomiyo929/archives/41656053.html





成人の方のSkypeによるカウンセリング・セラピーも全国に対応中。






リフレームカウンセリングルームFacebook ページ ↓

https://m.facebook.com/refreme/




IMG_3653



naomiyo929 at 12:09|PermalinkComments(0)

2017/11/26

🎁みんなのストーリーズ🎄①ほんとは ほしかったもの




日々のこと

やらなければならないこと


掃除 洗濯

冷蔵庫の中味を確認しながら 特売のチラシをチェックしながら

栄養バランスを 自分なりに考えて

なにを作るか 決めて 作って そして家族に食べさせる


この作業も 昔の自分ならば

「よし 今夜は 冷蔵庫に入っている鳥胸肉を使っちゃわなきゃ だから
この特売の野菜買ってでシチューだな」

「明日の朝は たしかそろそろ 牛乳使い切らなきゃ だから このバケット買って
フレンチトーストにしよ」

ってのが 瞬時に、、、というと大袈裟だけども バババッとできたんだけど

今ではスーパーを何周もしないと できなくなっている。


脳の機能が落ちているのか?

口には出さないけれども 実はここ数年気になっている自分の変化だ。




シチューやカレーにすると野菜が嫌いな子どもも食べる。

フレンチトーストには 子どもには内緒で 少しだけ玉葱を擦って入れている。

「これやるとコクが出て美味しいし、バレてないからね」

と若干、ニヤッとする。

「私だって野菜が食べたい」


子どもとパートナーの偏食に合わせてばっかりだと

自分が好きな野菜が食べられない。



でもね、、、

こうやって努力して作っても


全て食べてくれる訳ではない、、、

今日もこんなに のこしている

どうして この子は こんなに 好き嫌いが はげしいんだろう、、、

まわりに 言われる通り 私が甘やかしているんだろうか、、、




どうして 自分は まわりのママのように

子育てをたのしむことが できないんだろうか、、、



食器を洗い おふろにいれて 今日も もうこんな時間

明日も早いのに、、、

自分だけの時間なんて ありゃしない、、、


どうして この子は よる寝れないんだろう?

こんなに がんばっているのに


私の子育てのどこがダメなんだろう、、、








あさ

今日も 起きない こんなに起こしているのに


だから あんなに 早く寝なさいっていったのに、、、




そんな気持ちのまま

保育園に やっと連れていく


今日も行きたくない って しぶった、、、


子どもの手をグイッと引っ張って 眉間にシワを寄せて連れて行ったのに

先生には 今日も もっと早く連れてきて下さいとチクリといわれる


今日もお昼寝しませんでした

もっと夜 早く寝せて 朝 早くおこしてください

って連絡帳にかいてある


給食 きょうものこしました

好き嫌いをなくすように

給食の時間内に たべられるように ご家庭でも言い聞かせてください




って 今日も書いてある、、、





今日も 誰々くんと誰々ちゃんをたたきました

ご家庭でも指導してください

って かいてある、、、



こんなに 一生懸命 やっているのに



今日も 責められている感じがする

あなたはダメ母と思われて 言われているっていう妄想がうずまく



お昼寝 させるから 夜 よけいに 寝ないんじゃないか、、、

怒りだってたまるよ 、、、私だって 、、、



パートナーにはなしてみても

そのうちなれるだろう?

おまえが もっと朝 早く起こさないからだろう

子どもなんて そんなもんだろう

気にしすぎ!



よけいにきずついたから、、、

そんなことの連続で ひとりで 抱え込むようになって




今日もゴミ出しの曜日をまちがえて だせなくて

夜も あんまり 熟睡できてなくて

家の中も ぐちゃぐちゃになってきて




片付けても 片付けても

ちらかし放題、、、



片付けるのは 私だけ、、、

ガミガミ キーキー 母ちゃん サイテーだ きょうも、、、



上の子の学校からは プリントの山

目を通して 準備するものを買って 持たせて 、、、



どうしてこんな毎日毎日 宿題が多いの?

