自殺防止

2014/04/26

*催し物案内* <家族と子どもケア・サポートチーム 主催> 地域のための心理学講座 大切な人の自死と向き合う ~気づき,寄り添い,つながりあうために~



こんばんは、平野直美です。

さて今日は心理学講座のご
案内です。

私は個人として

リフレーム・カウンセリングル
ームを主宰し活動をさせて頂いております。

同時に同じ教育ベースを受け、心理を学び続ける4人の有志で

道東・釧路
を拠点に「家族と子どもケア・サポートチーム」

としての
活動も行っています。

このチームは 

~家族と子どもに起こっている様々な問題についての認識の向上と

そのケアに
ついて広く知ってもらうために、

心理学講座の開催やカウ
ンセリングの提供を行っています~ 

2012年の釧路市
、昨年の白糠町での連続3回の講座に続き、

5月10日(土)に釧路市にて<地域のための心理学講座>を開催致します。

チームのメ
ンバーとしてこちらのブログでもご案内をさせて頂きますね





Nature1-010



大切な人の自死と向き合う <地域のための心理学講座>

~気づき,寄り添い,つながりあうために~




日本では,一日に約90人の方が自死で亡くなっています

また,未遂者はその10倍ともいわれますから,

毎日1000人近くの方がどこかで自死を図っているというのが現状です。

そして,ひとりの自死(未遂を含む)によって,その周囲にいる方の5~6人以上が

深刻な心理的影響を受けるといわれます(ライフリンクHPより)。

既遂・未遂・兆候・・・・そのいずれであっても,

大切な人の自死に向き合うということは,とても勇気のいることです。

しかし,ひとりで全てはできなくても,

知識を得て,誰かとつながりあうことで何かはできるかもしれません

私たちはFCCNカウンセリングセンター代表の阿部ゆかり氏より教育を受け、

専門家育成事業特別塾を修了し、カウンセリングやセラピーを

行ってもよいという許可を受けた心理セラピストです。

興味関心のある方々の参加を心からお待ちしています。


と き 5月10日(土)10:00~16:30

ところ 釧路市交流プラザさいわい 207号室 
    
資料代 3,000円

講師 家族と子どもケア・サポートチーム


代表 *中谷内由美(FCCNクリエイティブクラス認定心理セラピスト 
日本家族と子どもセラピスト学会員 教育学士 
AIU/カリフォルニア臨床心理大学院在学中)

*長尾利恵(FCCNクリエイティブクラス認定心理セラピスト 放送大学在籍中)

*平野直美(FCCNクリエイティブクラス認定心理セラピスト 
日本家族と子どもセラピスト学会員 箱庭セラピスト 放送大学在学中)

*森江智子(FCCNクリエイティブクラス認定心理セラピスト 
日本家族と子どもセラピスト学会員 武蔵野大学在学中)


内 容

始めに 10:00~10:40 (イントロダクション)


第1部 10:40~11:10 「自死の現状について」

第2部 11:20~12:45 「自死に対して私たちができること・ミニワーク」


(休 憩)  各自で昼食をご用意ください。プラザさいわい1Fに食堂もあります。


第3部 13:45~14:45 「うつ病などの精神疾患と自死の関係」

第4部 15:05~16:05 「自死遺族の思い・癒し」


まとめ 16:05~16:30(質疑応答など) 

 
*参加対象  講座テーマに興味関心のある20歳以上の方。


*託児 会場での託児は準備しておりません。

必要な方は各自で手配していただけると助かります。

また、小さなお子さんの同席もご遠慮ください。お子さんと養育者それぞれの

安全性と、境界線を大切にしたいと考えておりますので、

みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。




主催:家族と子どもケア・サポートチーム

後援:北海道釧路総合振興局







申込み・問い合わせ:下記へ5/9(金)までにお申し込みください。

*TEL:090-8638-1557 (受付時間:平日と研修日以外の10時~17時)

セラピー中は電話に出られません。
留守番電話にメッセージを残して頂けますと確認次第こちらからご連絡致します。

*メール:kazokutokodomo@yahoo.co.jp

(メールは何時でも構いません。確認しだい返信を致しますのでこちらのメールアドレスからの着信が出来ますようにお手持ちのPC・携帯電話の着信拒否設定などをご確認頂けますと助かります)
 





-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私は今回、第3部の「うつ病などの精神疾患と自死の関係」 についてお話させて頂きます。




それでは


naomiyo929 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014/02/18

内閣府「いのちを支える(自殺対策)プロジェクト」キャンペーンソング あかり/ワカバ





こんにちは、hiranoです。
今日は仲間がシェアして下さった一曲で
私がとても「いいな~」と感じた曲のシェアです。


内閣府「いのち支える(自殺対策)プロジェクト」キャンペーンソング

        あかり-donationmusic ver.-/ワカバ

         作詞/作曲 ワカバ 編曲  吉田明広氏|高見英氏


歌詞・曲はもちろんですがこちらのアニメがとてもいいです。

自分の経験した事と重なり涙が出ました。

日常に・・・どこにでも起り得る、起っていると私が感じる

様々なコミュニケーションや。

こころの中で起っていることが描かれています。

過去や今、現在苦しい方。

消えたい、いなくなりたい、自分にはなんの価値もないから・・・

と感じることがある方に。


また大切な方を自死でなくされた方に。


必要とされている多くの方々に「メッセージ」が届けばいいなと思います。


自死を少しでも食い止めることができるかもしれない・・・という事を願い。

私は自分の経験した事と学んだ事を受信し、発信をし続けることを選びます。





naomiyo929 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013/11/13

Hitorigoto的な事、など *テーマ「もう10年・・・まだ10年・・・」

naomiyo929 at 00:00|PermalinkComments(3)

