釧路カウンセラー

2017/06/01

🎀子育てが苦しいお母さん達へ🎀お勧め著書


北海道 釧路 ~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

今日の夕方
物凄~い雷がなっていた私の住む釧路市

今は静かな心地よい雨音が窓の外から聞こえてきます。




こちらを訪れて下さっている皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?



え~と あっという間に


6月ですね…早いっ💦


毎月、恒例の私の口癖でした(笑)





さてさて

私が、Instagramでフォローさせて頂いています

@yamadachikoさんの

「色気は分娩台に置いてきました」

の著書を先日の帯広行きの時に、大型書店で買おう!と思っていたんですが

タイムオーバーにて購入せずに帰って来ました。



これからネット購入する私
まだ読んでいない訳ですが


「色気は分娩台に置いてきました。」

間違いなく面白いです。


面白い と言うのは
お腹を抱えて ゲラゲラ笑える面白さや

これ私もある(あった)~

の あるよね~ わかるわかる~

の共感する面白さでしょうか。



あるある~っ
と思えてクスッと笑える事って
ご自身を客観的に見てみる事ができて

また「な~んだ、私だけじゃないんだ」…などの安心感が持てるかもしれません。



例えば、赤ちゃんや小さな子の子育て中…
母親の食事ってどうなっているでしょうか…

私は食べなかったり、同時進行で他の事をしながら…立ったままでちょこちょこつまむ。

寝不足にいつも引っ詰め髪で…

寝不足なのに子どもが早く寝た時には
自分の事を張り切ってする

なので日々、寝不足の連鎖(笑)

なんて事が殆どでした。


でも、同年代を育児中のママさん達って

いつもお洒落で、ちゃんとお化粧もしていて
いつも家が片付いていて、
いつもちゃんと食事を作っていて

いつも ちゃんとしている 
いつも 輝いている  
いつも子育てをちゃんと楽しんでる

自分の子育て…なんかダメ…

…みたいに感じてしまう時が私はありました。



私…いつも引っ詰め髪に、ノーメイク
、スウェットに、肩にはアンメルツ生活…😅


いつも輝いているように見えたママさん達…

それは、たまたまかもしれませんし
いつもそうだったのかもしれません。

わかりません。


ただ思うことは

育てやすい子もいれば、そうではない子もいますね。現実として。

そして、育てやすい子がよい子で健全に育っている!

と一見、感じてしまったりもしますが

このお仕事をさせて頂いていると、
育てにくい子=自分はこうだ!と言えたり

行動できているお子さんの方が、実は自尊心が育っているような気も私はしています。


もちろんひとくちには語れませんが、
お子さん、それぞれで違っているのが当然の事ですし

母親の置かれた状況によっても全く違っていてよいと私は思っています。

母親の年齢や体調、パートナーの協力具合や頻度、祖父母の協力があるかないか?

ワンオペ回避のため子育てサポートなどを利用するのも私は大賛成ですが

ここには経済的な事や、あとは母親の自尊心も関係してくるかもですね。

または周りに
「母親神話」➡母親は身を削ってでも子育てするべき

のような考え方の人がいると、それが当たり前になってしまっていたりとか。


お腹にいる時も、出産時も、生まれてからも充分過ぎる位に頑張っているんですけどね。





話がそれました(笑)



「笑い」って回復していくのに、とても大切だと言われていますね。

子育て中で…なんだか辛い方々

ご自分やご自分の子育てに自信が持てない感じ…

子育ては終わったけれども、自分の子育て ダメダメだったな~

の思考が出てきてしまう方々

またご自分が子どもの時…母親はどんな感じだったのかな?と想像してみたい方々も

とてもお勧めの一冊だと思っています。




セラピーを受ける選択をされていらっしゃる方々は皆さま、力がある方々です。


様々な葛藤や悩み、辛さ、怒りと悲しみ、淋しさ、見捨てられ不安、受け入れられていない感じ…



それらを
「統合」していくのには
自分の事を知り
相手の事を知り
全体的な事も知る

のが必要と私は自身の経験からも、そう考えています。





それでは、また






image


先日の帯広ランチ
ピーチティが美味しかったです🍑





image


さすか帯広!
釧路の3倍 緑が茂るのが早い🌿



お土産は毎回クランベリーさんのスィートポテト





ヤマダモモコさま
勝手にあつく応援しております( ´艸`)