もうすっかり勉強嫌いになっちゃってるじゃないか、、、



毎日 毎日 、、、 ほんとうに ヘトヘト






イライラして こどもに どなりつける、、、

わめきちらしている じぶんを 客観的にみている もうひとりの

じぶんもいるのに


ダメ

って言ってるのに

きょうも どなりつけちゃった




子どもが ふるえあがっているのに 解離してしまっていて

じぶんを 止められない、、、

じぶんで じぶんを 止められない、、、




つらい

くるしい




じぶんだって 家でも 学校でも いつも どなられていたのに、、、

じぶんの子どもにだけは ぜったいに

そんな かなしい おもいはさせたくないって

いつも おもってきたのに、、、




まるで ちいさな私を どなって たたいた

私の存在を邪魔者みたいな目で見ていた

いつも眉間にシワを寄せているあの母とおなじじゃないか、、、



あの母とおなじにだけはなるまいと かたくおもいつづけてきたのに、、、




どこで まちがっちゃったんだろう、、、私、、、

つらい、、、





保育園に送っていった後

車に乗り込むのと同時に ひとりでおもいっきり ないた

こんなに泣けたのは 子どものとき以来かもしれない。



ないたら なんだか スッキリして その日は グッスリ ねむれた


その次の日も またその次の日も

ひるま なんにもしないで ねむった



こんなに つかれていたんだな、、、私、、、

きづいてあげられなかったな、、、



自分の状態に気付いてあげられなくって

自分の心と身体に ごめんね って思った



そしたら また泣けてきて

泣きながら 自分の身体をギュって抱きしめた






涙が枯れる位 泣いたら 本当に涙が枯れたみたい

なんだか もう出てこない

そしたら もうそんなにつらくなくなったみたい





子ども時代の 色んなことを思い出した

今までつらかった子ども時代の虐待された経験を お友達に話したことがあったけど

お友達には 決まって

「親にそんな事 言うもんじゃないよ」

「それはあなたのためを思ってのことだったんじゃない?」


って言われてきたから

否定されて二度 傷付くんだったら もう誰にも話さない

って決めてきた




こんなに傷付いているのに 嫌だったって言ったらダメって言われるのは

本当に悲しかったし やっぱり自分が変なんだな、、、

って思ってた




でも私はまちがっていなかった


私が母から受けたのは 虐待

そして 見て見ぬ振りで 会社ばっかりで

助けてくれなかった影の薄い父も同じ




育った家庭で起きていたことと

今の自分の家庭で起こっていること

全く同じ、、、

歴史は繰り返すんだな、、、




母はなぜ ああだったのか?

母は今でも変わっていないけど 今は物理的な距離が取れている



泣いてスッキリしたおかげか

母と私、おんなじだと思えたら

なんだか 笑顔が浮かんでいる自分がいた




母も今の私と同じように いっぱいいっぱいで

自分で自分を孤立させて 一人で抱え込む孤独な子育てをしていたのかもしれない


なんだ 仲間じゃん


大嫌いだった母を なんとなくなって理解できたら

また少しラクになった



ぞれから私はカウンセラーさんの所に下の子を連れていっている

子どものための面談では いつも自分のことを話している自分がいる




今はだいぶ肩の力を抜いた子育てができるようになってきたみたい

自分のことをまずは大切にすること

自分にやさしくできたぶんだけ 子どもにもやさしくできるみたい




子どもの暴力も減ってきているみたいで

肩身の狭いおもいが減ってきている



自分がまわりから いい母親って思われたかったことに気付けてた時


な〜んだ

ってまた笑えた

カウンセラーの先生もいっしょに笑ってくれた

うれしい




様子をみながら 小学校入学前に発達についてのアセスメントを

受けてみようと思っている












image








子どもの頃に 私が本当は欲しかったものは


母親の笑顔

嘘の笑顔はすぐ見抜くので(笑)

心から笑っているお母さんが 私は見たかったんだと思う





MOOのクリスマスツリーを眺めながら

それに気付けた




お母さんをしあわせにできるのは お母さんだけだって

カウンセリングを受けるうちにやっと分かっていったから


私は自分で自分をしあわせにしていこうって 思っている



この年でやっとだけど

情緒的な部分での 親離れがやっとできたみたいな気がした





でも

そう思えたら 案外 しあわせをいっぱいもっている自分にも気付けた



そしたらまた涙が出てきたけど

その涙は なんだか嬉し涙みたいだった




今日も幣舞橋から眺める釧路の夕日がキレイだったね

子どもの小さな手を握りながら


今まで気付けなかったキレイさを見付けられた笑顔の自分がいた



心からの笑顔だったと思う






いつか、、、つづく かも 🐈🐾🐿










リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです🐈!









naomiyo929 at 21:25|PermalinkComments(0)

2016/09/29

世のお母さんたち 今夜もホントにお疲れ様です

image


~心のケア~ リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

自分の時間は取れていますか?