2013/10/09

 映画『SAVING 10,000 − 自殺者1万人を救う戦い』 のシェア



こんにちは、平野 直美です。

私は「自殺」という文言に違和感を持つひとりですので

「自死」という文言を知り・選び・使うようになり数年が経ちます。

言葉ひとつとっても「自死という出来事」はとても大きな出来事で

とてもデリケートな問題ですね。



今日は「日本に於ける自死という出来事について」

私が何度も何度も拝見し、

様々な感情からの涙を流した映画をシェアさせて頂きます。

リフレーム・カウンセリングルーム FBの方では

シェアさせて頂いておりますが今回ブログの方にもUpさせて頂くにあたり

「自殺者1万人を救う戦い」を製作されました

アイルランド人のレネ・ダイグナンさんに許可を頂きました。

レネ監督は日本にいらして16年。

普段の本業はEUの駐日代表部で経済担当官をされていて

また大学講師をされていらっしゃる方です。

この作品のタイトルと内容から「レネさんの想いやメッセージ」

が伝わって来ます





面識のない私に

Gambarimasho!


のメッセージを下さったReneさん。

返信を拝見した今朝は心の「繋がり」という事にとても心が温かくなりました。

(長文の和訳をするのに時間を要する私なので意味を知るまでドキドキでしたが)





このブログを訪れて下さっている沢山の方々に・・・

必要とされていらっしゃる沢山の方々に・・・。

「何か」が届く事を願っています。



30年近く前、高校時代に同級生を自死でなくし

10年前に叔母を自死でなくし

数年前に自身の性に揺らいでいたと思われる従妹を

自死でなくしたひとりとして。


また隣家で起きた自死直後の現場を目撃してしまったひとりとして。


そして私自身が過去に強い自殺願望を持っていたひとりとして。

適切な心のケアを受ける選択をし

その願望のカラクリを認識することで自殺願望が全く起きなくなり。

「本当に生きていて良かった」

「本当に間に合って良かった」

「気付かぬままで、衝動的に死を選んでいなくて良かった」

と心から胸をなで下ろしたひとりとして。

私自身の「死にたい気持ち」がなぜ起きていたか?の

「カラクリ」を知ることで

「こんなことで人が死んでたまるか」と強く感じたひとりとして。



そう感じた時に

私の身近で起きた自死の背景のカラクリを想像せずには

いられなかったひとりとして。

想像して改めてとても残念だったひとりとして。



自分以外の他者を変えることは出来ないけれども

私達、ひとりひとりが置かれる状況や環境を変えていくということの

何かが・・・ほんの少しでも。

ハチドリの一滴であっても。

もしかしたら私にはできるかもしれないと感じ。

そして、それをしたいと強く感じ

歩き続けているひとりとして。





雨にも負けず、

風にも負けず、

雪にも夏の暑さにも負けぬ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    宮沢賢治


私は我慢強いということは悪いことだと思っていませんが。

その我慢の仕方は適切ですか?

もし・・・

ご自分の感情を偽る・押し込めることを頑張っていて

辛くなっているのであれば。

なぜ頑張りますか?

それは誰のためですか?


その頑張りや労力を

まずは「ご自分を救うこと」に使ってみるというのはどうですか?







このメッセージが全ての方に必要だと考えていません。

でも・・・インフォメーションを続けたいと思っています。





          ひとりの仲間として

                Hirano Naomi








この作品のラストに登場されている「東尋坊の用心棒さん」が

数年前に釧路に自殺防止対策の講演にいらして私も参加しました。

私の大好きな方のひとりです。

「日本の自殺防止対策の孤独の象徴」という所で毎回涙が出ます。

また私個人の反応として

「誰も死にたくない・・・助けをまっている」という部分で

毎回、身体の一部がもぎ取られるような感覚が起きます。

「苦しんでいることに気付けなかった」という感情が起ります。

でも今は知識として「起って当然の感情」と理解しているので

その感情に翻弄されなくなりました。


また作品に「東尋坊の海」が映っていることで。

高校の同級生と叔母が海で自死していること。

また自死ということではありませんが

私が小学5年生の時に叔父が海での事故で亡くなっていること。

その時にちゃんとお別れが出来ていなかったという

私の背景からの反応も起こります。


でも心理の専門家の学びで知識として知ることと。

長年、セラピー・心理療法・集団療法などを

受けることを選択し自分を癒すことが出来ていますので

この反応を自分のパワーに変えていけています。


何十年経っても反応は起るけれど、翻弄されなくなり

故人への感謝の気持ちを力へ変換していけるようになりました。


地域に於いて・・・

また日本という国に於いて・・・

「心のケアを受ける」ということが少しでも浸透するように。

もちろん問題の本質をみる心のケアが・・・。

そのために私にできることをしていこうと思います。



そして

問題の本質をみるこの作品を製作されたReneさんの人間性ということに

とても感謝します。




続きを読む

naomiyo929 at 18:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)