私は今でもパンの耳を専ら食べています(笑)





リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです!
<良かったら力いっぱい応援して下さいませ>








ご自分の子育て
あちゃ~、っと落ち込んむことがあっても

今、落ち込んでいるんだね!と自分で自分をヨシヨシし

自分で自分をいちいちゆるしてあげて

母親が自分を好きになっていけるように

子育ての大変さや「子育てあるある」を一緒に笑い飛ばせるような人が増えていきますように



かつては自分が大嫌いだった私も
今はこのように笑っています!







naomiyo929 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017/05/29

自分の行動に自分で責任をもてるようになっていける事

image


釧路市 ~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

こちらではとてもお久しぶりの更新となりました^^;

日々、こちらを訪れて下さっている皆さまはいかがお過ごしでしょうか?



さてさて
私の住む釧路市、または道東では
長~い間、見られなかった太陽を
今日、久し振りに見た気がしています。

暑かった!初夏ですね。

今年、初めての蝉の声を聴いて緑の香りに癒やされて…釧路に帰る移動中です。



さてさて、突然ですが(笑)

「あなたのせいでお母さんは⚪⚪できなかった」

「お前の為に私は離婚しなかった」


…などの言葉についてふと書きたくなりました。


よく耳にする言葉ですね。

世の中では、ごくごくありふれた言葉かもしれません。

ただこれを言われて育つ子どもはどれだけ傷付いているでしょうか?

子どものために、やりたい仕事や趣味、友人と会うこと、行きたい所へ行くこと…

などなどを母親がセーブしなければならないという現実はありますね。

特に日本では母親がするのが当たり前!のような文化がまだまだ残っていますね。

行きたい所、やりたい事があれば、なるべく母親も行えるといいと私は思っています!

行かない選択、やらない選択をしているのは本人ですから

結果として、子どもに怒りをぶつけてしまう位なら「行う選択」ができるといいですね。


自分で自分の行動に、責任をもつという事です。




また
「お母さんはこんなに大変だった」

というのも子どもをカウンセラー役にさせるのは、親と子の立場が逆転しています。

ここには子どもの頃に傷付いたり…淋しかったり…

自分のしたい事を選べなかった
親が子どものあれこれを決めてしまっていた、
という「侵入」という暴力を受けた子どもがそのまま大人になって

そして母親になった

という現実があったのかもしれません。

誰も悪くない!と言う事が理解できるかもしれませんね。




心のケアを受けているような健全な子ども達は

うぜぇ~  と言えたり
それはお母さんの問題だと私は思うから私に言われても困る!
私はお母さんのカウンセラーじゃないから

などなどしっかり境界線を引く事ができていたり
I(アイ)メッセージで伝える事ができるかもですね。



また「離婚」はするのも、しないのも子どもは傷付く

と言われていますね。


子どもの出している症状と言うサインは

両親のパートナーシップや、コミュニケーション、様々な依存症や、病んだ思考や行動などに

親自身が気付いていけたり、自身に目を向けたりするという

子どもにとってのメリットがあるのかもしれません。


もちろん、気付ける親は力がある証だと私は思っています。

断固 子どもの問題 にしておきたい方も多い中で…ですから。


その子が大人になっても…です。

ここにも犯人はいませんが、やっぱりセラピーを受ける選択ができる方の

「力」の差や否認というプロセスもよく起こりますね。




過去を振り返ると私もかな~り耳が痛いです(笑)


大人として
自分の行動に責任をもつようになっていけること

これも物凄~い回復の証だと私は自身の経験から、そう思っています。

被害者のままでいて、相手のせいにしている方がずっと楽でしたから。

傷付くのは、もう懲り懲りだったんですね。

なのでこれも私の大切なプロセスだった訳です。






それでは、また






ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ➡🎀


リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです!
<良かったら力いっぱい応援して下さいませ>










image



エゾノコリンゴの花が早くも咲いていましたよ😆




naomiyo929 at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017/02/20

こちらからの返信について 4

image



~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

私の住む釧路市は、毎年恒例のツルッツル路面でして

今日の帰宅時には、何度も転びそうになりました(><)