ご自分だけのために

ご自分が居心地よく

ご自分がリラックスできる時間や空間

持てていますか?


もし、子育て真っ最中の方々は


意識して

その時間をまずは作ることが必要だったりするかもしれませんね。

日々、本当にお疲れさまです。


私も現在、子育て真っ最中なひとりですので

夕方、帰宅しながら買い物をして…

マッハで手抜きの掃除と夕食作り

洗濯は洗濯機がしてくれるので大好きで

ご飯、お風呂、寝せる

時に話を聴いて、出来ている所を褒めちぎり

出来れば、子どもが安心して眠りにつけるように

絵本や子守歌は、最近、卒業したかもですが

洗い物に翌日の準備に………………




書ききれませんが、世のお母さんたち

今夜もお疲れさまです。



なるべく手抜きができるといいですね。

私たちは、つい100点のお母さんになりたい願望を抱いてしまいがちですが


お昼ご飯を食べ損ねて、夕方に立ちながら食事をとったり

半身浴したくても、つい子どもの時間帯に合わせてしない選択をしたり

お子さんのケガや病気、急な高熱でオロオロしたり

子どもが泣いていると、とにかくザワザワしてしまったり

子どもの困り感や、園や学校での出来事にハラハラしたり

ショックを受けたり……

偏食やアレルギーでお弁当や食事のメニューに日々、頭をひねったり

アレルギーはなくても、毎日お弁当作って、朝ご飯を食べさせて

歯磨き問題に、身支度、登園しぶり、学校に行きたくない

宿題やりたくない

夜、寝ない

朝、起きる事がどうも苦手で毎朝、メチャクチャたいへん

不注意の多さや落ち着きのなさを他の子どもと比較しては落ち込んだり


園や学校からのプリントの多さにうんざりしたり

必要な物を把握して、いつまでに買って来て名前を書いたり、持たせたり

爪を切ったり、耳掃除をしたり、これからの季節には肌の保湿

ママ友とのお付き合いのウザさ(笑)





本当にお母さんは大変な職業だと思います!



だからなるべく手抜きができるといいですね。

ついつい一生懸命やり過ぎて

自分の時間が取れない

パートナーの協力があまり得られない

もし、パートナーやご実家、姑などから子育ての事について、いつもダメ出しされたら

もうもう母のメンタルは参ってしまっても不思議ではないと思います。



育てやすい子どももいれば

そうではない子どももいます。


育てにくいお子さんがダメという訳ではありません。

…が、ついつい他のママさん達が、子育てを楽しんでいるように

見えちゃうと焦ったり、子どものせいにしたくなっちゃいますよね。



100点を目指さず、いかに手を抜けるか?

手を抜けるとその分、自分に余裕や落ち着きが持てるかもしれません。



私の子育てもモットーは



いかに手を抜けるか?



です(笑)

家事もそうですが、特に子どもと関わる中では、手抜きする位がちょうどいいんです。

その位でいた方が、子どもに害が及びませんので。





そして、お子さんを怒鳴ったりしてしまう事で悩んでいるお母さんには

一切の虐待のない子育てはない!

と私は思っています。

あったら私に教えて欲しいくらいです。






ご自身が疲弊している事に気付けたら

まずは、母がご自分を大切にしてみるのはどうですか?

自分に優しくできた分だけ、相手にも優しくいられると私は思っています。




ご自分をいたわる、ねぎらう事、または休むという事に、罪悪感が沸いてきたり

やり方が分からないという方々は

そこもセラピーで扱っていけるといいですね。




母がご自身を大切にできている姿を見て育つお子さんは

もうそれだけで、幸せだと私は思っています。





それでは、また









カウンセリング、セラピーのご予約・お問合せはこちらまでどうぞ ↓



http://blog.livedoor.jp/naomiyo929/archives/27417524.html




naomiyo929 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)