釧路市心理カウンセラー

2017/06/29

🎀インナーチャイルド🐬

image


釧路市 ~心のケア~
リフレーム・カウンセリングルームの平野です。


私の住む釧路市
毎年、楽しみにしているアカシアの木ですが

今年はどうも葉が茂ってきません。

昨年の暴風雨の時の塩害のためでしょうか?

風に運ばれた海水が釧路市内にまで達した…らしいです。


桜やライラックも今年は咲かない木があったり、いつもの年よりも花が少ないように感じていた私ですもんね。


少し残念な気もしますが、木々にとってはそれが自然な事、そして必要な事なのでは…と思います!



私たちは「症状」や「問題行動」などについて「ダメなもの」「必要ではないもの」という捉え方をしがちですね。

もちろん過去の私もそうでした。

でも必要があって起こっているものが殆どなのかもしれない

と心理の専門家としての現在の私はそう考えています。



「症状や問題行動というサイン」

ご自分の無意識がなんと言っているのか?

なんて言ってきたのか?

そのサインにいつか気付いてあげられるといいですね。


私は

「もう嫌だ」と言っていました。



子どもの頃から…なにかある度に

自分の力ではどうにもできない時に

「もう嫌だ(怒)」




また、大人になってからも

自分の寂しさや見捨てられる不安を紛らわす自己治療のために

アルコールを飲んだり、過食をして指を突っ込んで吐く時に

自分で自分の背中をさすりながら

「もう嫌だ(>_<。)」





怒りの感情を表現する方法を知らなくて(習わなかったため)

怒りの表現のコントロールがきかなくて、人間関係を自分からぐちゃぐちゃにしたり、

愛着対象に捨てられる不安が常にあり

捨てられる位ならその前に自分から切る事で、自分が傷付く事を回避するという防衛をしたり



大切な家族に…解離してしまったまま、わめき散らす自分自身に耐えられなくて…
自己嫌悪でいっぱいで…

もちろんパニック発作が起きている時に…また予期不安が起きている時に



もう嫌だ>_<

と毎回毎回、思ったり口にしていたことに気付けたのは数年前です(笑)




「インナーチャイルド」というのは
「内なる自己」

誰の中にも存在していると心理の世界では言われていますね。


カウンセリングを受けるのに心理の専門家のもとに訪れる方々の中の
多くのインナーチャイルドは、
また私自身もかつてそうであったように


悲しくて、淋しくて、怒っていて、不安でいっぱいで、怖くて

誰も自分を理解してくれなくて

誰も自分を守ってくれなくて

愛されたい相手から叩かれたり、怒鳴られたり、なにをやっても否定三昧を受けるという生育歴をもっていたり

関心という愛情をもらえなかったり

家族の中に大きな秘密があったり
誰からも真実を教えてもらってこなかったために不安が渦巻いていたり

親がいつも冷戦状態で、親に仲良くして欲しいためにいつも顔色を伺っていたり、おちゃらけたり

いつも酒と皿が飛び交っていたり、ガラスの割れる音や怒鳴り声や舌打ちの音が鳴り響いていたり

DVが起こっていてただ固まって恐怖から耐えていたり

子どもなのに、いつも父親や姑の悪口を聴かされる、親のカウンセラー役をやらされて親子の立場が逆転していたり

なにをやっても褒められるどころか
もっと上を目指せ!と言われ続けたり
 

母親にいつも嫉妬されて嫌味を言われていたり


親がアルコールや、処方箋薬や市販薬の薬物依存症であったり

ギャンブルや買い物、借金依存であったり、仕事依存で家族がいつも淋しい思いをしていたり


一見、わかりにくいストレス体験である「侵入」という暴力を常に受け、自分ではなにも決められなかったり

また、大人になってからも自分の事をいつも誰かに決めてもらいたい感じがしていたり



性的虐待被害を受けてきたり



………などなど

ボロボロに傷付いている事が当たり前の世界かもしれません。

そしてその「心の傷」が癒されないままで「傷付いた子どものままの自分」を内に秘めたまま大人になってきたんです。



この子 この傷付いたままのインナーチャイルド
どうします?


おいおい 
そろそろ気付けよ!って訴えていませんか?(笑)



気付ける力がおありの方々は

ご自分のインナーチャイルドをご自分で育ててゆける力もおありだと私は思っています。

もちろん専門家のサポートが必要な場面はサポートをさせていただいています!


インナーチャイルドの癒し

回復や更なる成長への大切な作業ですね。





 🍃 ✨ 🌿

最初のアカシアの木々が今年は育っていないのは昨年の塩害のため?

のお話に戻りますね。



「もう嫌だ(>_<。)😠」

と「怒りと悲しみ」でいっぱいだったインナーチャイルドを内に秘めていた私が

大人になってからパニック障害を発症したのは自然な事だというのは既にお気付きでしょうか?(笑)

もちろん職場の人間関係という「引き金」はありましたけれども
背景は子どもの頃からのストレス体験にあると私は考えています。


なので症状というサインが必要であった

傷付いた子どもの心のまま、そこだけ心の発達が止まってしまっていた私のインナーチャイルドちゃんが

ちょっと!ずっと怖かったんだからそろそろ気付いてよ!

と言っていたのかもしれませんね。


そして、結論は発症して良かったです!
発症していなければノーケアのまま
「自分にはなんの悲しみもありません」とマヒさせ感情をギューギューに抑圧し、押し込め

なんの感情も感じない昆虫のように生活し続け、でも人からどう見られるか?がとても気になる対人恐怖の塊でしたので

いつも世間うけするようなニコニコ仮面を被り周囲の顔色を伺い、合わせ

でも、こんな自分はおかしい…と感じ
そんな本当の自分を偽る,隠す為に

日々、二日酔いで恋愛依存で、愛着対象への怒りと見捨てられ不安の渦巻く人生を送っていたかもしれません。

こんな自分 もう嫌だ(>_<。)😠
と嘆きながら!






それから、パニック障害になったお陰で心理の専門家にもなっちゃいました!

あんなにも自分に自信のない、自尊心がこれっぽっちも育まれていなかった私が!です🐬🐬


人生ってうまくできているもんだな~
としみじみ思いますね🎀


しかも過酷な中を生きぬいてきた事で
育まれた
「忍耐力」や「芯の強さ」
「問題の本質を見抜く力」「優しさ」
「力強さ」
などなど、沢山の力も持っています!





それから
振り返ってみて欲を言えば(笑)
思春期にリストカットや薬物乱用をしていたあの頃に、心理の専門家の所に連れて行ってもらって心のケアを受けていたら

私はパニック障害は発症していなかったと思います!



でもよい心理セラピストの条件は
・トラウマをもっていること
・トラウマを自覚できていて自身のセラピーを受け癒し続けていること

だと私は考えていますので

🎀トラウマ持ってて良かった🎀
🎀そこに気付かせてくれたパニック障害というサイン ありがとう🎀

にやっぱり行き着きます!



私が問題行動というサインを発していた当時に、この地に問題の本質をみる心理の専門家は存在していなかったですしね(笑)





それでは、また








ご予約・お問合せはこちらまでどうぞ➡🎀


リフレーム・カウンセリングルームFacebookページです!
<良かったら力いっぱい応援して下さいませ>








トップの写真は先日、打合せの時に行った喫茶店
夜に行くと外観がなんだかとっても素敵でした🌿🍃






で ⬇

image


抹茶のロールケーキ
美味しかったです🍰









image


まるキュン😹も毎日毎日、可愛いです





naomiyo929 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)