ここに今日の午後からの雪が積もっていますが

サラリと積もると、より最悪なパターンの危険な道路になりますので

ツルツル路面を覆い隠す位に、積もって欲しいと思っています。

・・・というようなことも、あと数回の降雪でこの冬も終わりでしょうか・・・



そして、今年も春がやって来ますね

うきうき ルンルンの方もいらっしゃれば・・・

お別れを目前とされていらっしゃって、一日一日を その一瞬・一瞬を

噛み締めるように生活されている方々もおられるでしょう。


またこの時期になると胸の古傷が痛む方も、いらっしゃるかもしれませんね。


巣立ちの春です。

私たち母親は子どもに捨てられる運命です。

悲しいけれども・・・です。


かつてお子さんは、身体の一部であった訳ですから淋しいのは当然のことです。





先月、クライアントさんから教えてもらったTVドラマ

「お母さん、娘をやめてもいいですか?」


を寝る前に、録画しておいたものを数回分ですが観ました。

寝オチしながらなので、もちろんしっかりとは観ていない部分もありますが



すごいです!


ご覧になっている方も多いかと思いますが、とにかくリアル過ぎて凄いです。



「母と娘」 永遠のテーマと言えますね。

もちろん 母と息子 もそう言えるかもしれません。




このドラマ 私の好きな所は、母親を単なる「毒親」として表現していない所ですね。

母親が、どうしてそうする必要があったのか?の母親の背景をしっかりと描いています。

母親はその母親から、散々、否定されて育っている訳ですが

おばあちゃんも、大きな傷付き体験をテーマとして持っていたんでしょうね。


やっていることは毒親だったとしても、「実はそこに犯人はいない」

ということですね。連鎖しただけのことです。


そして、家族の中に於いて「影の薄い父親」 ここも見事に描かれています。

夫婦関係がうまく結べていないこと

夫婦のコミュニケーション 子どもに関すること以外では一切なし


これだと子どもは、苦しいです。とても。

両親の仲を、自分がなんとかしなくては!と幼いながらに感じ取って行動してしまうかもしれませんから。



ネタばれになるので、この辺で。




なので「ここから巣立ちたい」と思えるような健全なお子さんに育てあげられたこと

そして、胸の中では悲しいけれども、子どもの巣立ちを阻止しないお母さんたち

心から、私は尊敬の思いでいます。


「空の巣」がやってきたら、私と一緒に泣きましょう

私も空の巣になりましたし、流すべき涙を沢山、流せたひとりです。







さてさて、話は変わりますが

昨日(2月19日)までにいただきましたメール・お電話・こちらのブログへのメッセージへの

返信は今日(2月20日)までに、全員の方にさせていただいたと思います。



もし、メールを下さった方の中で、こちらからの返信が届いていない場合は

遠慮なくお電話かSMSを下さると、とても助かります。

着信設定などで、メールのやり取りができない場合がありますことをご了承下さい。




それでは、また










ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ!




リフレーム・カウンセリングルームFacebppkページです!









写真は先月、釧路の南大通方面で行っていたイベントのものです

街中、アイスキャンドルのアロマの香りでうっとりしました














div>

naomiyo929 at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017/02/16

一生懸命返信しております 3(><)

image


こんばんは

~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野直美です。

月間fitさんに掲載されたことがあり、カウンセリングのご予約・お問合せを多く頂いております。

メール・お電話・そしてこちらのブログへのメッセージへの返信は

ほぼやり取りできていまして

あと数名の方へは明日、させていただけると思います。


お待たせしてしてしまっているかと、とても心苦しく思っています(><)


お電話を下さる方が早いかもしれませんので
(カウンセリング中は電話に出られませんが、手の空いた時にかけ直します)

受付時間内に遠慮なくお電話を下さるのも大歓迎です ↓



🍀ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ



それから こちらのgmailにメールが届いていない・下さった方へもエラー表示がない

ということがあります。

伝えて下さった方々、ありがとうございました。

「こういうことがあるんだな~」という事が知れて、私もとても助かりました。


なので、こちらへメールを下さったのに、こちらからの返信がない方がもし、いらっしゃいましたら

遠慮なく「返信がない」とお電話を下さいますと助かります。

電話をかけるのは・・・という方は、SMSでも構いません。




メール・メッセージも大切に読ませて頂いております。

ご経験されたことに胸が痛みますが・・・それでも皆さん、本当に「力」がある!と胸が熱くなります。




セラピー(心理療法)は、曜日によっては2月中に入れる枠もありますので

ここもお伝えしますね。




<対象年齢>

・児童セラピー 5歳から小学6年生まで
・思春期セラピー 中学1年性から19歳まで
・成人の方は20歳以上からシニア世代まで


<主な相談内容>

<児童>
・夜なかなか寝ないお子さん
・発達にきがかりがあるお子さん
・登園しぶりが続く・学校に行きたくない様子
・不登校
・いじめの被害・加害
・学習についていけない様子
・どこにいっても怒られているお子さん
・視線が合わない
・(お子さんの年齢に応じての)意思の疎通ができない様子
・年齢にあわない夜尿が続くお子さん
・悪夢が続いている・夜中に飛び起きて叫ぶなどするお子さん
・衝動性が強くすぐ手が出てしまうお子さん
・不安・緊張が強いお子さん
・パニック
・過呼吸
・チック
・吃音
・普通学級に通っているけれども発達に気がかりがあって本人や周りが困っている様子
・突然キレるお子さん
・自家中毒と言われたお子さん
・抜毛
・死にたい・消えたい・いなくなりたい、などの気持ちを口にできているお子さん
・隠れて毛布の中で首にコードを巻いていた、などの自殺未遂
・表情が乏しくなり、元気がない様子
・性虐待・性被害
・大切な家族やペットとの死別、及び 自死遺児
・軽度発達障がいの診断やグレーゾーンへの配慮とサポートが得られていないことによる困り感
・情緒不安定

<思春期>
・リストカットなどの自傷行為
・摂食障害
・薬物(処方箋薬や市販薬も含む)の乱用
・眠れていない様子
・抜毛
・頭を壁にガンガン打ち付ける
・不登校や保健室登校
・いじめの被害・加害
・人には見えないものが見える・人には聴こえない声や音が聴こえる、など
・自殺未遂や自殺願望
・何時間でも手洗いをしている様子
・何度も何度もなにかを確認していて本人が困っている様子
・不潔を極端に嫌がる様子
・集団、教室、学校に入るのが怖いと訴える
・うつ(眠れない、食欲がない、やる気が起きないなど)
・記憶力。集中力の低下
・性の逸脱
・性虐待・性被害
・親のDVをいつも見て育ってきた
・親の依存症(アルコールやギャンブル、買物、セックスなど)をずっと見て育ってきた
・大切な家族や友人、ペットとの死別、 自死遺児
・学習が困難な様子
・感覚過敏(光、音、味覚、など)
・人と視線が合わなく会話が噛み合わない様子
・他者に共感できない(相手の気持ちがわからない)ことで本人や周囲が困っている様子
・非行、問題行動
・不安・緊張が強い様子(いつもビクビク・オドオドしているなど)
・無力感が強い
・過呼吸
・パニック障害
・LGBTへの理解が得られないことによる苦しみ

<成人>
・うつ
・パニック障害
・不安障害
・強迫性障害
・対人不安、対人緊張
・適応障害
・PTSD 複雑性PTSD
・解離性障害

・産後うつ ・マタニティーブルー
・子育ての悩み
・子どもを怒鳴ってしまう・叩いてしまう苦しみ
・自分が親にされたことを子どもにはしたくないという苦しみ
・アダルトチルドレン ・共依存症 ・様々な生きづらさ
・LGBT・ア セクシャルへの理解が得られないことの苦しみ

・夫婦のコミュニケーションがとれない苦しみ
・怒りの感情の表現のコントロールがきかない苦しみ

・流産・中絶経験などからの悲しみ・苦しみ・自分を責める気持ち

・親との葛藤
・自分に自信が持てない苦しみ
・感情がうまく感じられない感じ
・自分が自分でないように感じる感覚
・この世界に対して現実感を伴わないような感覚
・心と体が別々な感覚がある

・性的虐待・性被害からの後遺症

・本人や家族の様々な依存症(アルコール・セックス・買物・借金・ギャンブル・仕事など)

・大きなご病気や怪我への不安・恐怖
・親やご家族の病気や介護に対する不安や困り感

・大切な人やペットとの死別
・大切な人を自死でなくされた方


特に大きな困り感はなくても
・人間としての更なる成長を望まれる方
・心理カウンセラーを目指されている方で、まずはご自身のセラピーを開始されたい方


などなど、となっております。



それでは、また



🍀リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです












naomiyo929 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017/02/01

🍀返信が遅くなっています🍀そして心理学講座を終えて

~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野です。

釧路地方のタウン誌 月間fitさん に掲載されたことがあり ↓

image





過去最大のアクセス数とお電話・メールなどでのご予約、お問合せなどをいただいています。

順次、メール・ブログへのメッセージへの返信をさせていただいておりますので

こちらからの返信が届いていない方は、明日には返信できると思います。


メールはおひとりおひとり大切に読ませていただいています。

そして、つながってこられる「力」が凄いな~、と心から感じています。


私の場合はちょうど10年前ですが

新聞記事で見付けたセラピストの先生の所に、藁にもすがる思いで電話した自分

その時は、自分で自分の力に気付けていませんでしたが

今、振り返ってみて「私って凄いな~」としみじみ思っています。


症状というサインを出せた自分の力

専門家を見つけるのにずっとアンテナを立てていた自分の忍耐強さ

実際に見付けた自分の力

そこに緊張しながらも電話をした自分の力

実際に出かけていって自分を助けるために専門家に会った自分の勇気

そして時に挫折しながらも納得いくまでつながり続けた自分の柔軟さ

自分だけは絶対に自分を見捨てないで回復・成長の道を歩んできた自分の直感


信じてよい誰かを見つけられた自分の素直さ

誰かを心から信じていいと感じられた自分の見抜く力

回復していくにつれて自分自身を信じられるようになっていった自分のしなやかさ

過去の様々なことを含めてこその「いい人生だな~」と思えている自分の芯の強さ



これら、全てその人の持つ力ですね。










image




次に、1/31の 家族と子どもケア・サポートチーム 主催「地域のための心理学講座」を終えました。

参加される選択だった方々は、インフルエンザ発症していませんか?(><)

私は昨日・今日と下を向くと、鼻水がポタポタ落ちてきますが

熱も出ずに大丈夫です!



またアンケートも大切に読ませていただいています。

ご協力ありがとうございました。

今後、「家族と子どもケア・サポートチーム」の講座のお知らせを希望された方々には

ご案内をさせていただきますね。



鼻声の私でしたので、聴き取れない部分はなかったでしょうか?

・・・と帰宅してからふと考えていました。


そして、講座時にお伝えしましたが質問などはこちらにコメントを下さるか

メールを下さいますと必ず返信しています。

また参加されてみての感想をこちらに下さるというのも大歓迎です。

誰かの「気付きのきっかけ」になり得るかもしれませんから。


私も過去には私の担当セラピストの先生のWebにコメントをつけたり

誰かのコメントを読ませていただくということで、更なる気付きが得られたり

自宅にひとりでいても、Net上で誰かとつながりあっている安心感をとても得られていました。

気付けるのもその人の持つ力ですね。

そして、気付けただけでもう既に「7割」回復しているとも言われています。


回復していく作業は、時に辛いことを思い起こす作業かもしれませんので

つながりあうこと、私はとても大切だと自身の経験からそう考えています。

回復の作業はひとりで孤独に行わなくてもよい

という言葉を知った時には、心から安心できましたので。


それでは、また

何度も鼻をかむので鼻の下が真っ赤になっている平野直美でした





写真は先日、帰宅前に20分位、自分の時間が確保できたので

ココアを飲みに行って来た喫茶店

ママさんのお顔を拝見し、ひとことふたことお話し

ホッと一息ついてみる幸せですね

私の「自分の世話」と「自分の居場所」のひとつです









お問合せ・ご予約はこちらへどうぞ


 
リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです









naomiyo929 at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)